液果 種子散布

液果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/21 22:06 UTC 版)

種子散布

広義の液果に含まれる果実(漿果、ミカン状果、ウリ状果、ナシ状果、核果)の多くは鳥類哺乳類に食べられ、種子(核果の場合は硬化した内果皮に包まれた種子)が糞やペリットとして排出されることで種子散布される(下図7)。このような種子散布様式は、被食散布や周食散布とよばれる[30][31]。液果の果皮はふつうや水分、脂質などに富み、動物にとって魅力ある可食部になっている[30]。ナシ状果では、果皮ではなくそれを囲む花托部が主な可食部になっている。他にもイチゴクワシラタマノキグミバライチジクモクレンなどの果実は液果ではないが、花托や花被種皮などが可食部となることで被食散布される[30]

鳥によって散布される果実はふつう匂いを欠き(鳥の嗅覚はふつう弱い)、成熟しても自然落下しにくく高い位置についているものが多いが、哺乳類によって散布される果実は、ときに強い匂いをもち、低い位置についていたり自然落下しやすいものが多い[32]

7a. メジロに食べられるトキワサンザシバラ科)の果実(ナシ状果)
7b. ミカドバトに食べられるインドナツメ(クロウメモドキ科)の果実(核果)
7c. ヒグマに食べられるナシ状果
7d. ニルギリラングールに食べられる果実

動物被食散布される液果(特に鳥によって散布される液果)は、ふつう赤や黒など目立つ色になることで動物による視認性を高めている[30][32][33]。可視光のみではなく、紫外線を用いている例もあると考えられている[30]。果実の成熟度によって色が変わることもあり、複数の色でより目立たせる効果や、未熟な果実を避けてもらう効果があると考えられている[30][32][34]

トマトカキノキの果実では、種子が粘液質で包まれており、砂嚢や歯ですり潰されることを防いでいると考えられている[30]


注釈

  1. ^ そのためアケビの果実は、裂開する液果とも、液質の袋果ともされる[3][4]
  2. ^ 複数形は baccae である[6]
  3. ^ 可食部は果皮ではなく仮種皮である[8]
  4. ^ a b ただしこれらの科の中には、異なるタイプの果実を形成する種を含む科もある。
  5. ^ 複数形は bacceta である[12]
  6. ^ 複数形は bibaccae である[15]
  7. ^ 複数形は hesperidia である[17]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 清水建美 (2001). 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 96–108. ISBN 978-4896944792 
  2. ^ a b 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “液果”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 123. ISBN 978-4000803144 
  3. ^ a b c d e f g h i 原襄・西野栄正・福田泰二 (1986). “果実”. 植物観察入門 花・茎・葉・根. 培風館. pp. 47–68. ISBN 978-4563038427 
  4. ^ a b c d 岩瀬徹・大野啓一 (2004). “いろいろな果実”. 写真で見る植物用語. 全国農村教育協会. pp. 118–126. ISBN 978-4881371077 
  5. ^ a b c d e f 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編), ed (2015). “植物用語の図解”. 改訂新版 日本の野生植物 1. 平凡社. pp. 10–17. ISBN 978-4582535310 
  6. ^ bacca”. Merriam-Webster Dictionary. 2022年12月14日閲覧。
  7. ^ 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “漿果”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 653. ISBN 978-4000803144 
  8. ^ a b c d e f Armstrong, W.P.. “Identification Of Major Fruit Types”. Wayne's Word. 2022年12月4日閲覧。
  9. ^ a b berry”. Encyclopaedia Britannica. 2022年12月8日閲覧。
  10. ^ ベリー類”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月8日閲覧。
  11. ^ a b 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 (2012). 草木の種子と果実. 誠文堂新光社. pp. 22–249. ISBN 978-4-416-71219-1 
  12. ^ baccetum”. Flore du Québec. 2022年12月14日閲覧。
  13. ^ a b c d Stuppy, W. (2004). Glossary of Seed and Fruit Morphological Terms. Seed Conservation Department, Royal Botanic Gardens, Kew, Wakehurst Place. pp. 1–24 
  14. ^ Judd, W.S., Campbell, C.S., Kellogg, E.A., Stevens, P.F. & Donoghue, M.J. (2015). “Annonaceae”. Plant Systematics: A Phylogenetic Approach. Academic Press. pp. 253–255. ISBN 978-1605353890 
  15. ^ Meades, S. J. & Meades, W. J.. “GLOSSARY”. Flora of Newfoundland and Labrador. 2022年12月14日閲覧。
  16. ^ a b Spjut, R.W. (2015年). “A Systematic Treatment of Fruit Types”. The World Botanical Associates Web Page. 2022年12月5日閲覧。
  17. ^ hesperidium”. Merriam-Webster Dictionary. 2022年12月14日閲覧。
  18. ^ a b 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “ミカン状果”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 1352. ISBN 978-4000803144 
  19. ^ 瓤嚢”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月5日閲覧。
  20. ^ 柑橘類”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月4日閲覧。
  21. ^ 瓜状果”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月3日閲覧。
  22. ^ Armstrong, W.P.. “The Wild & Wonderful World Of Gourds”. Wayne's Word. 2022年12月4日閲覧。
  23. ^ a b c 山崎敬 (編集), 本田正次 (監修), ed (1984). “1. 果実”. 現代生物学大系 7a2 高等植物A2. 中山書店. pp. 101–110. ISBN 978-4521121710 
  24. ^ 池田博・池谷祐幸・勝本俊雄 (2016). “バラ科”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 3. 平凡社. pp. 23–88. ISBN 978-4582535334 
  25. ^ 仁果類”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月8日閲覧。
  26. ^ Cole, T.C.H & Ikeda, H. (2020年). “バラ科の系統樹 (Japanese), 2020”. 2022年12月8日閲覧。
  27. ^ a b 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “ナシ状果”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 1025. ISBN 978-4000803144 
  28. ^ 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “石果”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 781. ISBN 978-4000803144 
  29. ^ 核果”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月8日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g 小林正明 (2007). “動物に食べられて(被食散布)”. 花からたねへ 種子散布を科学する. 全国農村教育協会. pp. 105–158. ISBN 978-4881371251 
  31. ^ 福原達人. “8-4. 動物被食散布”. 植物形態学. 福岡教育大学. 2022年12月8日閲覧。
  32. ^ a b c 岡本素治 (1992). “果実の形態にみる種子散布 (総説)”. 植物分類, 地理 43 (2): 155-166. doi:10.18942/bunruichiri.KJ00001078987. 
  33. ^ 斎藤新一郎 (2000). “被食型散布”. 木と動物の森づくり. 八坂書房. pp. 91–99. ISBN 978-4896944600 
  34. ^ 岡本素治, 小林正明, 脇山桃子 (2011). “果実の論理”. 種子のデザイン 旅するかたち. INAX出版. pp. 61–64. ISBN 978-4-86480-700-5 


「液果」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「液果」の関連用語

液果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



液果のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの液果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS