蟇とは?

ひき [2] 【蟇・蟾

ヒキガエルの別名。 [季] 夏。 《 這出よかひやが下の-の声 /芭蕉

ひき がえる -がへる [3] 【蟇・〈蟾蜍〉】

一種体長は7~15センチメートルずんぐりした体形四肢は短く跳躍力は弱い。背面暗褐色腹面淡黄褐色耳腺がよく発達し、背には疣(いぼ)がある。一般に地上性で、繁殖期以外はあまりに入らない。ニホンヒキガエルヒキガマガマガエルイボガエル[季] 夏。

読み方:ヒキガエル(hikigaeru)

カエル一種

別名 蟾蜍


読み方:ヒキガエル(hikigaeru)

ヒキガエル科カエル総称


読み方:ヒキガエル(hikigaeru)

日本原産のカエルの中では最大カエル背中イボがある

季節

分類 動物


ニホンヒキガエル

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 13:28 UTC 版)

ニホンヒキガエルBufo japonicus)は、両生綱無尾目ヒキガエル科ヒキガエル属に分類されるカエル。


  1. ^ Bufo japonicus (Japanese Common Toad)”. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. 2012年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル1 ユーラシア大陸、アフリカ大陸とマダガスカル、オーストラリアと周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社2006年、23頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800図鑑』、ピーシーズ、2002年、297頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、69頁。
  5. ^ a b c d e f 松井正文 「カエル類の繁殖 -日本産普通種を見直す-」『ハ・ペト・ロジー』Vol.3、誠文堂新光社2005年、66-67頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 松橋利光、奥山風太郎 『山溪ハンディ図鑑9 日本のカエル+サンショウウオ類』、山と溪谷社、2002年、26-39、108頁。
  7. ^ 東京のヒキガエル、西日本型に侵略される”. 東京大学 (2013年5月9日). 2019年2月21日閲覧。
  8. ^ 東京のヒキガエル、混血で生存率アップ”. 科学技術振興機構 (2013年5月10日). 2019年2月21日閲覧。
  9. ^ 松井正文、佐藤隆 「電気泳動法による日本産ヒキガエルのヘモグロビン分析」『爬虫両棲類学雑誌』Vol.7 No.1、日本爬虫両棲類学会1977年、15-19頁。
  10. ^ a b 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著)『外来種ハンドブック』地人書館、2002年9月30日。ISBN 4-8052-0706-X
  11. ^ 北海道ブルーリスト - 詳細内容”. 北海道. 2012年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月9日閲覧。
  12. ^ a b 徳田龍弘『北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑』北海道新聞社、2011年3月31日。ISBN 978-4-89453-592-3
  13. ^ Deborah A. Hutchinson et al.,"Dietary sequestration of defensive steroids in nuchal glands of the Asian snake Rhabdophis tigrinus",PNAS,Vol. 104, 2007,pp. 2265-2270
  14. ^ 【2010年9月号】油の雑学”. 養命酒製造株式会社. 2016年9月4日閲覧。
  15. ^ 種村製薬 « 絶品いばらき”. 一般社団法人茨城県観光物産協会. 2016年9月4日閲覧。
  16. ^ 生薬のはなし 蟾酥(センソ)その一”. 救心製薬株式会社. 2016年9月4日閲覧。
  17. ^ 生薬のはなし 蟾酥(センソ)その二”. 救心製薬株式会社. 2016年9月4日閲覧。
  18. ^ アズマヒキガエルの駆除について”. 深川市ホームページ (2017年8月1日). 2018年5月6日閲覧。
  19. ^ 生態系に深刻な影響も 札幌で“毒ガエル”が大量発生なぜ?”. FNN.jpプライムオンライン (2019年6月17日). 2019年6月19日閲覧。


「ニホンヒキガエル」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/08/01 08:47 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



蟇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蟇」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

蟇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蟇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニホンヒキガエル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS