グリットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > グリットの意味・解説 

グリット【grit】

読み方:ぐりっと

気概気骨勇気根性ガッツ


グリット

「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表す英語で、成功者共通の心理特性として近注目されている、「やり抜く力」のことです。心理学者ペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏が、「社会的に成功するために最も必要な要素は、才能IQ知能指数)や学歴ではなくやり抜く力である」という「グリット」理論提唱して以来教育界産業界をはじめさまざまな分野大きな反響呼んでます。

グリット

ファイル(やすり)の粗さを表す単位。数が少ないほど目が粗い逆に数が多いと目が細かい。例)80グリット=粗い。 240グリット=細かい。
自爪には240グリットくらいを、つけ爪にな80グリット~100グリットくらいの粗さ使用するのが一般的

グリット

名前 GritGullit

グリットストーン

(グリット から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/13 22:14 UTC 版)

グリットストーン英語: gritstone)またはグリット英語: grit)は、固くて目の粗い、石英質の砂岩である。この言葉は特にこのような砂岩が建築材料として切り出された場合に用いられる。イギリスのグリットストーンは粉ひき、製紙パルプ製造に使用される石臼や、刃物用砥石として用いられた。"グリット"は角張ったのかけらが埋め込まれたグリットストーンに対して用いられる。それは通常小さな小石に混ざっている[1]


  1. ^ Glossary of Geology (5th ed.). Alexandria, Virginia: American Geological Institute. (2005). ISBN 0-922152-76-4. [要ページ番号]
  2. ^ Whitehouse, Annie (1999). “An Interview with Derek Hersey”. The High Lonesome: Epic Solo Climbing Stories. Helena, MT: Falcon Publishing. pp. 77. ISBN 1-56044-858-X. https://books.google.com/books?id=A60h26OwVYYC&pg=PA77. 


「グリットストーン」の続きの解説一覧

グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 14:12 UTC 版)

トランスフォーマー キスぷれ」の記事における「グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)」の解説

カセットテープから豹型ロボット変形

※この「グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)」の解説は、「トランスフォーマー キスぷれ」の解説の一部です。
「グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)」を含む「トランスフォーマー キスぷれ」の記事については、「トランスフォーマー キスぷれ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グリット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グリット」の関連用語

グリットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グリットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2022 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグリットストーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトランスフォーマー キスぷれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS