来るとは?

きた・る【来る】

[動ラ五(四)《「きいた(来至)る」の音変化

やって来る。くる。「米大統領—・る」「冬—・りなば春遠からじ

使いものにならなくなる。古くなっていたむ。古くさくなる。ぼける。

「角琴柱(かくことぢ)はちと—・ったから打ち直させうと思ふよ」〈滑・浮世風呂・二〉

異性に、ほれこむ

年増(としま)のお麦めは自己(おいら)に九分九厘—・ってゐて」〈滑・七偏人・三〉

動詞連用形に付いて)…し続けて現在にまで及ぶ。「行い—・る」


きたる【来る】

連体動詞「きた(来)る」の連体形から》月日や行事などを表す語の上に付いて、近いうちにくる、この次の、の意を表す。「運動会は来る一〇日に開かれる」「来る定期総会において」⇔去る。


くる【来る】

[動カ変[文]くカ変

空間的離れているものが自分のいる方・所へ向かって動く。また、近づく

㋐こちらに近づいたり着いたりする。接近到着する。訪れる。「バスた」「留守友人た」「ないうちに取り入れを済ませる」

自分が今いる所を、再び、また以前にたずねる。やってくる。「いつかた町」「また明日ます」

㋒物が届く。「便りくる」「ようやく注文した本がた」

鉄道水道などの設備通じる。「この町にはまだガスていない

時間的近づく。ある季節時期時間になる。「春がた」「時間たので終わりにする」「行く年くる年」

事態進んで、ある状態に至る。「もはや救いようのないところまでている」「使いづめでがたがくる」「もともと体が弱いところへて、この暑さですっかりまいってしまった」

(「…からくる」の形で)

そのこと原因契機になってある事態が生じる。起因する。「疲労から病気」「倒産経営不手際からている」「信念からくる実行力

由来する。「ギリシャ語から言葉

何かによって、ある反応感覚感情が起こる。「ぴんとくる」「胸にじんとくる温かい言葉

(「…ときたら」「…ときては」「…とくると」などの形で)ある物事を特に取り上げ強調して言う意を表す。特に…の場合は。…について言うと。「酒とくると、からっきしだめだ」「甘い物とたら、目がない」

近世語から》恋い慕う気持ちが起こる。ほれる。

「君はよっぽど、どら吉(きち)にているな」〈逍遥当世書生気質

あるやり方でこちらに働きかける。「数でられたらかなわない

補助動詞動詞連用形接続助詞「て」が付いた形に付く。

少しずつ移行したり、程度が進んだりして、しだいにその状態になる。だんだん…になる。「日増しに暖かくなってた」「最近太ってた」

㋑ある動作・状態が前から続いている。ずっと…する。…しつづける。「再三注意してたことだが」「改良重ねて品種

㋒ある動作してもとに戻る。…しに行って帰る。「買い物に行ってくる」「外国事情つぶさに見てようと思っている」

㋓ある動作・状態をそのまま続けながら、こちらへ近づくまた、そのようにしてこちらへ至る。「敵が押し寄せくる」「付き添ってくる

[補説] (1) 古くは「からうじて大和人むと言へり。よろこびて待つに」〈伊勢二三〉のように、行く意で用いられる場合がある。これは目的地自分がいる立場でいうのであって結果として1と同じ用法。現代でも、相手に向かって「あすの同級会にはますか」という言い方をすることがあるのも、これと同じ発想(2) 命令形は、古くは「いづら、は。こち率(ゐ)て」〈更級〉のように、「こ」だけの形が用いられ、「こよ」が用いられるのは中世以後(3) 4㋐は、多くぐあいの悪いことが起こる場合用いられる。

[下接句] 呆(あき)れが礼に来る・頭に来る・鴨(かも)が葱(ねぎ)を背負(しょ)って来る・尻(しり)が来る・鶏冠(とさか)に来る・盆と正月が一緒に来たよう矢でも鉄砲でも持って来い


きたる【来】

連体〕 (動詞「きたる(来)」の連体形から転じたもの) (月、日や行事などを表わすの上に付いて)近いうちに来る、この次の、の意を表わす

平家13C前)一「来(キタル)〈高良ルビ〉廿一日主上元服のさだめの為に

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「来(キタル)日曜の午後二時合図に」


きた・る【来】

〔自ラ四〕 (「き(来)いた(至)る」の変化した語という)

① 人や物事やってくる

書紀720継体二四年一〇月・歌謡韓国(からくに)を 如何に言(ふ)ことそ 目頬子(めづらこ)(キタル)」

方丈記1212)「生まれ死る人、いづかたよりきたりて、いづかたへか去る」

使い物にならなくなる。

(イ) 物などが古くなっていたむ。

洒落本青楼昼之世界錦之裏(1791)「すこしきたった小袖うちかけ

(ロ) 人が年とって衰える。ぼける。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「大きに来(キタ)りましたテ。世の中老耄(おいこん)で能ものはごせへませんが」

異性に、すっかりほれこむ。ほれる。まいる。

滑稽本七偏人(1857‐63)三「年増のお麦めは自己(おいら)に九分九厘来(キタ)って居て」

[語誌](1)奈良時代にすでに見える語であるが、平安時代になると、漢文訓読文献では「きたる」、和文文献ではカ変動詞「く」が用いられ、明確な対立見られる
(2)訓読系では、和文系の「こさす」に当たる表現として「きたす(「きたる」に対す他動詞)」を用いた。ただし、「きたす」は上代にも例を見ず訓点語の中で「きたる」に対して意識的に造られた可能性がある。
(3)平安時代仮名文にも「かみの館(たち)の人々中に、このきたる人々心あるやうにいはれほのめく土左承平四年一二二七日)」のように、①と見てよさそうな例がある。しかし、「みな月の照りはたたくにもさはらずきたり(竹取)」のように、カ変動詞「く(来)」の連用形助動詞「たり」の付いたものと見なければならない例もあるため、前の例も二語と考えられる


くる【来】

〔自カ変〕 [文]く 〔自カ変

[一]

① こちらに向かって近づくまた、ある場所、ある時期に向かってそこに至る。

(イ) 空間的近づく

古事記(712)中・歌謡「苛(いら)なけく そこに思ひ出 愛(かな)しけく ここに思ひ出 い伐(き)らずそ久流(クル) 梓弓(まゆみ)」

俳諧猿蓑(1691)一「あれ聞けと時雨来る夜の鐘の声〈其角〉」

(ロ) 時間的近づく

万葉(8C後)一五・三七〇一「竹敷(たかしき)の黄葉(もみち)を見れば吾妹子(わぎもこ)が待たむといひし時そ伎(キ)にける」

② (目的地を主にしたいい方で) そちらへ行く。

万葉(8C後)一五・三五八九「夕さればひぐらし来鳴く生駒山越えてそ吾が久流(クル)妹が目を欲(ほ)り」

③ 心がある人に向く。慕う気持が起こる。ござる。きたる。古くは女が男に、後には男が女にほれる場合をもいう。

評判記色道大鏡(1678)一「くる。是もほれらるる心也」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「君はよっぽど、どら吉にきてゐるな」

古くなる。いたんでいる。

洒落本通言総籬(1787)一「そで口のちときた、うらゑりの小そで」

(5) 空腹になる。すく。

洒落本・公大無多言(1781)「そりゃあそふとだいぶはらが減(キ)たぜ」

(6) (「…と来ている」の形で) ある状態である。…といった状態である。

咄本鹿の子餠(1772)野等息子「いがみの(ごん)と来(キ)て居る息子

(7) (「…と来る」の形で) ある物をとりあげていう。

洒落本辰巳之園(1770)「豊岡が拳ときては、凄ひもんだ」

*雁(1911‐13)〈森鴎外〉四「一人もののおまはりさんと来(キ)た日には」

(8) こちらに向かって言いかける

内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉九「理窟詰に来(コ)られる時には此方一言もない訳ですから」

女難(1903)〈国木田独歩〉四「貴様(あなた)の行くところなら例(たと)ひ火の中、水の底と来(キ)まサア!」

(9) (「…から来る」の形で) あることが原因となって現われる

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「それが全く文学熱から来たので」

(10) ある物や状態が、その人や、その人に関係の深いものに自然に生じる。「がたが来る

蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「蒲団なんぞ万一黴(かび)なぞが来ると困るしね」

(11) 自分の心や五感感じる。

坑夫(1908)〈夏目漱石〉「柔かい頭へ此のわる笑いがじんと来たんだから、切なかった」

[二] 補助動詞として用いる。

動詞連用形に付いて、ある動作や状態が以前から今までずっと続いていることを表わす。ずっと…する。

書紀720神功皇后摂政一三二月歌謡神寿(かむほ)き 寿き狂ほし 奉り虚(コ)し 御酒そ 残(あ)さず飲(を)せ ささ」

源氏100114頃)帚木うきふし心ひとつにかぞへきてこや君が手をわかるべき折」

動詞連用形に「て」を添えた形に付いて、あることをして、戻る意を表わす

(10C終)八二「さらば、そのありつる御文を賜はりてこ」

咄本無事志有意(1798)そそか「大きにくたびれた。湯へはいってこよふ」

動詞連用形または、それに「て」を添えた形に付いて、だんだんとそうなる、また、ある状態にはいり始める意を表わす

万葉(8C後)一四・三四五三「風の音の遠き吾妹(わぎも)が着せし衣(きぬ)手元のくだりまよひ伎(キ)にけり」

洒落本妓者呼子鳥(1777)三「いっそ、もふ目がとろとろしてきやしたよ」

[語誌](1)命令形古くは「よ」を伴わないで「こ」だけで用いられた。平安時代には「こよ」も見られるが、「こ」だけの方が優勢である。「こい」が用いられるようになるのは室町時代頃か。
(2)過去の助動詞「き」へ続く場合変則で、終止形「き」には続かない。連体形の「し」、已然形の「しか」には未然形「こ」、連用形「き」の両方とも続くが「こ」から続く方が優勢である。「かた時のあひだとて、かの国よりまうでこしかども〔竹取〕」「みやこ出でて君にあはんとこしものをこしかひもなくわかれぬるかな〔土左承平四年一二月二六日〕」など。
(3)江戸時代以降未然形に「き」の形が現われることがまれにある。「ゑりわざ尋ねて来(キ)られた者を〔滑稽本田舎草紙‐四〕」「顔を洗ふ湯も汲んできなければならない黒島伝治〉三〕」など。


く・る②【来る】

方言味・解
く・る②【来る】自動カ変)①来る ②行く〔聞き手立場に立って自分が「行く」という意〕

来る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/26 14:29 UTC 版)

来る(くる、きたる)




「来る」の続きの解説一覧

来る

出典:『Wiktionary』 (2019/07/07 01:48 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. 移動して、近づくこと。 くる 参照
  2. 月日の上に付いてして、「近いうちにくる」「この次にくる」の意味表す。 きたる 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「来る」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||


5
70% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

来るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



来るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2021 博多弁推進会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの来る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの来る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS