偏微分 多変数の合成関数の微分公式・変数変換

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 微分 > 偏微分の解説 > 多変数の合成関数の微分公式・変数変換 

偏微分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/07 08:47 UTC 版)

数学多変数微分積分学における偏微分(へんびぶん、partial derivative)は、多変数関数に対して一つの変数のみに関する(それ以外の変数は定数として固定する英語版微分である(全微分では全ての変数を動かしたままにするのと対照的である)。偏微分はベクトル解析微分幾何学などで用いられる。


  1. ^ Adrien-Marie Legendre, Sur la mainère de distinguer les maxima des minima dans le calcul des variations, Mém. Acad. Sci.,
  2. ^ Miller, Jeff (2009年6月14日). “Earliest Uses of Symbols of Calculus”. Earliest Uses of Various Mathematical Symbols. 2009年2月20日閲覧。


「偏微分」の続きの解説一覧





偏微分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

偏微分に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「偏微分」の関連用語

偏微分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

由良海水浴場

XL883N

内装

野縁

5000形

耶馬日田英彦山国定公園

カージナル・テトラ ショートライン

不動滝の霊水





偏微分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偏微分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS