法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘の意味・解説 

法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 10:17 UTC 版)

法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘(ほうりゅうじ こんどう しゃかさんぞんぞう こうはいめい)は、奈良県斑鳩町法隆寺金堂に安置される釈迦三尊像光背裏面に刻された銘文である。


  1. ^ a b c 名児耶明 p.19
  2. ^ a b c d e f g h i 榧本杜人 p.143
  3. ^ a b 伊藤滋 p.15
  4. ^ a b c 六人部克典 p.21
  5. ^ a b 市大樹 p.29
  6. ^ 長岡龍作 p.12
  7. ^ a b c 長岡龍作 p.14
  8. ^ a b c d 飯島春敬 p.741
  9. ^ 加藤諄 p.16
  10. ^ 名児耶明 p.15
  11. ^ 上原和 p.119
  12. ^ a b c d 大山誠一 p.11
  13. ^ 長岡龍作 pp..13-14,23
  14. ^ a b c 吉川真司 p.34
  15. ^ a b c 魚住和晃 p.29
  16. ^ a b c d e 森岡隆(書道史年表事典)p.275
  17. ^ a b 長岡龍作 p.15
  18. ^ a b 二玄社書道辞典 p.237
  19. ^ 長岡龍作 pp..16-17,20-21,34,39-40
  20. ^ 上原和 p.114
  21. ^ a b c 長岡龍作 p.16
  22. ^ 上原和 pp..115-116
  23. ^ 上原和 p.115
  24. ^ 長岡龍作 pp..19-22
  25. ^ つちへん+岸。
  26. ^ 飯島春敬 p.742
  27. ^ a b c d 長岡龍作 p.19
  28. ^ (斎藤、1994)、pp.46 - 47
  29. ^ 上原和 p.116
  30. ^ a b 長岡龍作 p.18
  31. ^ 肥田路美「「等身像」考 唐代撰述史料にみえる皇帝像と仏像の関わりを中心に」『風土と文化』3、2002年(長岡龍作 pp..23,41)。
  32. ^ 長岡龍作 pp..20,23
  33. ^ 新選漢和辞典 p.326
  34. ^ 上原和 p.113
  35. ^ 森岡隆『かなの成り立ち事典』 pp..166-169
  36. ^ 長岡龍作 pp..26,28,32
  37. ^ 長岡龍作 p.17
  38. ^ 長岡龍作 p.21
  39. ^ 新村出 p.1203
  40. ^ 新選漢和辞典 p.624
  41. ^ 新村出 p.536
  42. ^ 長岡龍作 p.17
  43. ^ 加藤諄 p.12
  44. ^ 興膳宏 p.191
  45. ^ 森岡隆(書道史年表事典)p.269
  46. ^ 加藤諄 p.14
  47. ^ 藤原鶴来 p.172
  48. ^ 大東文化大学 p.5
  49. ^ 名児耶明 p.15
  50. ^ 魚住和晃 p.34
  51. ^ 吉村怜「南北朝仏像様式論」『国華』1066、1983、同「止利式仏像の源流」『美術史研究』20、1983
  52. ^ 百済扶余出土金銅三尊仏立像(魚住和晃 p.30)
  53. ^ 魚住和晃 pp..29-30
  54. ^ a b 萱原晋 p.414
  55. ^ 魚住和晃 p.42
  56. ^ 魚住和晃 pp..41-45
  57. ^ 河合敦 p.25
  58. ^ a b 大山誠一 p.15
  59. ^ 東野治之「法隆寺金堂釈迦三尊像の光背銘」(『日本古代金石文の研究』岩波書店、2004年)(長岡龍作 pp..14,41)
  60. ^ 長岡龍作(ながおか りゅうさく、1960年 - )は、東北大学大学院教授(長岡龍作 奥付)。
  61. ^ 東京国立博物館ほか編『法隆寺昭和資材帳調査完成記念 国宝法隆寺展』(展覧会図録)、1994、p.98; 奈良国立博物館編『国宝 法隆寺金堂展』(展覧会図録)、2008、p.182
  62. ^ 森岡隆(もりおか たかし、1955年 - )は、筑波大学大学院准教授(かなの成り立ち事典 奥付)。
  63. ^ 東野治之 p.29
  64. ^ 沖森卓也 pp..79-80
  65. ^ 市大樹 pp..28-29
  66. ^ 大山誠一 pp..11,20
  67. ^ a b 福山敏男「法隆寺の金石文に関する二、三の問題」(『夢殿』13号、1935年)
  68. ^ 薮田嘉一郎「法隆寺金堂薬師・釈迦像光背の銘文について」(『仏教芸術』7号、1950年)、田中嗣人「仏師・仏工の成立と止利仏師」(『日本古代仏師の研究』第1部、1983年)
  69. ^ 笠井昌昭「法隆寺問題の再検討」(『日本書紀研究』6、塙書房、1972年)、同「法隆寺金堂釈迦三尊像光背並びに光背銘について 大橋一章氏に答えて」(『仏教芸術』189、1990年)
  70. ^ (斎藤、1994)、pp.36 - 37


「法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘」の関連用語

法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS