博物館としての活用とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 博物館としての活用の意味・解説 

博物館としての活用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 00:16 UTC 版)

バンカー GO-42」の記事における「博物館としての活用」の解説

2006年古くなっていた当バンカーをNovik-Service社が購入し博物館としての改装行った装甲され密閉式ドアや壁に張られ鋼鉄など、かつての秘密施設」の面影残しつつ施設修復し、「冷戦博物館としての展示物は軍から調達行った2020年現在日本円にして約3000円で70分の見学ツアー実施しており、バンカー内部へ潜り、「施設の歴史」を学び核戦争シミュレーション体験を行うことができる。 2008年にはドミトリー・グルホフスキーによるポストアポカリプス小説Metro 2033』の発表会や、コンピュータゲームRed Alert 3』のワールドプレミア開催されるなど、博物館としてだけでなく文化センターとしても活用されている。 入り口 回廊 厚さ1m弱の密閉ドア、 フィルタールーム 指揮所 第一ブロック 地下鉄への連絡通路 核ミサイル発射体の様施設全景模型 .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、ロシア関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:ロシア/PJ:ロシア)。

※この「博物館としての活用」の解説は、「バンカー GO-42」の解説の一部です。
「博物館としての活用」を含む「バンカー GO-42」の記事については、「バンカー GO-42」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物館としての活用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

博物館としての活用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物館としての活用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバンカー GO-42 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS