叔父と伯父の意味の違いと使い分けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 叔父と伯父の意味の違いと使い分けの意味・解説 

叔父と伯父の意味の違いと使い分け

読み方:おじ

伯父」と「叔父」の意味の違いは、自分の親の兄に当たる人か弟に当たる人かの違いです。つまり、

伯父」は父母の兄、もしくは姉の夫です。
叔父」は父母の弟、もしくは妹の夫です。

ですから、自分の親の兄弟を特に年上年下に関係なく表したいときにはひらがなで「おじ」と書けばよいでしょう

なお、「小父」と書けば、中年男性一般いわゆるおじさん」「オジサン」のことです。

それぞれどういう使い分けになるのか、例文などで詳しく解説していきましょう

伯父」「叔父」の意味・読み方は?

伯父」「叔父」はどちらも読み方は「おじ」です。

伯父は、自分の親の兄弟のうち、年上男性つまり兄を指します。
叔父は、自分の親の兄弟のうち、年下の男性つまり弟を指します。

両親どちらの兄弟についても使い父方母方かは関係ありません。

同様に、親の姉妹のうち、親の姉の呼び方は「伯母(おば)」、親の妹の呼び方は「叔母(おば)」と書き分けます。

伯母結婚相手も「伯父」、叔母結婚相手も「叔父」と呼びます。特に「義理叔父」のように説明付ける必要はありません。

父方伯母結婚した男性が、父よりも年下であったとしても、その配偶者男性は「伯父」という呼びになります同様に父方叔母配偶者が、父よりも年上に当たるとしても「叔父」と書きます。あくまで、親と直接兄弟姉妹である人物年上年下区別が決まるわけです。

上のことを踏まえ改めて厳密な定義を書いておきましょう

伯父は、自分父母の兄、もしくは自分父母の姉と結婚した男性です。
叔父は、自分父母の弟、もしくは自分父母の妹と結婚した男性です。

伯父」「叔父」の使い方使い分けは?

伯父叔父区別は、自分の親よりも年上年下かで使い分けをします。年上兄な伯父年下の弟なら叔父です。

例えば、小説家島崎藤村の「ふるさと」という作品でも、意識的使い分けがされています。

父さん兄弟中に三つの上な友伯父さんといふ人がありました。

これは、父の三つ年上の兄だから、伯父さんという漢字表記をしているわけです。

日常では「おじ」とひらがなで書いて区別をしないこともありますが、結婚式などのあらたまった席では漢字表記の方が引き締まります。結婚披露宴席次表では、「新郎伯父」のように肩書を入れるのが一般的ですが、伯父叔父漢字変換間違ないようにしなくてはなりません。

披露宴の席配置などを決める際、伯父叔父両方がいる場合には、年上である伯父の方により敬意を払って、上座(かみざ)に座ってもらう必要があります

なお、親族近さを表す親等しんとう)は、伯父叔父どちらも3親等で同じです。伯父叔父伯母叔母など、男女長幼に関係なく、みな3親等なのです

伯父」「叔父」の語源言葉成り立ち由来漢字字義は?
伯父叔父区別ルーツ中国あります

中国成人男子は、氏名の他に「字(あざな)」と呼ばれる別名・通称付けていました。例えば、後漢末期から三国時代蜀漢軍師として有名な「諸葛亮しょかつりょう)」の字は「孔明こうめい)」でした。

特に古代、この字を付ける際に、兄弟順序分かる字を入れることがありました。

長男:伯・孟
次男:仲
三男:叔
四男もしくは末子:季
五男もしくは末子:幼

このうち長男を意味する「伯」と三男を意味する「叔」の字が「伯父」「叔父」の由来になったのです。

ただし、日本で「伯父」「叔父」と使う場合別に長男三男限りません。

伯父」「叔父」の用例例文

伯父叔父用例例文には次のようなものがあります

十年前の彼は、自分伯父を少しも愛していないと、本気で、そう考えていた。(中島敦斗南先生』)
・父が叔父そういう風な話をしたというのもあり得べき事と考えました。(夏目漱石『こころ』)

伯父叔父を特に区別しないとき、あるいは、親の兄も弟もまとめて表すときにはひらがな表記するのが一般的です。

太郎はてまえを裏切たばかりでなく、おじらをもまた裏切っているのです。(海音寺潮五郎平将門 中巻』)

漢字のままで伯父叔父まとめて書いた例には「皇伯叔父及びその子孫」(皇室典範第二条)があります

 「小父」という漢字表記場合は?
パソコンスマートフォン漢字変換をすると、「小父」という表記も出てきます。
小父」の意味は、親族関係にない中年男性です。したがって、「小父さん」という呼称は、親戚のおじさんではなく他人おじさん中年男性一般に対して使うことになります。丁寧にすれば小父様」、口頭くだけた表現では「小父ちゃん」となります。
言い方によっては、「もう小父さんなんだから、年甲斐のないことは止めなさいよ」のように、もう若くはない、というネガティブ意味合いがこもります。
いずれの場合も、現代日常生活においては、特に漢字表記をしないで、ひらがなカタカナ書き表される方が一般的です。

小父さん」の用例
田崎小父さんが帰ったあとで、父は家内の者にこんなことを言った。(岡本綺堂探偵夜話』)
いつになく、母がきれいに化粧して、知らない小父さんと並んで俯向いていた。(吉川英治新書太閤記(一)』)
・目を患っているおじさんにはもうそれさえよく見えないでいるらしかった。(堀辰雄花を持てる女』)
・私はどうも、心の底では自分オジサンと思っていなかったらしいのだ。(南伸坊『笑う茶碗』)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

叔父と伯父の意味の違いと使い分けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



叔父と伯父の意味の違いと使い分けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS