りおでじゃねいろ丸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > 商船三井の船 > りおでじゃねいろ丸の意味・解説 

りおでじゃねろ丸

(りおでじゃねいろ丸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 02:56 UTC 版)

りおでじゃねろ丸(りおでじゃねろまる、Rio de Janeiro Maru、りおで𛁈゛やねろ丸(りおで゛やねろ丸)、りおでじゃねいろ丸)は、かつて大阪商船および大阪商船三井船舶が所有し運航していた貨客船および貨物船である。




注釈

  1. ^ 資材はこのあと、陸路でシンゴラからペナンに輸送する(#木俣潜 p.129)。
  2. ^ 宝洋丸は秋島(フェファン島)北側の水深30mの海底に裏返しになって沈んでおり、船体は中央部で二つに分断されている。
  3. ^ その他の二代目船の船種と竣工年は以下のとおり(#商船八十年史 pp.185-186)。貨客船:「さんとす丸」(1952年)、「ぶらじる丸」(1954年)、「あるぜんちな丸」(1958年)、三島型貨物船:「らぷらた丸」(1955年)、「ぶえのすあいれす丸」(1956年)、「もんてびでお丸」(1956年)

出典

  1. ^ a b #東朝390605
  2. ^ a b c #創業百年の長崎造船所 pp.544-545
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o #日本汽船名簿
  4. ^ 『船の科学』1980年2月号 第33巻第2号 p.29
  5. ^ a b #日本の客船1 p.77
  6. ^ Buenos_Aires_Maru_class
  7. ^ a b c d e #野間 (2004) p.200
  8. ^ #商船八十年史 p.348
  9. ^ #神戸330531
  10. ^ #香港遭難
  11. ^ #小林 p.37
  12. ^ #北米・パナマ経由南米へ
  13. ^ #神戸390923
  14. ^ #商船八十年史 p.350
  15. ^ #大毎400223
  16. ^ a b c d #特設原簿 p.124
  17. ^ a b c d e f g h #野間 (2004) p.201
  18. ^ #五潜戦 p.36
  19. ^ #木俣潜 p.128
  20. ^ #五潜戦 p.16
  21. ^ #五潜戦 p.22
  22. ^ #五潜戦 pp.24-25
  23. ^ #五潜戦 pp.37-38
  24. ^ #五潜戦 p.39
  25. ^ #SS-190, USS SPEARFISH pp.109-110, p.130
  26. ^ #野間 (2004) p.202
  27. ^ 太平洋戦争で沈んだ船がはらむ危険性 Archived 2009年6月29日, at the Wayback Machine. 2008年12月10日付 ナショナルジオグラフィック ニュース
  28. ^ 海軍辞令公報(部内限)第559号 昭和15年11月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079700 
  29. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第605号 昭和16年3月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072080500 
  30. ^ a b 『日本海軍史』第9巻、750頁。
  31. ^ 『日本海軍史』第9巻、798頁。
  32. ^ a b c d e f g h i j k l りおでじゃねいろ丸” (日本語). なつかしい日本の汽船. 長澤文雄. 2020年3月17日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j k 『船の科学』1965年6月号 第18巻第6号 p.13


「りおでじゃねろ丸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「りおでじゃねいろ丸」の関連用語

りおでじゃねいろ丸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



りおでじゃねいろ丸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
商船三井120年の船商船三井120年の船
Copyright 2020 Mitsui O.S.K. Lines Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのりおでじゃねろ丸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS