グリットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > グリットの意味・解説 

grit

別表記:グリット、グリト

「grit」とは、「砂粒」や「砂利」「ちり」「ほこり」といった石や砂などがばらばらに小さくなった粒子意味する英語表現である。

「grit」とは・「grit」の意味

「grit」とは英語の名詞動詞である。名詞「grit」として、基本的に砂粒」「砂利」「ちり」「ほこり」「固い粒」「砂岩」といった意味を持つ。また会話中に「grit」を使用すると、「根性」「気概」「やる気」「ガッツ「勇気」不屈の精神」といった意味を指す。さらに「gutsガッツ)」「resilience復元力)」「initiative自発性)」「tenacity執念)」の頭文字取って「GRIT」と言う日本語で「グリット」とも呼ばれ近年グリットを鍛えることを目的とするビジネス書多く発刊されている。名詞「grit」の複数形は、「grits」である。「grits」は、アメリカ英語で「粗びき穀物」「ひき割りトウモロコシ」といった固有の意味を持つ。動詞「grit」は、歯などを「食いしばる」「きしらせる」「ギシギシと鳴らす」といった意味を表現する。さらにイギリス英語では、凍った道路に「砂をまく」といった意味を表す。

「grit」の語源・由来

「grit」の語源は、ゲルマン祖語起源とする「砂粒」「砂」といった意味の古英語名詞grēot」から来ている。また「岩」「石」といった意味の古ザクセン語名詞griot」、古フリジア語名詞「gret」、古ノルド語名詞「grjot」、「砂粒」「砂」といった意味のドイツ語名詞「Grieß」も関連があるとされている。1800年初頭アメリカにおいて、「grit」が「根性」「気概」といった意味を持つようになった

「GRITスコア」とは

「GRITスコア」とは、アメリカ心理学者「アンジェラ・ダックワース」が提唱するやり抜く力(GRIT)」を、数値可視化したものである。「グリット・スケール」と呼ばれる10個の項目に答え答えた項目の点数合計10割ったものが「GRITスコア」になる。アメリカで平均は約3.8とされている。

「GRIT(アンジェラ・ダックワースによる本)」とは

「GRIT(アンジェラ・ダックワースによる本)」とは、アメリカ心理学者「アンジェラ・ダックワース」が、2016年リリースした著作である。邦題は「やり抜く力 ――人生あらゆる成功決める「究極能力」を身につける」で、「ダイヤモンド社」から出版されている。「アンジェラ・ダックワース」の研究によれば成功必要なのは先天的な才能家庭環境ではなく、「やり抜く力」が重要としている。そして「やり抜く力」は、目標設定成功体験積み重ねなどのトレーニングにより、後天的鍛えることが可能としている。

「grit」を含むその他の用語の解説

「GRITスケール」とは


「GRITスコア」を測るための調査である。「GRITスケール」は10個の質問構成され質問答え毎に点数割り振られている。点数合計10割ったものが「GRITスコア」になる。また奇数番目の質問が「情熱に関する質問偶数番目の質問が「粘り強さに関する質問であり、それぞれの合計を5で割ることで、「情熱」と「粘り強さ」のスコアを出すことも可能になる

「GRIT力」とは


「アンジェラ・ダックワース」が提唱するやり抜く力」を意味する。「やり抜く力」は、目標向かって努力続ける「情熱」と、どんなことがあっても諦めない粘り強さ」の2つ構成されている。

「grit」の使い方・例文

「grit」の使い方として、以下の例文挙げられる

・When I was cleaning my room, there was a lot of grit and dust flying around.(部屋掃除をしていたら、塵や埃がたくさ飛んでいた)
・I heard someone stomp on the grit outside my house.(家の外で誰かが砂利踏みつける音がした)
・He doesn't have grit enough to start a new company.(彼に新し会社始めるほどの気概がない)
It was so cold last night that everyone gritted the roads this morning.(昨夜はとても寒かったので、今朝はみんなが道路に砂を敷いていた)

「grit」の発音・読み方

「grit」の発音記号は、「ɡrít」と表記される。「grit」の読み方は、カタカナで「グリト」と表記される。「グリト」の「リ」の部分アクセント付けて発音をする。

「grit」の活用変化一覧

動詞「grit」の活用形は、三人称単数現在形が「grits」、動名詞現在分詞が「gritting」、過去形が「gritted」、過去分詞が「gritted」と変化する

グリット【grit】

読み方:ぐりっと

気概気骨勇気根性ガッツ


グリット

「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表す英語で、成功者に共通の心理特性として近年注目されている、「やり抜く力」のことです。心理学者ペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏が、「社会的に成功するために最も必要な要素は、才能IQ知能指数)や学歴ではなくやり抜く力である」という「グリット」理論提唱して以来教育界産業界をはじめさまざまな分野大きな反響呼んでます。

グリット

ファイル(やすり)の粗さを表す単位。数が少ないほど目が粗い。逆に数が多いと目が細かい。例)80グリット=粗い。 240グリット=細かい。
自爪には240グリットくらいを、つけ爪にな80グリット~100グリットくらいの粗さ使用するのが一般的

グリット

名前 Grit; Gullit

グリットストーン

(グリット から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/13 22:14 UTC 版)

グリットストーン英語: gritstone)またはグリット英語: grit)は、固くて目の粗い、石英質の砂岩である。この言葉は特にこのような砂岩が建築材料として切り出された場合に用いられる。イギリスのグリットストーンは粉ひき、製紙パルプ製造に使用される石臼や、刃物用砥石として用いられた。"グリット"は角張ったのかけらが埋め込まれたグリットストーンに対して用いられる。それは通常小さな小石に混ざっている[1]


  1. ^ Glossary of Geology (5th ed.). Alexandria, Virginia: American Geological Institute. (2005). ISBN 0-922152-76-4. [要ページ番号]
  2. ^ Whitehouse, Annie (1999). “An Interview with Derek Hersey”. The High Lonesome: Epic Solo Climbing Stories. Helena, MT: Falcon Publishing. pp. 77. ISBN 1-56044-858-X. https://books.google.com/books?id=A60h26OwVYYC&pg=PA77. 


「グリットストーン」の続きの解説一覧

グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 14:12 UTC 版)

トランスフォーマー キスぷれ」の記事における「グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)」の解説

カセットテープから豹型ロボット変形

※この「グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)」の解説は、「トランスフォーマー キスぷれ」の解説の一部です。
「グリット(鹿野優以)(カセットロンセット キスぷれPOSITION)」を含む「トランスフォーマー キスぷれ」の記事については、「トランスフォーマー キスぷれ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グリット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グリット」の関連用語

グリットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グリットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2024 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2024 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグリットストーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトランスフォーマー キスぷれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS