ねんりょうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > > ねんりょうの意味・解説 

ねん りょう -れう [3] 【燃料】

熱・光・動力を得るために燃焼させる材料石炭石油天然ガス・まきなど。広義には核燃料も含む。


【燃料】(ねんりょう)

Fuel/Propellant.
広義には、燃焼によってエネルギー取り出すことのできる物質総称
燃焼させることによって発する熱や光を以下のようにして利用する。

  1. 熱を直接利用する(食物調理採暖乾燥火炎放射器焼夷弾サーモバリック爆弾など)
  2. 炎から発する光を利用する(照明
  3. 熱によって気体体積圧力を急激に変化させ、運動エネルギー変換して利用する(動力)。

本稿では上記3.について述べる。

航空機限らずあらゆる種類エンジン稼動させるために必要な物質であり、現代文明活動欠かせないものとなった。
車輛航空機などに搭載されるエンジンによってその種類は様々である。

今日軍隊活動は燃料がどれだけ安定して供給されるかが大きなキーとなるため、戦争では燃料備蓄施設石油精製工場破壊シーレーン封鎖による補給断絶により、敵を燃料不足にすることが戦局優位に傾ける確実な方法一つとなる。
このように戦略的に非常に重要な価値を持つ燃料は、撤退時に出来る限り後方輸送し、出来ない分はその場焼き払って敵に接収されることを防ぐのが基本である。

代表的物質使用例を以下に挙げる

ガソリン
レシプロエンジン航空機自動車
灯油
ジェットエンジン・ガスタービンエンジン・液体燃料ロケット
軽油
ディーゼルエンジン・ガスタービンエンジン
重油
蒸気機関蒸気タービン・ガスタービンエンジン
天然ガスLPG(液化石油ガス)
レシプロエンジン・ガスタービンエンジン
石炭木炭
蒸気機関蒸気タービン
液体合成ゴム黒色火薬
固体燃料ロケット
液化水素四酸化二窒素非対称ジメチルヒドラジン
液体燃料ロケット

なお、原子炉に用いられるウランプルトニウムなどの放射性物質は、直接それを燃焼させるのではなく臨界反応によって起きる膨大な熱を利用する(それで沸騰させ、生成した水蒸気動力として使うのが主体)ものであるが、慣例的に「核燃料」と呼ばれている。

変わった例


燃料

読み方:ねんりょう

現在研究されている核融合反応の燃料は水素重水素三重水素)です。核融合炉では,これらの燃料を供給し,反応生成物であるヘリウム原子核アルファ粒子とも呼ばれる)を取り除く必要があります



ねんりょうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ねんりょう」の関連用語

ねんりょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ねんりょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
核融合エネルギーフォーラム核融合エネルギーフォーラム
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency, All rights reserved.

©2019 Weblio RSS