出会い系サイト 出会い系サイトの概要

出会い系サイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 02:26 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

前史

不特定の男女が出会えるシステムは古くからあり、鹿島茂はその著書[* 1]の中で1930年酒井潔が著した『巴里上海歓楽郷案内』を紹介しつつ、「1920年代パリの出会い系サイト」を紹介している[1][2]。ここで紹介されているのは結婚斡旋業から転じたものである[1][2]。これは元々は結婚を目的とした真面目なものであったが、時を経て売春斡旋業へと落ちぶれたとされている[1][2][3]

その事務所では「あらゆる種類の女が予めリストに載つてゐて、客の条件によつて、格好の女が直ちに望める仕組みなのだ。」(酒井潔『パリ上海歓楽郷案内』 p.97より引用)と言った次第であった。

また酒井は新聞の三行広告での「出会い系」も紹介している[4][5][6]。これは「ギャラントな」雑誌もしくは新聞でに掲載されるもので、酒井も実際に広告を出してみたという。すると女性たちから非常に沢山の手紙が届いたと言う[4][7][6]。鹿島はこれらの手紙の内容を列挙し、現在の出会い系サイトで女性が送るメールも紹介した4パターンに集約されるのではないか?と分析している[8][9]

日本ではインターネットの登場以前、テレフォンクラブ(1985年)、伝言ダイヤル(1986年)、ダイヤルQ2などがその役目を担っていた[10][11]。また1990年代半ばにはプリント倶楽部での写真にポケットベルの番号を記載し公衆電話に貼り付けておく「ベルナンパ」なるものもあった[11]

1995年には男女間にも「出会い」を仲介する出会い系雑誌「じゃマール」がリクルートフロムエーより発刊され、市民権を得る[12]。なお、「出会い系」という言葉はこのじゃマールの中の一カテゴリーだったとする説がある[13][11]。出会い系はさらにおともだちから族、お付き合い族、ケッコン族に細分化されていた。

出会い系サイトの登場

インターネットの「出会い系サイト」は1995年頃までには登場しており、その後増加していった[14]1999年にはNTTドコモ携帯電話によるインターネット接続サービスiモードの提供を開始するなどし、手軽なインターネット接続が普及[15]。携帯電話用の出会い系サイトも急増していく[16]。現在では規制法の影響もあり出会い系サイトの乱立は落ち着き、スマートフォンLINEを利用した「出会い系」が「最前線」であるという[11]。なお荻上によれば、1995年から「援助交際が加速」しているという[11]


注釈

  1. ^ 連載エッセイをまとめたもの。2010 『パリ、娼婦の館』および2013『パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ

出典

  1. ^ a b c 鹿島 2010, p. 277.
  2. ^ a b c 鹿島 2013, p. 98.
  3. ^ 酒井 1930, p. pp.96-97.
  4. ^ a b 鹿島 2010, p. 280.
  5. ^ 鹿島 2013, p. 101.
  6. ^ a b 酒井 1930, p. pp.107-108.
  7. ^ 鹿島 2013, p. pp.101-102.
  8. ^ 鹿島 2010, p. 282.
  9. ^ 鹿島 2013, p. 103.
  10. ^ 荻上 2011, pp. 14,18,24,27.
  11. ^ a b c d e 荻上 2013.
  12. ^ 荻上 & 2011, p. pp.52-56.
  13. ^ 荻上 2011, p. 55.
  14. ^ 荻上 2011, p. pp.62-65.
  15. ^ 荻上 2011, p. pp.70-72.
  16. ^ 荻上 2011, p. 90.
  17. ^ 三橋順子「日本女装昔話」第3回「1960年代の女装世界を語る雑誌『風俗奇譚』」。同誌にはゲイ同士の文通欄や1961年1月号からは女装者専用の交際欄「女装愛好の部屋」が設けられた。
  18. ^ オトコノコのためのボーイフレンド(1986年 少年社)。
  19. ^ インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 第二条による
  20. ^ 荻上 2011, p. pp.90-91.
  21. ^ SNSを悩ます「出会い系」問題の深淵 非出会い系の被害児童数は最悪水準へ 日本経済新聞 2010年12月8日
  22. ^ 「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」第三章 インターネット異性紹介事業の規制
  23. ^ 警察庁広報資料「平成23年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について」
  24. ^ 行政処分受けた「出会い系サイト」 「女性のメール」ほとんど男のサクラ」 J-CASTニュース、2008年5月7日。
  25. ^ 第25回 架空請求・不当請求にご注意!/警察本部/とりネット/鳥取県公式サイト
  26. ^ a b c 栗林 2004, p. pp.32-33.
  27. ^ 栗林 2004, p. 36.
  28. ^ 栗林 2004, p. pp.32-42.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出会い系サイト」の関連用語

出会い系サイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



出会い系サイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出会い系サイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS