クレヨン クレヨンの概要

クレヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 19:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
クレヨン
クレヨンを使った絵
クレヨンの撥水性を利用した描画

概要

エンカウスティークを原型とし、レオナルド・ダ・ヴィンチの手記に類似画材の製法が記載されるなど成立には諸説あるが、現代の様式のものは19世紀フランスで発明された[1][2]。アメリカでは1903年にビニー&スミスが「クレヨラ英語版」クレヨンを生産、日本では大正期に自由画教育を機に普及した。

手を汚さず手軽に彩色描画ができ、色鉛筆のように尖っておらず鉛筆削りも必要なく、おおく無害であることから、初等教育児童画によく利用される。クレヨンは基本的に硬質で塗り重ねを苦手とするが、紙肌を反映した素朴なマチエールを持った、耐水性のある鮮やかな描線が得られる。クレヨンから発展したオイルパステル(「クレパス」など)はより軟らかく技法の応用性に富む[3]。日本ではオイルパステルの製法(材料に液体体質顔料が加わる)を一部取り入れて面描適性を改善した軟質クレヨンが1957年に開発され、以来主流として普及している[2]

crayon は、フランス語の ‘craie’白亜)に接尾辞 ‘on’(小片)が組み合わさった言葉で、元来は固形描画材一般に使われる[1][2]。欧米では crayon鉛筆を指したり、棒状の画材諸々が「チャコールクレヨン」や「コンテクレヨン」などと呼ばれることがあるが、それぞれ蝋製のクレヨンとは区別される[4]

種類

通常のタイプの他に各種が各社から販売されている。

ヨーロッパの玩具の安全規格(EN 71)を満たした製品にはCEマークが付され、米国画材・工芸材料協会(ACMI)の基準を満たした製品にはAPマークが付される。日本産業規格(JIS)にもEN 71に準じる安全規格を含んだJIS S 6026「クレヨン及びパス」があるが、1998年以降は日本絵具クレヨン工業協同組合がJIS表示許可を返上したことから[7]、JISマークは付さず規格に沿った自主検査が行われている。クレヨンを含む玩具の安全性に関わる国際規格には、ISO 8124がある。


  1. ^ a b Q&Aコーナー 8.クレヨンとパスの起源と歴史, 日本絵具クレヨン工業協同組合, 2015年9月11日閲覧.
  2. ^ a b c 亀川學「絵具講座 (第VIII講) クレヨン・パス」『色材協会誌』第75巻第10号、色材協会、2002年、 500-504頁、 doi:10.4011/shikizai1937.75.500
  3. ^ 清水靖子 , サクラコラム「クレパス・クレヨンはどう違う」, 株式会社サクラクレパス, 2015年9月11日閲覧.
  4. ^ Crayon, Conservation & Art Materials Encyclopedia Online, Museum of Fine Arts Boston, 2015年9月11日閲覧.
  5. ^ Wax crayon”. Conservation & Art Materials Encyclopedia Online. Museum of Fine Arts, Boston (2016年). 2019年10月15日閲覧。
  6. ^ リトクレヨン”. 造形ファイル. 武蔵野美術大学 (2007年). 2019年10月15日閲覧。
  7. ^ 日本絵具クレヨン工業協同組合沿革, 日本絵具クレヨン工業協同組合, 2015年9月11日閲覧.


「クレヨン」の続きの解説一覧



クレヨンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレヨン」の関連用語

クレヨンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クレヨンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレヨン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS