リクリエーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > リクリエーションの意味・解説 

リクリエーション【recreation】


レクリエーション

(リクリエーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 13:50 UTC 版)

レクリエーション: recreation)は、自由時間などに娯楽として行われる、自発的・創造的な様々な余暇の活動のことである。略してレクとも呼ばれる。リクリエーションレクレーションなどとも表記される[1][2]


  1. ^ デジタル大辞泉レクリエーション』 - コトバンク
  2. ^ レクリエーション(recreation)の意味” (日本語). デジタル大辞泉小学館). 2022年9月16日閲覧。
  3. ^ a b c 世界大百科事典 第2版『レクリエーション』 - コトバンク
  4. ^ 溝尾良隆 『観光学 基本と実践』(改訂新)古今書院、2015年、15-17頁。ISBN 978-4-7722-3164-0OCLC 903211645 
  5. ^ a b 日本大百科全書 (田村穣生)『レクリエーション』 - コトバンク


「レクリエーション」の続きの解説一覧

リクリエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 08:15 UTC 版)

ピスガー山 (ノースカロライナ州)」の記事における「リクリエーション」の解説

ブルーリッジ・パークウェイマイル407西側沿いにある『ピスガー山駐車場』と名付けられ見晴らしの良い高台トレイルスタート地点である。このトレイルは1.6マイルで、頂上付近はかなり急勾配のため熟練者向きである。頂上テレビ塔付近に小さな展望台がある。素晴らしい眺めである。 テレビ塔下にはWLOS送信局まで太いケーブルが続く。谷底から山まではかつてテレビ塔建設使用されていたケーブルカーが現在も運行されており、悪天候際に送信局技術者がこれを利用している。 また、ピスガー山駐車場付近にはバック・スプリングというトレイルスタート地点もあり、短い距離ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世狩猟小屋基礎の岩が残っている歴史的地域行くことができる。 パークウェイマイル407東側にはピスガー山ピクニック・エリアがあり、グリルテーブルトイレ設備もある。障がい者にも利用しやすい施設となっている。 ブルーリッジ・パークウェイマイル408にはピスガー・インのレストラン土産物店がある。ピスガー・インのキャンプ場からもいくつかのトレイル行くことができる。

※この「リクリエーション」の解説は、「ピスガー山 (ノースカロライナ州)」の解説の一部です。
「リクリエーション」を含む「ピスガー山 (ノースカロライナ州)」の記事については、「ピスガー山 (ノースカロライナ州)」の概要を参照ください。


リクリエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 03:36 UTC 版)

ジェームズ川」の記事における「リクリエーション」の解説

ジェームズ川には多くの公園やその他リクリエーションに使われる所がある。カヌー釣りカヤックハイキングよび水泳が夏の間に人々楽し活動である。ブルーリッジ山脈源流からリッチモンドまで多くの早瀬や淵が釣り急流くだりを楽しませてくれる。最も激し急流リッチモンド中心街終わる2マイル (3 km) の区間であり、そこから瀑布線に至る。ここはクラス3急流クラス4平均以上レベル)が摩天楼見え地域存在することではアメリカで唯一の所である。リッチモンド東にある瀑布線より下流では、水上スキーやその他大型の船を使ったリクリエーションに適しているこの辺りでは青いナマズ知られており、平均して20ないし30ポンド (9-14 kg)、時には50ポンド (23 kg) を超えるものが捕まえられるチェサピーク湾水域では根絶が近いという大西洋チョウザメ最後の記録がある。2007年5月調査では175匹のチョウザメ残っており、5フィート (1.5 m) を超えるものも15例あった。

※この「リクリエーション」の解説は、「ジェームズ川」の解説の一部です。
「リクリエーション」を含む「ジェームズ川」の記事については、「ジェームズ川」の概要を参照ください。


リクリエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 23:22 UTC 版)

ベイランズ自然保護区」の記事における「リクリエーション」の解説

保護区には延長24 km多目的小道伸び、ルーシー・エヴァンズ自然教センター、パロアルト・ダックポンド(元々は公共の水泳プールとして作られた)およびベイランズ・アスレチック・センターに野球場ソフトボール場がある。 ルーシー・エヴァンズ自然教センター塩性湿地の端の盛り土の上に建てられている木道湿地帯横切って400 m進み開けた水面サンフランシスコ湾パノラマ眺めることができる。2017年教育センターが、2019年木道改修された。

※この「リクリエーション」の解説は、「ベイランズ自然保護区」の解説の一部です。
「リクリエーション」を含む「ベイランズ自然保護区」の記事については、「ベイランズ自然保護区」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リクリエーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リクリエーション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リクリエーション」の関連用語

リクリエーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リクリエーションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレクリエーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピスガー山 (ノースカロライナ州) (改訂履歴)、ジェームズ川 (改訂履歴)、ベイランズ自然保護区 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS