色情トルコ日記とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 色情トルコ日記の意味・解説 

色情トルコ日記

原題:
製作国:日本
製作年:1974
配給:東映
スタッフ
監督:山口和彦 ヤマグチカズヒコ
脚本:掛札昌裕 カケフダマサヒロ

中島信昭 ナカジマノブアキ
企画:吉田達 ヨシダトオル

坂上順 サカガミスナオ
撮影:中島芳男 
音楽:河辺公一 
美術:北川弘 キタガワヒロシ
編集:田中修 
録音:井上賢三 イノウエケンゾウ
スチール:加藤光男 カトウミツオ
助監督:馬場昭格 
照明:銀屋謙蔵 ギンヤケンゾウ
キャスト(役名
梅宮辰夫 ウメミヤタツオ (駒田拓也)
佐藤蛾次郎 サトウガジロウ (三毛猫
鈴木サミ スズキサミ (宇野幾雄)
田島晴美 タジマハルミ (咲子
小林千枝 コバヤシチエ (ローズ
舞砂里 マイサリ (メリー松山
谷本小代子 タニモトサヨコ谷本小夜子 (花電車お菊
伊藤慶子 イトウケイコ (玉枝
伊達三郎 ダテサブロウ (山仁)
団巌 ダンイワオ (角田
白石襄  (黒眼鏡
亀山達也 カメヤマタツヤ (仔分)
清水照夫 シミズテルオ (仔分)
畑中猛重 ハタナカタケシゲ (仔分)
相馬剛三 ソウマゴウゾウ (大石
伊達弘 ダテヒロシ (客)
桐島好夫 キリシマヨシオ (客)
山本緑 ヤマモトミドリ (支配人
小松方正 コマツホウセイ (川)
高月忠 タカツキチュウ (屋台主人
須賀良 スガリョウ (小男会社員
沢田浩二 サワダコウジ (スタンド員)
太古八郎 タコハチロウタコ八郎 (クソ船の親爺
山田甲一 ヤマダコウイチ (山仁の社員
木村修 キムラオサム (山仁の社員
佐藤晟也 サトウセイヤ (ストリップ小屋支配人
鈴木暁子 スズキアキコ (主婦連
シャロン・ケリー  (ダイアナ・モンロー)
解説
アメリカポルノ女優シャロン・ケリー特別出演して、梅宮辰夫濃厚セックス戦を展開するポルノ喜劇脚本は「暴力街(1974)」の掛札昌裕中島信昭監督は「ネオンくらげ 新宿花電車」の山口和彦撮影は「セックスドキュメント 金髪コールガール」の中島芳男それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ポルノ・ブローカーの駒田拓也は、売春防止法違反などで懲役ヵ月に服し、出所した。以前、拓也は彼の巨大ジュニアにものを言わせて女たち集め商売繁盛させていたが、彼が服役中不景気押し寄せて、女たち散り散りになっていた。おまけに肝心ジュニアがいざ、という時に勃起せず、女たちに見むさもされない。お先真っ暗な拓也が、助手途方くれていると、突如頭上飛んでいた米軍ジェット機から、半裸金髪美人パラシュートに乗って降りて来た。拓也は、これぞ天の恵みと、金髪美人を車に乗せるが、追跡車の襲撃にあい、猛スピードデッド・ヒートを展開。ところが、拓也たちが危機一髪になった時、突然拓也のジュニアが目を醒した。喜んだのは金髪美人--ダイアナ・モンロー、激しく拓也にのりかかっていった。翌日から、ダイアナは拓也の巨大ジュニアに憑かれたように、彼の言いなりになった。十人もの団体客一人相手にしたり、精力絶倫の老社長ノック・アウトしたり、ダイアナは、たちまち拓也の国際芸能プロを潤した。しかし、ダイアナコントロールできる、肝心の拓也のジュニアが言うことをきかない。拓也の妹・咲子とその情夫宇野相談するが、緊張状態になると勃起する、という珍しい症状だった。そんなある日、拓也は再びやくざ風の男たちに襲われ、身の危険感じたために、ダイアナ料亭売りとばした。だが、その料亭ダイアナは、元やくざのボス角田と、商事会社社長の山仁に捕えられた。ダイアナは彼女が知らないうちに米軍将校から、横流し石油秘密文書たずさえて来たのだった一方、その文書を手に入れた拓也は、山仁をべテンにかけて一億円を巻き上げてしまった。多勢殺し屋から追撃される拓也とモンロー。ところが疾走するスポーツカーの中で、またまた拓也のジュニア勃起し、ダイアナ抱きついた。激しく絡みあう二人見て呆気にとられた迫っ手が次次ハンドルを失い、ガードレール激突ていったそのまま二人ホテル燃え上ったが、翌日、拓也がダイアナ一億円が消えているのに気付いた時、ダイアナは既に機上の人となっていた。

色情トルコ日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/29 03:41 UTC 版)

色情トルコ日記』(しきじょうとるこにっき)は、1974年(昭和49年)製作の日本映画シャロン・ケリー梅宮辰夫主演、山口和彦監督。東映東京撮影所製作、東映配給。R18+[1]


  1. ^ 色情トルコ日記 - 文化庁日本映画情報システム
  2. ^ 色情トルコ日記”. 日本映画製作者連盟. 2018年8月26日閲覧。
  3. ^ a b 70's東映プログラムピクチュアの雄 山口和彦NIGHTS/ラピュタ阿佐ケ谷
  4. ^ a b 佐藤蛾次郎「早く帰りたい」と米女優が囁いた京王プラザの夜
  5. ^ a b c d e f 「またぞろポルノ再開の東映」、『週刊読売』1975年2月1日号、読売新聞社、 33頁。
  6. ^ 猥褻 1993, pp. 144-145.
  7. ^ a b AV革命史 2009, pp. 21-25.
  8. ^ a b c d e f g h i j k 藤木TDC「藤木TDCのヴィンテージ女優秘画帖 第38回 『ラスト・スケバン・スタンディング』 その7」、『映画秘宝』2009年9月号、洋泉社、 99頁。藤木TDC「藤木TDCのヴィンテージ女優秘画帖 第39回 『ラスト・スケバン・スタンディング』 その8」、『映画秘宝』2009年8月号、洋泉社、 99頁。
  9. ^ a b ピンク映画史 2014, pp. 240-243.
  10. ^ a b c d e f g セクシーダイナマイト 1997, pp. 234-235.
  11. ^ a b c d e 「邦画新作情報」、『キネマ旬報』1974年3月下旬号、キネマ旬報社、 170 - 171頁。
  12. ^ 中野貴雄「東映不良性感度映画の世界 何といい湯加減な! 温泉芸者とポルノ時代劇」、『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 55頁。
  13. ^ a b c d e f g h i j PV 1999, pp. 248-251.
  14. ^ a b c d e f g h i j k 「"世界のベスト・オナペット"が聞いてあきれる"本番女優"S・ケリーの意外な滞日行状記」、『週刊文春』1973年11月5日号、文藝春秋、 148頁。
  15. ^ a b c d 「〈噂の女〉 最後の東映ポルノに主演するシャロン・ケリー」、『週刊文春』1974年3月18日号、文藝春秋、 148頁。
  16. ^ a b c PV 1999, pp. 250-251.
  17. ^ a b c d e f g h i j 「梅宮辰夫にいどむシャロン・ケリーの"ウタマロ殺し"」、『週刊ポスト』1974年3月8日号、小学館、 43頁。
  18. ^ 「"スウェーデンの小百合"の露出料はいくらか」、『週刊ポスト』1973年2月2日号、小学館、 36頁。
  19. ^ a b c d 「〈タウン〉 ズバリ恥部も披露 シャロン嬢の売込み」、『週刊新潮』1974年3月14日号、新潮社、 13頁。
  20. ^ a b c d e f 「〈LOOK〉 ヘアが自慢の"本番ポルノ女優"」、『週刊現代』1973年10月18日号、講談社、 39頁。
  21. ^ a b c d 「〈タウン〉『アワ踊り』シャロン・ケリーの恍惚」、『週刊新潮』1974年4月4日号、新潮社、 13頁。
  22. ^ 高崎俊夫「〔映画美女と色男〕 インタビュー・荒木一郎 『わが映画人生』」、『文學界』2016年11月号、文藝春秋、 165頁。
  23. ^ 不良番長浪漫 2017, p. 152.
  24. ^ a b c d 「《ミッキー安川の出撃対談》 ゲスト=シャロン・ケリー(24) 『サイダー瓶の太さだけはできないわ』」、『週刊ポスト』1974年3月22日号、小学館、 58 - 62頁。
  25. ^ a b c d e f PV 1999, pp. 252-255.
  26. ^ a b c d e 「〈LOOK〉 東映が追及する新しい金脈とは」、『週刊現代』1975年1月2日号、講談社、 35頁。
  27. ^ ピンク水滸伝 1983, pp. 223-225.
  28. ^ 「幻のポルノ『深いノド』(なんと字幕にオ〇〇コ)上陸す」、『週刊文春』1975年4月23日号、文藝春秋、 21頁。
  29. ^ 「東映不良性感度映画の世界 東映不良性感度HISTORY 1974」、『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 62頁。
  30. ^ ピンク水滸伝 1983, p. 162.
  31. ^ 藤木TDC「東映不良性感度映画の世界 アラン・ドロンから洋ピンまで 東映洋画の世界」、『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 55頁。
  32. ^ a b c d e f 雑学読本 1983, pp. 158-160.
  33. ^ 「ウの目・タカの目『注釈なしでは脱げません』」、『週刊文春』1974年4月8日号、文藝春秋、 23頁。
  34. ^ a b 「あんぐる大学祭にもてるポルノ映画」、『読売新聞』夕刊9頁、1972年10月14日、読売新聞社
  35. ^ a b 「映画・トピック・ジャーナル 次元の低さ!? "馬淵ポルノ発言"」、『キネマ旬報』1973年8月上旬号、キネマ旬報社、 162頁。
  36. ^ 「山口組―続編またトラブル東映が製作を強行全防連は中止へ運動」、『読売新聞』夕刊9頁、1974年7月5日、読売新聞社
  37. ^ 布村建「極私的東映および教育映画部回想」、『映画論叢』第18巻2014年7月号、国書刊行会、 25 - 27頁。
  38. ^ 佐伯俊道「SCENARIO PEOPLE わが師、わが友」、『シナリオ』1986年10月号、日本シナリオ作家協会、 98 - 100頁。
  39. ^ 川本三郎「プロフェッショナル・110 山口和彦」、『キネマ旬報』1975年12月下旬号、キネマ旬報社、 137頁。
  40. ^ a b c 「イーデスハンソン対談(18) 〈ゲスト〉シャロン・ケリーさん 『"寝よう"といわれて"いやだ"と答える自由について』」、『週刊文春』1974年3月25日号、文藝春秋、 148頁。
  41. ^ 高沢瑛一・高りょう「本番女優・シャロン・ケリーの日本上陸」、『「映画芸術」1974年6~7月号 編集プロダクション映芸 pp.90–92』。
  42. ^ a b c d e f 「〈LOOK〉記者が失神! 外人ポルノ女優の特出し会見」、『週刊現代』1974年3月14日号、講談社、 37頁。
  43. ^ 不良番長浪漫 2017, p. 151.
  44. ^ 『色情トルコ日記』@ラピュタ阿佐ヶ谷 まさかの白裸シャロン・ケリー - Kiichiro Yanasita (@kiichiro) - Twitter
  45. ^ ピンク映画史 2014, pp. 263-266.
  46. ^ 復活!東映ニューポルノのDeepな世界/ラピュタ阿佐ケ谷鈴木義昭「日本セクスプロイテーション映画興亡史 (第9回)東映500万ポルノ~ 誕生から衰退まで」、『映画秘宝』2009年8月号、洋泉社、 62 - 65頁。「東映不良性感度映画の世界 忘れられた東映500万ポルノの世界」、『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 61頁。「甦る東映ニューポルノの世界!」、『映画秘宝』2013年8月号、洋泉社、 69 - 69頁。「東映不良性感度映画の世界 忘れられた東映500万ポルノの世界」、『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 61頁。
  47. ^ 深尾道典「東映ポルノ路線」、『シナリオ』1974年11月号、日本シナリオ作家協会、 80-81頁。
  48. ^ 猥褻 1993, pp. 223-226.
  49. ^ 黒沢清四方田犬彦吉見俊哉李鳳宇(編) 「内藤誠 『日本映画とやくざ、あるいは不良性感度の時代』」『日本映画は生きている 第四巻 スクリーンのなかの他者岩波書店2010年、280 - 281頁。ISBN 978-4-00-028394-6
  50. ^ ピンク水滸伝 1983, p. 234.
  51. ^ ピンク映画史 2014, pp. 311-317.
  52. ^ 猥褻 1993, pp. 226-228.
  53. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』 キネマ旬報社、1980年、675 - 676頁。


「色情トルコ日記」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「色情トルコ日記」の関連用語

色情トルコ日記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



色情トルコ日記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色情トルコ日記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS