博物館とギャラリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 博物館とギャラリーの意味・解説 

博物館とギャラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 03:41 UTC 版)

アウクスブルク」の記事における「博物館とギャラリー」の解説

マクシミリアン博物館1855年建設され建物で、2000年前後大規模な改修なされたが、その歴史モダンな雰囲気保たれている展示スペース何階にもわたっており、彫刻金細工作品建築図面、市の歴史コレクションといった展示品目ごとに分けられている。また、一部入れ替え展示なされているシュヴァーベン手工業博物館シュヴァーベン手工業会議所運営する博物館で、たとえば理髪師外科医馬具職人靴作り職人時計作り職人パン焼き職人製本職人服飾雑貨製造職人といった古く多く後継者のいない手工芸について紹介している。ここでは、その設備道具材料見ることができるこの他ツンフトに関する展示もある。 旧ドミニコ会マグダレーナ修道院一角にあるローマ博物館にはアウクスブルクおよびその周辺地域発見され石器時代から青銅器時代経て古代後期中世初期に至る考古学的出土品展示されている。とはいえ重点はやはりローマ属州首都時代のものにおかれている2006年徹底的な改修が行われたシェツラー宮殿見応えのあるロココ建築であるが、その一方では多くの重要な芸術ギャラリー内包している。ドイツ・バロックギャラリー、グラフィックス・コレクション、カールおよびマグダレーナ・ハーバーシュトック財団カタリーナ教会州立ギャラリー 「古いドイツのマイスター」がそれである。ここでは特にアルブレヒト・デューラー作品見ることができる近代芸術愛好家にはヴァルター美術館やギャラリー・ノアがあるグラスパラストがよい。ここは5,500m2のスペース収集家イグナツ・ヴァルターの私的コレクション展示されている。コレクション中心現代美術である。ハイライトは、ピカソミロブラックといった優れた芸術家多くの作品共同で制作したエギディオ・コンスタンティーニのガラス芸術作品である。この他に、ピナコテーク・デア・モデルネミュンヘン近代絵画館)の分館である州立近代芸術ギャラリーや、H2 現代芸術センターもある。 アイスホッケー博物館は、プレラー近くにあり、たとえばグスタフ・イェネッケの遺品をはじめ国内外有名なホッケー選手に関する様々な展示行っているまた、ドイツ名声の殿堂選手審判トレーナー事務方ジャーナリストらを顕彰している。 ベルトルト・ブレヒトレオポルト・モーツァルト生家は、それぞれにちなんでブレヒトハウスおよびモーツァルトハウスと呼ばれこの街の最も有名な出身者である2人それぞれの生涯作品に関して展示行っている。 アウクスブルガー・プッペンキステ(操り人形劇団)の操り人形博物館ディー・キステは旧聖霊病院内にあり、ウルメル、ジム・クノプフ(ジム・ボタン)、あるいはカレ・ヴィルシュといった「糸のスター」を展示されている。 16世紀フッガー家によって建設されたことで有名な庶民住宅地フッガーライは、現在も住宅として活用されているが、その一部フッガー博物館設置されており、当時の生活を偲ぶことができる。 この他にも、このフッガーシュタットには様々なテーマ博物館ギャラリー数多く存在している。さらに、アウクスブルク鉄道パークバイエルン紡績・工業博物館ガス製造博物館は、2009年現在準備中もしくは開館直後であり、近い将来この街重要な博物館にこの3館が加わる。 マクシミリアン博物館 ローマ博物館 アイスホッケー博物館 モーツァルトハウス アウクスブルク鉄道パーク

※この「博物館とギャラリー」の解説は、「アウクスブルク」の解説の一部です。
「博物館とギャラリー」を含む「アウクスブルク」の記事については、「アウクスブルク」の概要を参照ください。


博物館とギャラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:03 UTC 版)

マレー (ケンタッキー州)」の記事における「博物館とギャラリー」の解説

マレー市は小さな都市ではあるが、観光客市民には大きな都市でのみ得られるような文化味わい提供しているクララ・M・イーグル・ギャラリーは複数レベル画廊であり、約1,200点の収集品がある。このギャラリーでは、当代アート、アフリカンアート、木工品スペインタペストリーなど企画展もある。展示室は8,300平方フィート (770 m2) の広さがある。 ラザー西ケンタッキー博物館マレー州立大キャンパス建設され最初の建物入っており、アメリカ合衆国国家歴史登録財指定されている。この博物館一般公開されており、恒久展示企画展を通じてケンタッキー州ジャクソン買収地域の人々社会の発展経済と文化発展焦点当てている。

※この「博物館とギャラリー」の解説は、「マレー (ケンタッキー州)」の解説の一部です。
「博物館とギャラリー」を含む「マレー (ケンタッキー州)」の記事については、「マレー (ケンタッキー州)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物館とギャラリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

博物館とギャラリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物館とギャラリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアウクスブルク (改訂履歴)、マレー (ケンタッキー州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS