おてもととは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 丁寧表現辞書 > おてもとの意味・解説 

お‐てもと【御手元/御手許】

相手敬ってその手元をいう語。「―の資料をご覧ください

料理屋などで、客の手元に置くところから》箸(はし)。


お手元

読み方:おてもと

名詞手元」に、接頭辞「お」がついたもの。

御手許

読み方:おてもと

名詞手許」に、接頭辞「御」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おてもと

大阪弁 訳語 解説
おてもと お手元手元に置くべき物の意。女房言葉。おてもとはございますか。


御手許

読み方:おてもと

  1. はし(箸)の異称
  2. おてもと、箸の事。花柳用語。
  3. 箸。
  4. 花柳界にて箸のことをいふ。箸は端に音が通じて縁起が悪いから、かついでお手元といつたものである
  5. 〔隠〕花柳界にて箸のことをいふ。箸は端に音が通じて縁起悪しとかついでかくいふのである
  6. 箸のことをいふ。
  7. 箸を云ふ。〔花柳界語〕
  8. 箸のこと、箸は端に音が通じて縁起が悪いから。
  9. 〔花〕箸。

分類 花柳用語、花柳界花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

割り箸

(おてもと から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 20:56 UTC 版)

割り箸割箸(わりばし)とは、割れ目を入れてあり、使うときに二つに割るのことである。


  1. ^ a b c d e f g h 「割箸」と環境問題 森林林業学習館
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 勝田春子. “食文化における箸についての一考察 : わが国における箸の変遷 (第3報) (明治時代∼昭和時代)”. 学校法人文化学園. 2019年11月15日閲覧。
  3. ^ お箸の話”. 大月. 2020年4月4日閲覧。
  4. ^ 田中淳夫『割り箸はもったいないか』、2007年。ISBN 978-4-480-06364-9
  5. ^ 「下市はわりばしの発祥の地です」”. 下市町 (2016年2月26日). 2020年4月4日閲覧。
  6. ^ a b c こども森林館 森林Q&A”. 林野庁. 2012年12月25日閲覧。
  7. ^ 平成20年版環境・循環型社会白書 (PDF)”. 環境省 (2008年). 2011年2月6日閲覧。
  8. ^ a b c d 「割箸」と環境問題 東京箸業組合
  9. ^ 環境への取り組み”. 大和物産. 2012年12月25日閲覧。
  10. ^ お箸について”. 大和物産. 2012年12月25日閲覧。
  11. ^ 割りばしに残留する亜硫酸塩の測定法について”. 奈良県保健環境研究センター年報・第43号・平成20年度. 2015年7月1日閲覧。
  12. ^ 王子ホールディングス株式会社


「割り箸」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おてもと」の関連用語

おてもとのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おてもとのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2020 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの割り箸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS