博物館と文化財とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 博物館と文化財の意味・解説 

博物館と文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 09:18 UTC 版)

ザウアーラント」の記事における「博物館と文化財」の解説

リューデンシャイトにはサイエンス・センター「フェノメンタ」がある。リューデンシャイトには歴史博物館もあり、特に様々な入れ替え展示には地域を超え観客訪れる。アルンスベルクザウアーラント博物館イーザーローンドイツ洞窟博物館同様であるアルテナドイツ針金博物館は、この種のものとして世界唯一の博物館である。ベーデフェルトにはホーホザウアーラント郡生物学ステーション関連して自然文化体験博物館がある。ドライスラーデでは、重晶石博物館この町鉱山史紹介している。エスローエ機械および郷土博物館は、産業技術に関する博物館である。ホルトハウゼン・スレート採掘および郷土博物館は、様々なテーマ常設展示他に定期的に全国的な注目を集める特別展示行っており、南ヴェストファーレン・ギャラリーとつながっている注目すべき地方史博物館には、ブリーロン市立博物館イーザーローン市立博物館メンデン博物館アルテナマルク伯博物館アッテンドルンの南ザウアーラント博物館がある。さらに数多く郷土博物館専門博物館がある。 数多く博物館風の施設この地域の古い産業工業過去紹介している。訪問者にとって魅力なのは間違いなくベストヴィヒのラムゼック体験型見学鉱山イーザーローンマステ=バーレンドルフ歴史的工場施設である。ヴェンデナー・ヒュッテやルイーゼンヒュッテ・ヴォックルムでは、ドイツ最も古い時代溶鉱炉施設見学することができる。バルヴェのルイーゼンヒュッテは、水力木炭稼働していた高炉施設完全に保存されており、ドイツでもユニークな工業博物館1つである。鋳鉄所や周辺部を含む、1865年閉鎖された製鉄所複合体製鉄歴史物語っている。マルスベルクキリアン坑も見学者公開されている。ヘルシャイトプレッテンベルクとの間をメルキシェス保存鉄道運行している。ハーゲン近郊メッキンガーバッハタールの手工業および産業技術ヴェストファーレン地方博物館は、野外博物館として手工業産業の歴史紹介している。その重点ザウアーラント加工業である。

※この「博物館と文化財」の解説は、「ザウアーラント」の解説の一部です。
「博物館と文化財」を含む「ザウアーラント」の記事については、「ザウアーラント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物館と文化財」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

博物館と文化財のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物館と文化財のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのザウアーラント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS