アメーバピグ お出かけ機能

アメーバピグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/09 10:24 UTC 版)

お出かけ機能

さまざまな場所に出かけることができる。場所によってはコインでアクションなどを購入できたり、アメを利用して物と交換できる機能がある。エリアはほぼ季節単位で変化する。

エリア

※以下の表は2012年5月27日時点のもの。

おでかけ

場所 タイプ エリア名
ディズニー 広場・ショップ ディズニータウン・くまのプーさん広場
よしもと千日前エリア 広場・ショップ 千日前
宇宙 広場 ピグスペースセンター・ピグシャトル[注 4]
代々木公園 広場 言葉遊び広場・スヌーピー広場・ガチャ広場・有名人ショップ広場・フリマ広場・ふるさと広場・おしゃべり広場・テーマ広場・20代向け広場・アラサー広場・アラフォー広場・
噴水前・池・三角ベンチ・東の大きな森・主婦集まれ広場・D-BOYS・オシャレ男子広場・スポーツ予想広場・初心者広場・マナー広場・募集広場
銀座 広場 大通り交差点・銀座通り
代々木特設広場 広場・ショップ 期間限定エリア
ゲーム広場 ゲーム しろくろ広場・えあわせ広場・海賊じゃんけん[注 5]二人算術[注 6]・大富豪(ホワイト・ブルー・ブラウン・レッド)[注 7][注 8]
AKB48学園 広場 校門前・教室・体育館[注 9]
六本木 テレビ朝日ランド 広場・ショップ メイン広場・スタジオ広場やべっちFCプロレス広場[注 10]・絶対に負けられないエリア・スケートスタジアム
フランス 広場・ショップ シャンゼリゼ通りカフェ
釣りゲーム 釣り堀 釣り堀
日本海 沿岸(初級)・沖合(中級)・遠洋(上級)・超遠洋(超上級)[注 11]
小笠原 東灯台(初級)・西灯台(中級)・南灯台(上級)・北灯台(超上級)[注 12]
石狩川[注 13] 下流(初級)・中流(中級)・上流(上級)・超上流(超上級)[注 14]
印旛沼[注 15] 印旛沼
アマゾン川 支流(中級)・本流(上級)[注 16]
ショップ おさかなセンター
ピグライフ ゲーム 森の中の小さなガーデンマルシェ[注 17]
ニューヨーク 広場 リバティ島ハーレム
浅草 広場 雷門・仲見世通り・浅草寺・茶屋街・寄席
渋谷 広場 106前[注 18]道玄坂
沖縄 広場 海・浜辺
北海道 ペット販売 イヌカイさんの牧場
広場 スケート広場
京都 広場 清水寺鴨川金閣寺祇園
原宿 ショップ BAPESTOREⓇ 原宿前
表参道 ショップ 表参道
中国 広場 上海郊外・蘇州・中華飯店
ラスベガス 広場・ショップ カジノ前・ショップラウンジ
ゲーム[注 19] スロットルーレットブラックジャックミニバカラ
ミニトークラウンジ 広場 ミニトークラウンジ

タイムトラベル

タイムトラベルの機能は以前よりあったが、2017年11月2日から石器時代・江戸時代・大航海時代の各エリアが順番にリニューアルされた。同年11月2日から末日まで、ギフトで受け取り可能だった筒型のタイムマシンでタイムトラベルエリアに遷移することができたが、おでかけページからでも遷移することができた。

場所 タイプ エリア名
昭和の町 広場・ショップ 昭和の町
ゲーム めんこゲーム
紀元前1万年 石器時代 広場・ショップ 火山前・集落
1655年 大航海時代 広場・ショップ カリブ海 海賊船・カリブ海 港町・バイキングの酒場
ゲーム 海賊じゃんけん港
1646年 江戸時代 広場・ショップ 大奥 御鈴廊下・城下町
ゲーム 寺子屋 二人算術
1990年 バブル時代 広場・ショップ 六本木交差点・ディスコ・VIPルーム
ゲーム 大富豪[注 20](基本ルールエリア、8切りエリア、8切り・しばりエリア、8切り・11バック・しばりエリア)
紀元前30年 古代エジプト時代 広場・ショップ 宮殿・神殿・砂漠

システムの都合上、出かける先となる各エリアにはそれぞれ定員があり、基本的に広場は30名で、それ以外の定員が定められている場所もある。定員を超えて入室しようとした場合は、すでに入室中のアバターが退出するのを順番待ちする必要がある。順番待ちはおおむね100名前後までで、また順番待ち中に他のエリアに出かけることも可能である。そのため人気エリアは順番待ちすらままならず、簡単には入ることができなかった。

またシークレットルームとして「開発室」も存在したが、入室できないようになった。


注釈

  1. ^ サイバーエージェントの2010年9月期第2四半期決算説明会資料 p.28によれば、Ameba事業課金売上高の2/3をアメーバピグが占めており、3ヶ月で4億円以上をアメーバピグだけで売り上げている。
  2. ^ 月に行くには宇宙服が必要
  3. ^ 2011年3月30日に不具合による一時閉鎖の再開
  4. ^ ピグシャトルは宇宙服の着用が入場条件になっている
  5. ^ タイムトラベルの1655年大航海時代にもある。
  6. ^ タイムトラベルの1646年江戸時代にもある。
  7. ^ ホワイトは基本ルールのみ・ブルーは8切りが適用・ブラウンは8切りとしばりが適用・レッドは8切りとしばりと11バックが適用。
  8. ^ タイムトラベルの1990年バブル時代にもある。
  9. ^ AKB学園は、校門前が10年桜・体育館が大声ダイヤモンド・教室が涙サプライズをイメージしたデザインとなっている。
  10. ^ ワールドプロレスリング』とのタイアップ
  11. ^ 沖合・遠洋・超遠洋は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  12. ^ 西灯台・南灯台・北灯台は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  13. ^ 定められている条件をクリアしていないと入れないエリア
  14. ^ 中流・上流・超上流は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  15. ^ 定められている条件をクリアしていないと入れないエリア
  16. ^ 本流は定められている条件をクリアしていないと入れない。
  17. ^ 部屋から直接庭に行くことができる。
  18. ^ 109パロディ
  19. ^ ルーレット・ブラックジャック・ミニバカラのVIPエリアはカジノカードがGOLD以上じゃないと入れない。
  20. ^ 全室基本ルール(階段・革命・都落ち・スペ3返し・反則あがり)は適用される。そして、8切りエリアなど、エリアごとに適用されるルールが少し違う。
  21. ^ 一部地域では放送されない場合あり

出典

  1. ^ 沿革”. 株式会社サイバーエージェント. 2020年11月8日閲覧。
  2. ^ アメーバピグ、PC版終了へ 背景には「Flashのサポート終了」”. J-CAST ニュース (2019年3月13日). 2020年7月16日閲覧。
  3. ^ PC版アメーバピグはサービスを終了いたしました”. PC版アメーバピグはサービスを終了いたしました. 2020年7月16日閲覧。
  4. ^ 【AKB48】メンバー本人のピグに会えるかも?! - アメーバピグスタッフブログ・2010年1月22日
  5. ^ ピグの推奨利用環境を教えてください - Amebaヘルプ
  6. ^ 仮想空間「アメーバピグ」50万人突破 有料アイテム好調、月数千万円の売り上げ - ITmedia・2009年7月8日
  7. ^ a b 「アメーバピグ」利用者数600万人を突破、仮想通貨流通量は月間約6億円規模に(2011年1月31日)
  8. ^ a b c アメーバピグ|みなさまに大切なお知らせ”. content.ameba.jp. 2019年5月12日閲覧。
  9. ^ 「アメーバピグ」スマホ版の主な機能終了へ 「ピグ友」と交流難しくなる - J-CASTニュース・2023年5月23日
  10. ^ アメーバピグに対象年齢はありますか? - Aamebaヘルプ
  11. ^ a b c d アメーバピグ「15歳以下規制」で大騒動 悲しむ子供に「大人」もコメント「参戦」”. J-CAST ニュース (2012年3月14日). 2020年11月8日閲覧。
  12. ^ 【重要なお知らせ】お手紙、ひそひそ話機能の終了について”. アメーバピグ スタッフブログ (2012年2月24日). 2020年11月8日閲覧。
  13. ^ a b c d アバター同士の性行為「ピグH」は本当に行われているのか 〈週刊朝日〉”. AERA dot. (アエラドット). 朝日新聞出版 (2012年5月19日). 2020年11月8日閲覧。
  14. ^ 【お知らせ】アメーバピグ「18歳未満専用利用環境」の仕様変更について- アメーバピグスタッフブログ・2016年11月22日
  15. ^ a b 「分身」同士が下着姿でH会話 アメーバピグで「バーチャル性行為」横行”. J-CAST ニュース (2012年4月12日). 2020年11月8日閲覧。
  16. ^ 15歳未満利用規制で大問題の『アメーバピグ』 『ピグエッチ』というサイトがひどすぎる”. ガジェット通信 GetNews (2012年3月14日). 2020年11月8日閲覧。
  17. ^ 海外向けアバターコミュニティサービス「AmebaPico」の提供を開始(2010年3月8日)
  18. ^ 海外向けアバターコミュニティサービス「AmebaPico」が約2ヶ月半で利用者数100万人突破 新機能「Events(イベント告知板)」を追加(2010年5月26日)
  19. ^ ComicWorld - サイバーエージェントではたらく広報担当のブログ・2010年4月20日
  20. ^ 海外向け仮想空間サービス「ComicWorld」をFacebookアプリとして開始(2010年4月20日)
  21. ^ ピグモバイルのオープン延期について - アメーバスタッフブログ・2009年8月18日
  22. ^ a b コミュニティサービス「アメーバピグ」がユーザー数140万人を突破 ペットを飼える新機能「ペット機能」を開始(2009年10月28日)
  23. ^ 1日に1万匹のペットが飼い主と出会う――仮想空間アメーバピグ - ITmedia・2009年11月17日
  24. ^ 【1人につき300アメG】ピグとも招待機能リリースのお知らせ
  25. ^ AAAが仮想空間“ピグドーム”で公演へ、初の試み - エキサイトニュース
  26. ^ 史上初のAAAピグLIVE、会場エリアを急遽増設 - BARKS
  27. ^ 【レポート】AAAピグLIVE「AAA Heart to ♥ TOUR 2010」に参加しました - THE SECOND TIMES(アーカイブ
  28. ^ アメーバピグfor Androidβ版がはじまりました! - アメーバピグスタッフブログ・2010年11月1日
  29. ^ a b アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」、お部屋の拡張機能を追加(2010年12月14日)
  30. ^ 【ピグ】推奨利用環境の変更について - アメーバスタッフブログ・2011年3月2日
  31. ^ 「アメーバピグ」で大トラブル 「ログインできない!」と運営ブログ炎上 - J-CASTニュース・2011年3月4日
  32. ^ 「アメーバピグが使えない」 動作条件変更に混乱のユーザー殺到、スタッフブログ炎上 - ITmedia・2011年3月3日
  33. ^ 【更新】ピグ新ゲーム「ピグライフ」について - アメばこ・2011年5月18日
  34. ^ ピグライフがリリースされました。
  35. ^ コミュニティサービス「アメーバピグ」が開始1ヶ月でユーザー数10万人突破 ブログでピグを紹介できる「カメラ機能」開始(2009年4月14日)
  36. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2009年5月20日). 2019年3月28日閲覧。
  37. ^ コミュニティサービス「アメーバピグ」がユーザー数50万人突破 新コミュニティ機能「部活」を開始(2009年7月8日)
  38. ^ Ameba 会員数850 万人、アメーバピグ会員数300 万人を突破「アメーバピグ」、TVCM の放映開始で、さらなる会員増加へ~DAIGO さん、千秋さん、矢口真里さんが「アメーバピグ」に出現~」(2010年4月14日)
  39. ^ 「アメーバピグ」利用者数が400万人を突破、「釣りゲーム」の提供を開始(2010年6月9日)
  40. ^ 2011年9月期第2四半期決算説明会資料 p.26(2011年4月28日)
  41. ^ 「アメーバピグ」内のソーシャルゲーム「ピグライフ」が3週間で利用者数100万人を突破 1日に収穫される作物は約1,300万点以上(2011年6月24日)
  42. ^ 「アメーバ広告ニュースブログ - Ameba最新データ - サイバーエージェント・2013年12月末
  43. ^ 【重要】アメーバピグ内での違反行為について”. アメーバピグ スタッフブログ (2010年7月5日). 2020年11月8日閲覧。
  44. ^ 【新機能】お部屋の増やし方・お部屋の大きさの変更の仕方”. アメーバピグ スタッフブログ (2010年12月14日). 2020年11月8日閲覧。
  45. ^ 2010年12月14日でマイピグからの掲示板とピグハローの利用終了。2011年1月末掲示板とピグハローのページが完全終了。
  46. ^ 「Amebaモバイル」にて携帯ゲーム「わくわくメダル広場」を提供開始 メダルを貯めて、「アメーバピグ」アイテムと交換
  47. ^ [1]
  48. ^ 【お知らせ】日記の投稿記事上限数がアップしました!”. アメーバピグ スタッフブログ (2015年9月3日). 2020年11月8日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメーバピグ」の関連用語

アメーバピグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメーバピグのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメーバピグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS