梨花女子大学校 統一教会事件

梨花女子大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/24 05:51 UTC 版)

統一教会事件

世界基督教統一神霊協会」(統一教会、統一協会)に学内の教授や女子学生など多数が入信し、その内の10数名が免職、退学処分となった事件。この事件をきっかけに統一教会の実態が一気に明るみに出た。「梨花女子大学事件」とも呼ばれる。

1955年3月24日、統一教会に入信し、大学当局の警告にも従わなかった教授、助教授5名が免職処分となる。統一教会は当時から韓国社会で熱心に布教活動を進めており、信者は社会エリート層にも深く浸透していた。大学内にも信者サークルが結成され、信者の教授が学生を積極的に勧誘するなどして、韓国社会でも問題化されていた。特にミッション系大学である梨花大当局はこの事態を重く見て調査を行っていたが、同年5月11日には、14名の学生を退学処分にした。

強硬手段をとった大学当局に対して、当初マスコミや市民からは憲法で保障される「信教の自由」に反するとの批判が向けられたが、退学処分を受けた女子学生のうち数名が文鮮明と肉体関係を持っていた(血分け)のではという噂が広まり、批判の矛先は一気に統一教会とその教祖である文鮮明に向けられた(文鮮明は女子大生を不法監禁したとの嫌疑などで逮捕されたが、告発が取り下げられたため裁判で無罪となった)[2][3]

梨大前

新村には梨大のほかに延世大学校、弘益大学校などもあって学生街となっている。

また、梨花(イファ)の発音が、中国語での利発(お金を稼ぐ)の発音と似ているため、中国では、学校の正門で写真を撮れば金持ちになるとか娘が良い家に嫁げるという噂が広まり、観光名所となっている[4]

協定校

交流協定等を締結している主な日本の学術機関は、以下の通り。


  1. ^ 植民地下朝鮮における梨花女子高等女学校 - 岐阜大学留学生センター2014年紀要植民地下朝鮮における梨花女子高等女学校
  2. ^ 洪蘭淑(著) 林四郎(訳) 『わが父 文鮮明の正体』(文藝春秋 1998年11月25日)ISBN 978-4163546100
  3. ^ 世界基督教統一神霊協会(発行)『文鮮明先生を中心とする現代の摂理』(光言社、1990年12月1日)
  4. ^ イ・ジョンジェ (2014年8月21日). “【時視各角】中国人と共に生きていくこと”. 中央日報. http://japanese.joins.com/article/122/189122.html 2014年8月22日閲覧。 


「梨花女子大学校」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

梨花女子大学校のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



梨花女子大学校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梨花女子大学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS