内耳 内耳と疾患

内耳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/26 16:33 UTC 版)

内耳と疾患

内耳は聴覚の受容器であり、平衡覚の受容器である。内耳や内耳神経に疾患を生じ、これらの機能が障害された場合は、難聴めまい眼振などを生じる。以下にいくつか紹介する。

メニエール病
回転性のめまいが数十分以上つづく。内リンパ水腫が原因とされている。
良性発作性頭位眩暈症
体位変換により(例えば前屈する、寝返りをうつ)めまいが起こる。平衡斑の平衡砂が半規管の中に迷い込んで起こるのではないかといわれている。
鎖骨下動脈盗血症候群
一側の鎖骨下動脈の狭窄が原因で内耳や小脳への血流が不足し(ここでは詳細を省略する)、その結果めまいや難聴を起こす。

脚注

[ヘルプ]

関連項目


注釈

  1. ^ 頭蓋骨は23個の骨が組み合わさってできている。側頭骨はその一部で左右一対ある。
  2. ^ 直線運動の速さの変化。ふつうにいう加速度。
  3. ^ 回転運動の速さの変化。
  4. ^ 前半器官、後半器官、外側半規管は、骨迷路と膜迷路に共通する名称である。また、膜半規管を単に半規管ということがある。

出典

  1. ^ a b c d e f g 社団法人東洋療法学校協会編『解剖学』第2版、医歯薬出版、2006年
  2. ^ a b c d 大地陸男『生理学テキスト 第6版』、文光堂


「内耳」の続きの解説一覧




内耳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内耳」の関連用語

内耳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内耳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内耳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS