麻田剛立とは?

あさだごうりゅう -がうりふ 【麻田剛立】 ○

1734~1799江戸中期天文学者医者豊後の人。本名綾部妥彰。杵築藩侍医であったが脱藩して大坂移り西洋天文学知識取り入れ独特の暦学をたてる。高橋至時よしとき)・間重富はざましげとみ)はその弟子

麻田剛立(あさだごうりゅう 1734-1799)

 天文・暦学者医学者
 麻田剛立は、杵築藩儒者綾部絅(けい)斎の四男として生まれ医学学びながら天文学暦学独学し、天明 6年(1786)の日食予報的中して世に知られた。
 直弟子であった高橋至時次男渋川景佑記述によれば、剛立の郷里での日月食の観測は、宝暦 7年(1757)24歳の時から10数回にも及び天文学暦学実力かなりのものになっていた。
 明和 4年(1767)には杵築藩主の侍医となったが、勉学時間惜しさ辞職申し入れたが受け入れられず、安永元年(1772)に脱藩して大阪に出て、祖先出身地の国東郡麻田村にちなんで、麻田を名乗った。その後現在の大阪市東区本町医業しながら、更に天文観測などに没頭研究重ね麻田暦学を開いた。
 寛政 7年(1795)幕府改暦の儀があり、剛立に白羽の矢が立ったが、高齢理由辞退門人高橋至時間重富推挙した(最近になって、これは誤りであるといわれている)。この結果二人江戸に出て寛政改暦中心的役割を果たすことになり、その後忠敬との結びつくことになる。
 剛立の功績は、「歴象考成」をベースにした暦学に関する著作消長法(日・月五惑星運動に関係する常数年月により変化すること)を加味した独自の暦学などの研究である。さらに特筆すべきことは、門下から高橋至時間重富西村太沖、山片蟠桃といった優秀な弟子輩出したことである。この中には測量地図作成関わりのある者が多く、剛立なくしては、至時の天文学発展や忠敬の測量地図作成がなかったともいえる。

麻田剛立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 03:46 UTC 版)

麻田 剛立(あさだ ごうりゅう、享保19年2月6日1734年3月10日) - 寛政11年5月22日1799年6月25日))は、江戸時代日本天文学者[1]である。


  1. ^ a b c d e f g h i 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、13-14頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  2. ^ 『月のえくぼ(クレーター)を見た男 麻田剛立』。


「麻田剛立」の続きの解説一覧



麻田剛立と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麻田剛立」の関連用語

麻田剛立のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



麻田剛立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
copyright (c) オフィス 地図豆 All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻田剛立 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS