ICANとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ICANの意味・解説 

あい☆きゃん

(ICAN から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/29 02:32 UTC 版)

あい☆きゃん』 (I can) は、LiLiMが製作、2009年8月28日に発売したアダルトゲーム[1]、およびそれを原作としたアダルトアニメである。


注釈

  1. ^ 「ついに実現!無敵コラボレーション☆」と銘打たれている。

出典

  1. ^ あい☆きゃん”. Getchu.com. 2016年7月3日閲覧。
  2. ^ 「アイドルKiss!無敵ッス☆」発売記念ライブ”. 2010年1月26日閲覧。
  3. ^ CHMU-2003 民安ともえ×織姫よぞら/アイドルKiss!無敵ッス☆”. 2009年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月26日閲覧。
  4. ^ あい☆きゃん 上巻「そんなこと……したくありませんっ」”. PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。
  5. ^ あい☆きゃん 下巻「わたし……しちゃいました」”. PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。
  6. ^ あい☆きゃん 〜はめドル・レイナ〜囁く憎棒に拒み潤う媚肉〜”. PoRO. エイ・ワン・シー. 2016年4月30日閲覧。


「あい☆きゃん」の続きの解説一覧

核兵器廃絶国際キャンペーン

(ICAN から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 03:46 UTC 版)

核兵器廃絶国際キャンペーン(かくへいきはいぜつこくさいキャンペーン、: International Campaign to Abolish Nuclear Weapons、略: ICAN アイキャン, アイカン)は、各国政府に対して、核兵器禁止条約の交渉開始・支持のロビー活動を行う目的で設立された国際的な運動(キャンペーン)の連合体である[10][11]。赤のピースマーク弾頭(加害の主体を成す部分)が折られたミサイルのイメージがシンボルになっている。




  1. ^ 国連における核兵器禁止条約の成立への貢献[8][9]
  2. ^ : Project Now
  1. ^ a b c d 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d 知恵蔵mini コトバンク. 2018年10月13日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞泉 - ICAN(アイキャン) コトバンク. 2018年10月13日閲覧。
  4. ^ Campaign overview”. International Campaign to Abolish Nuclear Weapons. 2017年10月7日閲覧。(英語)
  5. ^ a b c d “ICAN創設者「核禁止の後押しに」 平和賞に至る道程”. 朝日新聞. (2017年10月6日). http://www.asahi.com/articles/ASKB666GFKB6UHBI03P.html 2017年12月18日閲覧。 
  6. ^ 朝日新聞掲載「キーワード」 コトバンク. 2018年10月13日閲覧。
  7. ^ Contact ICAN”. International Campaign to Abolish Nuclear Weapons. 2017年10月7日閲覧。(英語)
  8. ^ ノーベル平和賞授賞式 核兵器の終わりの始まりに-禁止条約 すべての国で-ICAN事務局長とサーローさん演説 しんぶん赤旗. (2017年12月12日) 2018年10月13日閲覧。
  9. ^ 「核兵器はなくせる」 ICAN国際運営委員の川崎さんが新著 神奈川新聞ニュース (2018年9月19日, 17:51) 2018年10月13日閲覧。
  10. ^ Campaign overview - ICAN公式サイト
  11. ^ 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の概要 - 核兵器廃絶日本NGO連絡会
  12. ^ Onternational Campain to Abolish Nuclear Weapons (ICAN) - Nobel Lecture
  13. ^ AFP- 時事通信社, ロイター, 共同通信社, AP通信. “Anti-nuclear campaign ICAN awarded Nobel Peace Prize”. 2017年10月23日閲覧。
  14. ^ エコノミスト (2017年10月6日). “This year's Nobel peace prize rewards a nice but pointless idea”. https://www.economist.com/news/international/21730075-banning-nuclear-weapons-will-not-do-much-advance-cause-peace-years-nobel 
  15. ^ ICAN フィン事務局長、来年1月長崎へ”. 『毎日新聞』 (2018年1月12日). 2018年1月30日閲覧。
  16. ^ “被爆者尽力で核禁止条約生まれた ICANフィンさん、長崎で感謝の講演”. 東京新聞. (2018年1月14日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011402000102.html 2018年1月14日閲覧。 
  17. ^ ノーベル平和賞 ICAN事務局長が長崎訪問”. 『毎日新聞』 (2018年1月12日). 2018年1月30日閲覧。
  18. ^ WEB特集 ノーベル平和賞 ICAN事務局長が見た「核と日本」”. 日本放送協会 (2018年1月22日). 2018年1月30日閲覧。
  19. ^ 核兵器禁止条約 国会で議論を ICANのフィン事務局長、国会議員と討論集会 /広島”. 『毎日新聞』 (2018年1月23日). 2018年1月30日閲覧。
  20. ^ ICANの事務局長が総本部を訪問”. 創価学会 (2018年1月18日). 2018年1月30日閲覧。
  21. ^ a b 17日午後に帰国。“首相が濃茶を堪能 表千家の「初釜式」でつかの間の息抜き”. 産経新聞. (2018年1月17日). http://www.sankei.com/politics/news/180117/plt1801170034-n1.html 2018年1月18日閲覧。 
  22. ^ “安倍首相、来月欧州6カ国歴訪へ”. 共同通信. (2017年12月14日). https://this.kiji.is/314004187762082913 2017年12月14日閲覧。 
  23. ^ “ICAN japanese(ICAN日本語版公式Twitterアカウント)”. (2018年1月14日). https://twitter.com/nuclearban_jp/status/952665273106132992 2018年1月14日閲覧。 
  24. ^ “核兵器廃絶へ「希望・活力が武器」 ICAN事務局長、広島で若者に”. 朝日新聞. (2018年1月16日). https://digital.asahi.com/articles/DA3S13314775.html?rm=150 2018年1月16日閲覧。 
  25. ^ “ノーベル平和賞のICAN事務局長の来日、安倍政権批判目的だった?主要運営団体は「ピースボート」”. (2018年1月22日). http://www.sankei.com/world/news/180122/wor1801220007-n2.html 2018年1月26日閲覧。 
  26. ^ “ICAN事務局長が広島で講演”. 共同通信. (2018年1月15日). https://jp.reuters.com/article/idJP2018011501001959?il=0 2018年1月15日閲覧。 
  27. ^ “ICANの事務局長 核兵器禁止条約めぐり「日本は国際社会の仲間外れになる」”. ライブドアニュース. (2018年1月17日). http://news.livedoor.com/article/detail/14168523/ 2018年1月17日閲覧。 
  28. ^ a b Partner organizations”. International Campaign to Abolish Nuclear Weapons. 2017年10月23日閲覧。(英語)


「核兵器廃絶国際キャンペーン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ICAN」の関連用語

ICANのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ICANのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあい☆きゃん (改訂履歴)、核兵器廃絶国際キャンペーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS