トッケビとは? わかりやすく解説

トッケビ

別表記:도깨비

「トッケビ」とは、韓国古くから伝承されている不思議な力をもつ悪戯好き妖怪のことを意味する表現

トッケビの意味

トッケビ(도깨비)は朝鮮半島伝わる鬼や鬼神の類。精霊妖怪中間的な存在とされる

または、韓国2016年放映されテレビドラマトッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」のこと。同ドラマ韓国内高視聴率出し数々の賞を受賞した

トッケビの語源

トッケビの語源は「トス」と「アビ」が組み合わさったものだと考えられている。アビ韓国語で父を意味するトスについては様々な学説飛び交い、確定的なものがない妖術意味するトスプや斧を意味するトㇲグィアルタイ諸語の火を意味するtot」などがある。

≪韓国語≫トッケビ

別表記:돗가비tokkebi、トッケビ

韓国語「トッケビ」とは、「トッケビ」の意味

トッケビとは、朝鮮半島伝わ精霊妖怪のことを表す言葉である。トッケビは朝鮮時代以前には具体的な姿が伝承されていたわけではないが、神霊的な存在として広まっていた。その後中国の鬼神や日本の鬼などと混同しながら、地域ごとに様々な形伝承されていったのだ。そのため、トッケビの能力性格など地域によって違いがある

近代以降普及したトッケビの風貌は、赤い肌で牙と角があり、虎柄の布を腰に巻いているといったものだ。これは日本の鬼の影響を受けたものだという説もある。トッケビに関する風習淳昌珍島など全羅道一部済州島残っているだけで、その他の地域ではほとんどが途絶えてしまった。しかし韓国では、トッケビの新たなキャラクター作りしようとする動きもある。

韓国語「トッケビ」のハングル表記

トッケビはハングルでは「도깨비」と表記する。実はこの表記になるまでに、様々な変化をしてきたのである最初にトッケビが文献登場したのは、1447年書かれ釈迦一代記釈譜詳節』だった。この時トッケビは「돗가비」と表記されていた。その後17世紀から18世紀頃に書かれた『譯語類解』や『続明義録諺解』などで「독갑이」と表記されているのが確認できる

19世紀になると、「독갑이」「독잡이」「도깨비」といった表記変化した。そして20世紀現在の도깨비」という表記になったのである。トッケビには父という意味の「アビ(아비)」が語源という説もあるが、この場合「돗(トㇲ)」の意味については学者によって意見分かれている。例え妖術意味する古語「도섭(トソㇷ゚)」だと主張する者や、斧を意味する古語「돗귀(トㇲグィ)」だと主張する者などがいる。

韓国語「トッケビ」の発音

トッケビの発音ローマ字表記をすると「tokkebi」だ。トッケビの「ト」の母音部分は、口を丸くすぼめて「オ」と発音するのが適切である16世紀頃綴りは「돋가비」で、発音はトッガビであったその後「독갑이」と表記されるようになり、トㇰガビ発音していた。18世紀末から19世紀頃には「도까비」という綴りトッカビ発音しており、その後トッケビになる。

トッケビには方言もあり、慶尚道北道黄海北道などでは「도까비」という表記トッカビ発音する全羅道では「도짜비」と表記し、トッチャビと発音しているのだ。また、慶尚道には二種類の方言があり、トッカビ以外にもトッチェビと発音する場合もある。トッチェビには例えば「토째비」や「도째비」「도채비」など、様々な表記がある。他にも「토개비(トゲビ)」や「또깨비(ットッケビ)」といったものもトッケビの方言だ。

トッケビ 【tokkaebi】

朝鮮民衆の間で信じられ鬼神一本足巨人だが、人に相撲いどんだり、美女化けて若者誘ったりするといわれている。だが、人に財物与え福をもたらすこともあるという。

トッケビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 02:23 UTC 版)

トッケビ: 도깨비)は、朝鮮半島に伝わる精霊妖怪。朝鮮時代以前には具体的な姿形は表象されず、鬼火などの神霊的な存在として伝承された[1]。近代以降は日本の鬼との混同が起きたとされ[1]、地域によっても変化または独自に伝承されたため、性格や能力などの特徴に相違点も多く、特定の種族を指す概念ではなかったと考えられている[2][3]。古来のトッケビに関する風習や祭祀はほとんどの地域で途絶えており、21世紀では全羅道の一部(淳昌、珍島など)と済州島に残る程度である[4][5]。北朝鮮においては慣用句に用いられる程度で目立った文化的表現はないが、民主化後の韓国においては大衆文化の象徴として重要視され、行政レベルで日本の影響を除した新たなキャラクター作りが模索されている[3]


  1. ^ a b c 金容儀, 国際日本文化研究センター 『玄界灘を渡った鬼のイメージ : なぜ韓国のトケビは日本の鬼のイメージで語られるのか』国際日本文化研究センター〈日文研フォーラム〉、2006年。doi:10.15055/00005657https://doi.org/10.15055/00005657 
  2. ^ a b 宗教学大辞典 도깨비
  3. ^ a b c 朴美暻『ドッケビと韓国の視覚文化 : 20世紀、韓国の大衆文化におけるドッケビの視覚イメージの形成と定着過程』(論文)、京都大学〈博士(文学) 甲第19250号〉、2015年。doi:10.14989/doctor.k19250hdl:2433/202653
  4. ^ a b ‘공유’의 <도깨비>, 한국 도깨비 설화와 얼마나 일치하는가 : 오피니언/칼럼 : 종교신문 1위 크리스천투데이2017.02.12
  5. ^ a b c キム・ジョンデ著『도깨비, 잃어버린 우리의 신』2017年
  6. ^ a b c d e 『한ㆍ중 도깨비 설화 연구』朴基龍
  7. ^ a b c 国立国語院 온라인가나다 도깨비 어원 2012. 3. 28
  8. ^ a b 韓国民俗信仰辞典 도깨비고사
  9. ^ 드라마 '도깨비' 아닌 제주신화 속 도깨비 이야기는? – 제주의소리 2017年4月14日
  10. ^ 도깨비 '뒷조사'를 해봤다chosun.com 2017.01.20
  11. ^ a b c 도깨비 설화와 연금술』キム・ジョンラン(尚志大)
  12. ^ [우리말로 깨닫다] 가위에 눌려서 - 재외동포신문2016.03.08
  13. ^ 東亜日報連載 1935年10月27日号、11月3日号
  14. ^ 『우리말 큰사전』ハングル学会著、『朝鮮語大辞典』、『国立国語院標準国語大辞典』、Daum辞典、「못된 도깨비 머리에 뿔난다」京郷新聞 1998年10月15日号
  15. ^ 金容儀「韓日昔話の比較研究 : 近代の教科書に語られた「瘤取り爺」譚を中心に」大阪大学 博士論文14401甲第06126号、1998年3月、 NAID 500000164586
  16. ^ - 梨花女子大学 梨花ニュース 62号
  17. ^ [단독]또…한국 도깨비로 둔갑한 ‘일본 요괴’ - 경향신문2016.09.13
  18. ^ 도깨비를 찾아라 | 교육의 중심 EBS
  19. ^ 도깨비, 도깨비의 역사 한국 도깨비의 원래 모습은 어떤 것일까?小説家 郭財植ブログ「곽재식의 옛날 이야기 밭」 2017.02.17
  20. ^ 정책브리핑 | 고증을 통한 일제 잔재청산2005.07.01


「トッケビ」の続きの解説一覧

トッケビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 07:18 UTC 版)

シンビアパート」の記事における「トッケビ」の解説

トッケビは朝鮮半島でよく知られる超自然的な存在一つで、昔話などで伝えられ民間信仰の対象でもある人間に対していたずらをするがその神通力人間に福をもたらすとされているシンビ102歳〉 声 - チョ・ヒョンジョン/井澤詩織 不思議な能力を持つ2頭身黄緑色のトッケビ。名前のシンビ」は朝鮮語で「神秘」を意味する鬼神(クィシン、日本語吹替版では「ゴースト」)が生前の恨(ハン)を晴らし天に昇って行くと、シンビハリたちの願いをかなえる一人称は「オイラ」。 クンビ(朝鮮語版)〈1000歳以上あるいは約600歳〉 声 - ヤン・ジョンファ 2頭身金色のトッケビ。慶尚道方言大邱なまり)で話す。2018年7月劇場公開された『シンビアパート 金色のトッケビと秘密の洞窟』から登場する。クンビの年齢について、この映画設定では「1000歳以上」とされたが、キャラクター玩具などを販売するAurora World朝鮮語版)のキャラクター紹介では「約600歳」としている。

※この「トッケビ」の解説は、「シンビアパート」の解説の一部です。
「トッケビ」を含む「シンビアパート」の記事については、「シンビアパート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トッケビ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トッケビ」の関連用語

トッケビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トッケビのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトッケビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシンビアパート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS