最小国家主義とは?

最小国家主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/27 09:48 UTC 版)

最小国家主義(さいしょうこっかしゅぎ、: Minarchism, ミナキズム)とは、自由な社会における政府の規模・役割・影響力を、全ての個人の自由を侵すこと無しにその自由を守るのに充分な程度に、小さくすべきであるとする考え方である。「最小限」「最低限」を意味する接頭辞「minimal」(min-)と、支配や権力を意味する「ἀρχή」(archê)と[1]、思想や主義を表す「-ισμός」(-ism)から構成される。最小政府主義とも言う。これを信奉するものをミナキストと呼ぶ。






「最小国家主義」の続きの解説一覧





最小国家主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「最小国家主義」の関連用語

最小国家主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アトラスオオカブト

ジャック・ター

ボディスーツ2

義家観乱雁図小柄

特定小電力無線

フレンチスリーブ

垂髪

べにりあ





最小国家主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最小国家主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS