隠し玉とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 隠し玉の意味・解説 

隠し球

(隠し玉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/13 05:20 UTC 版)

隠し球(かくしだま)とは、野球で、走者に気づかれないように野手がボールを隠し持ち、走者が塁から離れた時に触球して走者をアウトにするトリックプレイを指す。隠し球という言葉は、公認野球規則では定義されておらず用いられてもいないが、一般には広く普及している。英語ではhidden ball trickなどと呼ばれ、こちらも野球規則などに定められているわけではない。


  1. ^ a b c d e f g 室井昌也 (2015年5月29日). “31年前の珍プレー 日本一有名な「隠し球」の主役たち”. 韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン. 2021年6月1日閲覧。
  2. ^ 読売新聞1999年4月4日、27頁
  3. ^ 戦時中の野球ルール
  4. ^ http://www.jhbf.or.jp/rule/specialrule/ 高校野球特別規則 2010年7月31日閲覧
  5. ^ 「◆丸子修学館高校野球部、甲子園を目指す強力な指導体制!新コーチに宮崎郁男さん(64)=長野県上田市秋和=が就任! 同校野球部OBで甲子園出場経験 長野県 上田市」『東信ジャーナル』 2012年3月7日付
  6. ^ 上宮・元木大介、隠し球で抗議電話 初甲子園で見せた「くせ者」の片鱗”. J:COM番組ガイド (2020年3月26日). 2021年5月9日閲覧。
  7. ^ 西武vs南海 11回戦 - 日本プロ野球記録
  8. ^ 4人がかり"史上最大の隠し球" 走者騙されベンチ唖然、気づいた「打者の憤りよ」 - Full-Count
  9. ^ Pitcher completely fools baserunner with elaborate hidden-ball trick - For The Win
  10. ^ Delaware Post One wins American Legion World Series - Delawareonline.com
  11. ^ 1936年、日本プロ野球初年度最初の公式戦、甲子園球場で春に行われた「第1回日本職業野球リーグ戦」の5月4日、セネタース×タイガース戦で記録した。同じ試合で大阪タイガース・藤井勇が日本プロ野球第1号ホームランを放っている(定本・プロ野球40年、報知新聞社、1976年12月、66頁)。
  12. ^ 高橋安幸 『伝説のプロ野球選手に会いに行く』 白夜書房、2008年、32頁
  13. ^ 東京倶楽部のメンバーとして大連実業団との準決勝延長11回裏に記録(小川正太郎、鈴木美嶺、松尾俊治 『都市対抗野球優勝物語』 ベースボールマガジン社、1956年、53頁)。
  14. ^ a b 竹中半平『背番号への愛着』あすなろ社、1978年、172頁
  15. ^ a b 【昭和野球列伝】隠し球の隠し場所は広島・木下の脇の下だった - サンスポ
  16. ^ a b c d “かつてはイチローも魔の手に…球界の“絶滅危惧プレー”?「隠し球」を振り返る”. BASEBALL KING. (2021年4月13日). https://baseballking.jp/ns/column/272817 2021年6月1日閲覧。 
  17. ^ 上宮・元木大介、隠し球で抗議電話。初甲子園で見せた「くせ者」の片鱗【二宮清純コラム】 - J:COMテレビ番組ガイド
  18. ^ オリ山崎浩、隠し球効果で1500万円増 日刊スポーツ 2009年12月4日
  19. ^ “プロ最後の「隠し球」も昔…名手の証言から迫る極意”. 日刊スポーツ. (2020年4月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202004250000437.html 2021年6月1日閲覧。 
  20. ^ プロ野球でボールをすぐ変えるのはなぜ?交換後はどうなるのかも! - スポーツなんでも情報クラブ
  21. ^ プロ野球から「隠し球」が消えて13年。隠し球はなぜ絶滅したのか? 今浪隆博のスポーツメンタルTV 2022/09/02 (2024年3月13日閲覧)
  22. ^ 野球記録調査団体であるレトロシートが、2007年頃まで調査結果をweb上に公表していた。


「隠し球」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隠し玉」の関連用語

隠し玉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隠し玉のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの隠し球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS