博物館としての公開とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 博物館としての公開の意味・解説 

博物館としての公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 07:00 UTC 版)

チャーチル博物館」の記事における「博物館としての公開」の解説

2003年に、内閣戦時執務室閉鎖後設備除去され倉庫として使用されていたチャーチルと妻クレメンティンを含む同僚たち使用していた9つ部屋今日チャーチル・スイートとして知られる部分追加して公開された。そして2005年2月改めチャーチル博物館として公開されたチャーチル公私双方の生活に関する実物複製品文書が年代順に陳列され、'The Lifeline' と名付けられた、世界中で最大規模目されるインタラクティブな展示方法によりチャーチル90年生涯にわたる事件彼の行動をたどることができる。

※この「博物館としての公開」の解説は、「チャーチル博物館」の解説の一部です。
「博物館としての公開」を含む「チャーチル博物館」の記事については、「チャーチル博物館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物館としての公開」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「博物館としての公開」の関連用語

博物館としての公開のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物館としての公開のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャーチル博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS