日本卸電力取引所 日本卸電力取引所の概要

日本卸電力取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/21 12:42 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

沿革

2003年の電気事業分科会による卸電力市場の創設についての報告[1][2]を受け、同年11月に有限責任中間法人として設立された。2004年より取引会員を募り、2005年4月1日より電気の現物取引がスタートした。その後、グリーン電力卸取引(2008年11月)、先渡市場取引(2009年4月)、時間前市場取引(2009年5月)、分散型・グリーン売電市場取引(2012年6月)も開始[3]している。2009年には公益法人制度改革に伴い、一般社団法人に改組した。

2016年4月には電気事業法に基づく国の指定法人に指定され[3]、その後、経済産業省総合資源エネルギー調査会に設置された委員会報告[4]を受け、非化石価値取引市場(2018年5月)[5]・間接送電権市場(2019年4月)[6]ベースロード市場(2019年8月)[7]を開設している。

主な会員企業

取引を行うには会員企業となることが必要で、会員企業は127社(2017年10月時点)[8]

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク




「日本卸電力取引所」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本卸電力取引所」の関連用語

日本卸電力取引所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本卸電力取引所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本卸電力取引所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS