永田メール事件とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 永田メール事件の意味・解説 

堀江メール問題

(永田メール事件 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/05 04:21 UTC 版)

堀江メール問題(ほりえメールもんだい)とは、2006年の日本の第164回通常国会において、民主党所属の衆議院議員永田寿康が、ライブドア事件に絡んで堀江貴文自民党幹事長・武部勤の間に不当な金銭の授受があったと追及した政治騒動。当時、粉飾決算事件の渦中にあった元ライブドア社長の堀江が、2005年の衆院選出馬に関連して武部にコンサルタントという名目で多額の金銭を送ったというものであったが、疑惑の証拠とされた堀江によるものとされた電子メール捏造であったことが判明し、永田は議員辞職し、民主党執行部は総退陣に追い込まれた。


  1. ^ 国会会議録検索システム「衆議院会議 第164回国会 予算委員会 第13号
  2. ^ 朝日新聞 2月18日社説「メール疑惑 民主党の信用が問われる」
  3. ^ “前原代表ら民主執行部「偽メール問題」で総退陣”. J-CASTニュース. (2006年3月31日). https://www.j-cast.com/2006/03/31000846.html 2021年11月30日閲覧。 
  4. ^ 前原誠司「民主党:「メール」問題についてのお詫び」民主党 WEBサイト、2006年3月2日。謝罪の対象は「国民のみなさま、自民党・武部幹事長と同氏のご次男をはじめ、関係者のみなさま」とある。
  5. ^ 堀江のTwitterにおける2009年9月27日の発言
  6. ^ 「民主党と遂に和解。そして来年の参院選」(2009/12/29 元ライブドア社長 堀江貴文)
  7. ^ a b 「2ちゃん」削除名目で詐欺容疑=男逮捕、国会偽メール仲介者-警視庁
  8. ^ 大鹿靖明『ヒルズ黙示録・最終章』(初版)朝日新聞社朝日新書〉(原著2006年11月30日)、p. 171頁。ISBN 4022731133 
  9. ^ 藤末健三 (2006年3月6日). “Dumontのフリージャーナリストの件”. 民主党参議院議員 ふじすえ健三. 2008年11月19日閲覧。
  10. ^ 「雑誌デュモンについて」( 民主党 松本大輔 ブログ 2006/03/07)
  11. ^ 「馬淵澄夫 ブログ」(2006/3/08)
  12. ^ 「政策空間」 2006年09月10日 大西健介[リンク切れ]


「堀江メール問題」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永田メール事件」の関連用語

永田メール事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



永田メール事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堀江メール問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS