あたりめとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 京ことば > あたりめの意味・解説 

あたりめ [0] 【当(た)りめ】

するめの忌み詞。「する」をきらっていう。

あたりめ

京ことば意味
あたりめ  するめ

あたりばち・あたりばこ・あたりめ・あたりっぱ

大阪弁 訳語 解説
あたりばち・あたりばこ・あたりめ・あたりっぱ すりばち
すずりばこ
するめ・
スリッパ
忌詞。「する(擦る・摺る擂る)」は「(お金を)する」に通ずるので、縁起良い「あたり」に置き換えた。摺り鉢(すりばち)をあたり鉢硯箱すずりばこ)をあたり箱、(するめ)をあたりめ、スリッパをアタリッパという。


読み方:あたりめ

  1. 鯣。〔第六類 器具食物
  2. するめを云ふ。鯣(するめ)の(する)の語を忌みて也。
  3. するめ「鯣」のことをいふ。当箱(※「あたりばこ」)の条を参照せよ。〔花柳語〕
  4. 鯣のことをいふ。
  5. するめを云ふ。
  6. 鯣(するめ)。「あたり」参照
  7. 鯣(するめ)のこと。「あたり」参照
  8. 鯣。寄席といわず一般興行界では縁起担いで、総て磨滅すりへらすからこれを忌み当り言葉を使う。東京では火事知らす半鐘でも、半鐘当つてるよというた位。
  9. するめ。

分類 東京花柳界花柳界風俗花柳語、芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スルメ

(あたりめ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/21 07:09 UTC 版)

スルメ(鯣)は、イカの内臓を取り除いて素干しや機械乾燥などで乾燥させた加工食品。乾物の一種。古くから日本朝鮮半島中国南部および東南アジアにおいて用いられている食品で長期保存に向いている。日本では縁起物とされ結納品などにも用いられ寿留女と表記される。俗語としてアタリメとも言う。


  1. ^ 阿久悠の作詞で八代亜紀のヒット曲『舟唄』の歌詞にもある。
  2. ^ 文部科学省『五訂増補 日本食品標準成分表』
  3. ^ 中居裕 『昭和20年代における水産物輸出に関する考察 -スルメを事例として-』 神奈川大学国際常民文化研究機構,年報第4号(2013年9月30日)
  4. ^ いかの輸入手続き 日本貿易振興機構 (2013年8月) 2017年5月16日閲覧
  5. ^ 内館牧子 『大相撲の不思議』 潮新書 2018年 ISBN 978-4-267-02149-7 47頁。
  6. ^ 米川 2006, p. 97.
  7. ^ 米川 2006, p. 16.


「スルメ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あたりめ」の関連用語

あたりめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あたりめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
京ことば京ことば
Copyright (C) 2019 我流京都探訪 All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2019 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスルメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS