博物館と保存地区とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 博物館と保存地区の意味・解説 

博物館と保存地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:45 UTC 版)

プロヴディフ」の記事における「博物館と保存地区」の解説

考古学博物館1882年に東ルメリ人民博物館として創設された。博物館は、1928年にセアディネニエ広場面する建物移転した。この建物19世紀プロヴディフ建築家ヨーゼフ・シュニッター(Josef Schnitter)が手がけたものである博物館には数多くトラキア人遺品収蔵されている。「有史以前」、「古典古代」、「中世」の3部分けられ旧石器時代から初期オスマン時代15世紀-16世紀ごろ)までの遺品納められている。パナギュリシテ宝物Panagyurishte treasure)として知られるトラキア人宝物もこの博物館納められている。 プロヴディフ地域歴史博物館Plovdiv Regional Historical Museum)は1951年設けられ博物館である。博物館は、プロヴディフおよびその周辺地域16世紀から20世紀までの歴史遺品に関する科学的文化的な収集保存研究の機関として設立された。3つの建物展示が行われている。プロヴディフ地域民族誌学博物館en:Plovdiv Regional Ethnographic Museum)は1917年市立邸宅博物館として創設され1943年10月14日旧市街家屋移転した1949年市立邸宅博物館人民民族誌学博物館改組され、1962年改築された。博物館には4万点を超える収蔵品納められている。 自然科学博物館1955年に、1880年建造旧市役所建物開設された。同博物館は、古生物学鉱物学植物学分野収蔵品豊富に集めこれらの分野においてブルガリア最も重要な博物館のひとつ数えられる博物館には、野生生物に関する展示や、40種のが住むブルガリア最大の淡水水槽などがある。ロドピ山脈鉱物コレクションもある。 航空博物館1991年9月21日に、街の中心から12キロメートル北東位置するクルモヴォ航空基地敷地内開設された。博物館には59機の航空機と、屋内外の展示がある。 プロヴディフ旧市街には、ブルガリア民族復興期の建築物が立ち並び地区歴史的保存地区指定されている。旧市街はトリフルミエ(「3つの丘」の意味ネベト・テペ、ジャンバス・テペおよびタクシム・テペ)地区にある。旧市街にあるほぼ全ての家屋が、民族復興期特徴的な内装外装備えている

※この「博物館と保存地区」の解説は、「プロヴディフ」の解説の一部です。
「博物館と保存地区」を含む「プロヴディフ」の記事については、「プロヴディフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物館と保存地区」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

博物館と保存地区のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物館と保存地区のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプロヴディフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS