《脳梗塞》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《脳梗塞》の正しい読み方の意味・解説 

《脳梗塞》の正しい読み方

「脳梗塞」の正しい読み方

脳梗塞正し読み方は、「のうこうそく」である。

「脳梗塞」の意味解説

梗塞とは、古代中国言葉で「道が閉ざされてしまい行き来ができない状態」という意味でつかわれてる言だ。そのため脳梗塞は、脳の全体に張り巡らされている血管詰まってしまうことで血液流れなくなる状態という意味だ。血液中には栄養素酸素含まれているので、それが脳に届けられなくなると細胞活動できなくなり壊死してしまう。壊死をすると機能しなくなるため、命にかかわるだけでなく、一命取り留めて壊死した部分修復されないので機能一部マヒするなどの後遺症が残ることがあるそのため脳梗塞発症した場合には、生活への負担を軽減するために機能訓練必要になることが多い。

なぜ「脳梗塞」と読むのか・理由

脳梗塞と呼ぶ理由は、血液中に含まれている老廃物の塊によって生まれ血栓によって血管塞がることで発症するめである

この梗塞という病気は太い血管でも起き場合があるが、多く全身草の根のように細い血管意味する毛細血管密集しているポイント起きすいとい特徴があるそのため脳に起き場合には脳梗塞名付けられるが、そのほかに密集している場所として肺に起きれば肺梗塞となり心臓起きれば心筋梗塞病名変わる。

「脳梗塞」の類語・用例・例文

脳梗塞類語には、「脳卒中」という言葉がある。脳卒中は、脳に何らかの問題起きたことによって酸素欠乏し突然意識を失うことだ。脳梗塞脳卒中違いとしては、脳梗塞血液中に蓄積した老廃物の塊が血管をふさぐことによって発症をする状態である。そして脳卒中酸素が行届かない状態なので、血管血栓詰まる状態だけでなく事故衝撃など外部からの影響によって発症する場合含まれる

例文
レントゲンによって脳の血管調べた結果血液流れていない部分があるので脳梗塞疑いがある
躓い拍子で頭を強く打った時に、強い頭痛後に意識なくなったため脳卒中になった可能性がある

「脳梗塞」の英語用例・例文

脳梗塞を英語にすると、「cerebral infarction」だ。cerebralは脳でinfarction塞がもしくは梗塞という意味なので、2つ言葉をつなげることで脳梗塞という意味になる。用例として外国で脳梗塞検査を受ける場合には、医師に対して「I had a cerebral infarctionもしくはSuspicion of illnesscerebralinfarction」と伝えるとよい。

この「cerebralinfarction」が使いづらい場合には、別の言い方で打つを意味するstroke」を使う。このstrokeゴルフ野球における打つという意味だが、私やあなたを意味する「He」および「I」をつけると体に強い衝撃受けたという意味となる。そのため相手に脳に違和感がある伝えたいときに、頭部に指をさしたうえで「had a stroke」と伝えるとよい。

《脳梗塞》の正しい読み方

「脳梗塞」の正しい読み方

脳梗塞」は「のうこうそく」と読む。

「脳梗塞」の意味解説

脳梗塞」とは、脳血管障害脳卒中のひとつであり、脳の血管何らかの理由によって塞がることによって、血流止まってしまい、脳の細胞壊死してしまう病気である。「ラクナ梗塞」、「アテローム血栓性脳梗塞」、「心原性脳塞栓症」の3つのタイプ分類することができ、それぞれ詰ま血管原因などが異なる。

ラクナ梗塞」の名称にもなっている「ラクナ」とは、ラテン語小さなくぼみを意味する言葉であり、脳の奥にある動脈から枝分かれした細い血管詰まることによって、起こ脳梗塞のことである。ラクナ梗塞は、動脈のような太い血管詰まタイプ脳梗塞とは異なり障害を受ける部分小さいことが多いので、無症状であることも少なくなく、発症して気が付かないケースもある。

アテローム血栓性脳梗塞」は、脳内動脈頸動脈動脈硬化起こることにより、血栓形成され血管詰まってしまったり形成され血栓流れていき、深い部分血管詰まらせしまったりすることによって、生じ脳梗塞である。

心原性脳塞栓症」は、心臓生じた血栓脳内流れてしまうことによって起こ脳梗塞である。心房細動などの心臓疾患抱えている人に起こりやすいタイプ脳梗塞であり、心臓内にできた血栓心臓から出て血流乗り最終的に脳内血管詰まらせることによって生じる。いきなり脳内血管詰まってしまうため、重篤な症状起きることが多い。

脳梗塞症状として、しびれや体に力が入らなくなる、会話難しくなる認知機能障害起こる、歩行支障が出る、視野問題が起きるなど、血流阻害された場所によって症状異なる。一般的に梗塞起こってから数分以内何かしらの症状が現れることが多い。

治療方法脳梗塞種類によって異なるが、基本的に抗血小板薬血栓溶解薬といった薬物治療や、血管拡張術やステント留置などの脳血管内治療などが行われる。

なぜ「脳梗塞」と読むのか・理由

脳梗塞」はそれぞれの漢字音読みすることによって、「のうこうそく」と読む。

「脳梗塞」の類語・用例・例文

脳梗塞」の類語として、脳血管障害脳卒中などが挙げられる。「脳梗塞」を用いて、「高血圧脳梗塞リスクファクターである。」や「脳梗塞種類によって症状治療方法異なる。」のような文章ができる。

「脳梗塞」の英語用例・例文

脳梗塞」は英語で「cerebral infarction」と表現する。「cerebral infarction」を用いて、「Lifestyle modifications are effective in preventing cerebral infarction.(脳梗塞予防には生活習慣の改善有効である)」のような文章ができる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《脳梗塞》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《脳梗塞》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS