初期キリスト教美術 中世美術への展開

初期キリスト教美術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 09:24 UTC 版)

中世美術への展開

初期キリスト教時代の作品には自分の本性の法則や自然法則に従った表現がみられる[1]。しかし、中世美術になると精神世界のイメージが重視されるようになり、重力の法則や有機的な動きによる自然主義に取って代わって不条理のロジックとも言うべき原理による表現がみられるようになった[1]

参考文献

  • Pierluigi De Vecchi ed Elda Cerchiari, I tempi dell'arte, volume 1, Bompiani, Milano 1999.

関連項目


  1. ^ a b 越 宏一「西欧中世美術序説」 中世哲学会、2018年9月12日閲覧。


「初期キリスト教美術」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「初期キリスト教美術」の関連用語

初期キリスト教美術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



初期キリスト教美術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの初期キリスト教美術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS