裏打ち 裏打ちの概要

裏打ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 20:26 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

表装技術

水彩画水墨画など掛軸額装において、裏側にさらになどを張り、水分乾燥による起伏をなくしたり丈夫にすること。

書を掛軸にする場合などで行われる工程のひとつ。本紙(書画が書かれた紙)より大きめの湿らせた和紙に本紙を重ね、霧吹き刷毛でシワを取り除き、別の裏打ち用の和紙にのりを塗り裏返した本紙に重ねて貼り付け、最初の和紙を取り除く一連の作業を指す。

小学校の書道などで児童の作品を裏打ちする場合は、簡易的な市販の裏打専用紙が用いられ、霧吹きで半紙を湿らせてアイロンで貼り付ける。

資料修理

和装本や洋装本など紙資料の修理にも用いられる[1]。ただし、補修した部分が厚くなり硬くなる欠点もある[1]

裏打ち紙に糊をつけて貼る方法を投げ打ち、本紙に糊をつけて貼る方法を直打ちという[1]。直打ちは本紙を傷めるおそれが高いため一枚物の地図など限定的に用いられる[1]

出典


  1. ^ a b c d e f 裏打ちとその工程”. 東京都立図書館. 2020年8月30日閲覧。


「裏打ち」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「裏打ち」の関連用語

裏打ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



裏打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裏打ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS