天城山隧道とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 文化財選集 > 天城山隧道の意味・解説 

天城山隧道(静岡県)

建設年代
明治37年
所在地
静岡県賀茂郡河津町梨本田方郡天城湯ヶ島町湯ヶ島桐山

解説
伊豆の踊子』のトンネルとして広く親しまれている。延長446m,幅員4.2mの諸元をもつ。近隣から採掘された吉田石によって巻立てた総切石積トンネルで,馬蹄型のアーチリングに要石,帯石上の石四段パラペット笠石による坑門構えをとる。

天城山隧道

名称: 天城山隧道
ふりがな あまぎさんずいどう
名称(棟):
名称(ふりがな):
番号 2395
種別1: 近代産業交通土木
国宝重文区分 重要文化財
指定年月日 2001.06.15(平成13.06.15)
員数(数): 1
員数(単位): 箇所
代表都道府県 静岡県
都道府県 静岡県賀茂郡河津町梨本伊豆市湯ヶ島桐山
所有者名: 国(国土交通省
指定基準 (二)技術的に優秀なもの
管理団体名:
管理団体住所
管理団体指定年月日
構造形式 石造隧道延長445.5m、幅員4.1m、坑門左右翼壁附属
時代区分 明治
年代 明治37(1904)
解説文: 天城山隧道は,伊豆半島ほぼ中央部にある天城峠付近標高710地点に穿たれた石造隧道である。
 三島下田を結び伊豆半島縦断する下田街道改良工事一環として明治33年起工,同37年竣工した。全長約444.5m,幅員約4.1mの規模で,隧道両端石造坑門を構える。
 隧道内部の覆工は総切石積で,側壁部を瘤出,アーチ部をビシャン叩の石材としている。坑門及び隧道内部覆工の全体に及ぶ切石積と,両坑門の要所に施された多彩な石材加工精妙技術が十分に発揮されている。
 我が国現存する石造道路隧道の中で,最大長を有する土木構造物で,技術的完成度が高く,明治後期を代表する道路隧道として価値がある

天城トンネル

(天城山隧道 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 08:34 UTC 版)

天城トンネル(あまぎトンネル)は、天城峠の下で、静岡県伊豆市と、同県賀茂郡河津町を結ぶトンネル。新旧2本のトンネルがあり、本項では両トンネルについて記す。


  1. ^ a b c d e ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 120.
  2. ^ a b c 2001年(平成13年)6月15日文部科学省告示第103号「文化財を重要文化財に指定する件」
  3. ^ 名作『伊豆の踊子』の舞台となった日本初の道路隧道「天城山隧道」 (PDF) - 国土交通省「環境社会資本事例集」
  4. ^ 1998年(平成10年)9月25日文部省告示第138号「文化財を登録有形文化財に登録する件」
  5. ^ 2001年(平成13年)7月18日文部科学省告示第131号「登録有形文化財の登録を抹消した件」


「天城トンネル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天城山隧道」の関連用語

天城山隧道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天城山隧道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天城トンネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS