博物館と展覧会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 博物館と展覧会の意味・解説 

博物館と展覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/07 10:04 UTC 版)

メッティンゲン (ノルトライン=ヴェストファーレン州)」の記事における「博物館と展覧会」の解説

旧ホテル・テルゼマイヤー、現在の市庁舎中庭に、郷土協会運営するテュエッテン博物館入居している。この博物館3つの木組み建築からなっており、家具日用品、古い習俗道具広範なコレクション見学することができる。この博物館は、テュエッテンの記憶活き活きとしたものにしたいと考えている。 シュルテンホーフの建物内学校博物館設けられている。パウル=ゲルハルトシューレ元教師であるホルスト・ミヒャエリスが主導したこの博物館は、この町の古い学校農村部学校思い起こさせる。古い教科書中心とした数多く展示品の他、教育学指導方法かつての小さな学校一日が、短い文章で説明されている。 同じシュルテンホーフ内にメッティンゲン郵便博物館入居している。ここには世界最初の切手のような貴重な品だけでなく、元郵便職員博物館創設者クレメンス・ベッケマイヤーが何十年もの間に収集した地域全国郵便の歴史を示す数多く切手物品展示されている。郵便はがき他に1903年最初の卓上電話の例など数多く電話機展示されている。膨大な文書コレクションによって、この地域の郵便の全歴史のほとんどを追体験することができる。 2000年にドライフレッセン・コレクションが設立された。この名称はテュエッテン商人の言葉Drai = 3、Flessen = アマ / リンネル)である。この博物館は、メッティンゲン出身企業家家族ブレニンクマイヤーが私的に主導しており、企業および家族の歴史収集保護編纂用いられている。 テュエッテン博物館展示 学校博物館 メッティンゲン郵便博物館

※この「博物館と展覧会」の解説は、「メッティンゲン (ノルトライン=ヴェストファーレン州)」の解説の一部です。
「博物館と展覧会」を含む「メッティンゲン (ノルトライン=ヴェストファーレン州)」の記事については、「メッティンゲン (ノルトライン=ヴェストファーレン州)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物館と展覧会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

博物館と展覧会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物館と展覧会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメッティンゲン (ノルトライン=ヴェストファーレン州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS