川内川とは?

川内川

悠然と流れゆくふるさとのかわ、川内川
川内川は、その源を熊本県球磨郡白髪岳標高1,417m)に発し、南流して宮崎県えびの市の西諸県盆地加久藤平野)に出て、支川二十里川池島川長江川等を合わせ西流真幸堰を通過して、鹿児島県入り吉松町栗野町経て菱刈町湯之尾で高さ5mの段流(湯之尾滝)を作り伊佐盆地平野入り羽月川合流し高さ12mの景勝曽木の滝形成して、鶴田ダム貯水池流下し、さらに鶴田町宮之城町中流狭窄部を下りて、川内市川内平野)に入り樋渡川、隅之城川多く支流合流しながら薩摩灘に注ぐ、幹川流路延長137km、流域面積1,600km2一級河川です。

川内市中心部を流れ東シナ海へ注ぐ川内川
川内市中心部を流れ東シナ海へ注ぐ川内川

河川概要
水系川内川水系
河川川内川
幹川流路延長137km
流域面積1600km2
流域内人195,944人
流域関係都県宮崎県鹿児島県

川内川流域図
○拡大図
1.川内川の歴史
"昭和30年代前半までは、河岸の殆どが竹林堤防でした。江戸時代以降灌漑のため多く井堰用水路建設されたほか、米を運搬するための航路開削治水のための八間川開削が行われています。"

川内川の歴史先人の知恵

鹿児島県には竹林多く河川両岸若竹等の竹林植栽して、河川固定する方法普及していました。竹林洪水時の塵芥肥料として繁茂し、洪水時には竹林自体の目の役目を果たして塵芥防ぎ、その竹林自体土砂堆積で自然と高土手となっていきました。これらのことから、昭和30年代前半までは、川内川本川支川で、堤内側に水田のある河岸のほとんどが竹林堤防でした。
堂本堰
堂本
轟の瀬
轟の瀬
江戸時代以降飯野・加久籐平野平野灌漑のため、多く井堰用水路建設されました。上流加久藤地区湯田にある堂本井堰は、江戸時代建設された本流最大かんがい用水施設で、現在の用水路は3代目です。
中流域では、江戸時代、川内川を舟運利用するため、大規模開削工事が行われました。「天保の川ざらえ」は、陸路を使って宮之城の藩倉に送っていた上納米を川内川の水路を使って運搬するため、宮之城~鶴田間で行われ航路開削のことです。現在の轟の瀬付近には、かつて轟の滝があり高さ約10m、幅30mで700mの長さ渡って階段状に20数度の上下降繰り返してました。「天保の川ざらえ」で水路開削されて、滝がなくなり瀬になっています。
また、江戸時代菱刈町人工河川建設されています。
1558年から11年かけて行われた下手美阪堤の工事が最も古く薩摩藩河川改修の第1号です。その他、江戸時代主な工事として、湯之井堰工事、下手前の川直し下名前金島の川直し工事あります

長崎堤防
長崎堤防
下流域では、川内川が増水するたび、田に停滞するため、排水川として八間川開削する工事嘉永元年1848)に始まり翌年竣工しました。八間川高江集落付近川幅八間(約14.55m)であることから、名付けられたものです。また、延宝七年(1679)から八年かけ、貞享四年(1687)に長崎堤防完成しました。堤長360間(648m)で、7つの鋸歯状石垣が築かれています。築堤に関しては、工事指揮者の娘、袈裟姫の人柱伝説が残っています。
2.地域中の川内川
"上流域では魚釣り水遊び屋形船運航中流域ではホタル船の運航ドラゴンボート大会開催下流域では花火大会川内レガッタ開催される等、流域全体で川を楽しみ、親しみ、学ぶことができます。"

川内川と地域社会つながり

上流域の留孫渓谷は、延長10kmの渓谷で、清く美しく、春の新緑秋の紅絶景です。また、周辺にはキャンプ村があり、魚釣り水遊びなどを楽しむことができますえびの市菱刈町高水敷には、河川公園やパ-クゴルフ場等があり市民憩い空間となっています。また、京町温泉には屋形船があり川内川を遊覧することができ、夏にはホタル飛び交う姿を楽しむことができます
ドラゴンボート大会
ドラゴンボート大会
中流域位置する鶴田ダムは、上・下流の交流の場・憩いの場としての活用も図られており、ダム周辺には、発電のしくみなどが学習できる「でんぱつ ふれあい館」やキャンプ場、川をせき止め天然流水プールなどがあります
ダム下流高嶺地区には「水辺の楽校」があり、鶴田町地域活性化拠点として整備した「健康ふれあいセンター」がありますまた、水辺の楽校の完成期にドラゴンボート大会開催されているほか、夏にはホタル船も運航されています。
支川である羽月川沿いには轟公園があり、毎年8月に、川の環境保全美化対す広告啓発子供たち故郷素晴らしさ知ってもらうための川祭りが行われており、つかみ取り大会や、ボート体験試乗等を楽しむことができます
宮之城町の轟の瀬周辺では、狭窄部を利用した本格的なものから、淵を利用する初心者向きまで様々な形でカヌ-を楽しむことができ、シ-ズンには多くアユ釣り客に利用されている。その他、自然と歴史とのふれあい自然体験などの学習目的とする「水辺の楽校」があり、カヌー発着場などの施設せせらぎ水路などが整備され、水辺親しみやすい環境が整いつつあります
下流域の川内市街部の高水敷は、河川親水公園花火大会等の開催場所として利用されています。
また、毎年8月には、東郷から太平の間の河川敷で、「がらっぱどん祭り」(いかだ下りレース)、「がらっぱカヌー競技大会」、「川内レガッタ」や河川敷においてコンサートフリーマーケット等の催しを行う「川内川フェスタ」が開催されています。
川内川花火大会川内レガッタ
川内川花火大会川内レガッタ
3.川内川の自然環境
"随所ゲンジボタル生息するほか、中流平瀬中心に指定天然記念物のチスジノリが自生しています。また、クルソン峡曽木の滝等の景勝にも恵まれる等豊かな自然環境を有しています。"


川内川は源流熊本県に発し、流域南九州鹿児島宮崎熊本の3県にまたがり鹿児島県川内市にて東シナ海に注いでいます。特に河口から上流までの随所ゲンジボタル生息見られ、これらの川内川の豊かな自然環境は、沿川の人々にとってふるさと原風景構成する身近で親しみのある郷土財産となっています。
曽木の滝
曽木の滝
チスジノリ
チスジノリ
渓谷を源にのどかな田園地帯流れ上流部は、景勝クルソン峡(留孫)からの流れ山間狭窄部や小さな滝を交えながら、西諸県盆地伊佐盆地広がる田園地帯を緩やかに蛇行して、東洋ナイヤガラと称される曽木の滝経て鶴田ダム湖(大鶴湖)に注いでいます。河辺には、ヨシ・ツルヨシ群落等の草本群落分布する他、メダケアラカシ等の河畔林がみられ、河岸の崖を巣とするカワセミ生息し、ギンブナオイカワカマツカ等の淡水魚確認されています。
流域中流部に位置する山間狭窄上流端をせき止めて作られた鶴田ダム広大ダム湖(大鶴湖)を有し、湖産アユをはじめ、黄金色ナマズ発見されるなど、淡水魚生息場となっています。また、平瀬中心に、国指定天然記念物のチスジノリ、県指定天然記念物カワゴケソウ自生しています。
カワゴケソウ
カワゴケソウ
山間狭窄部を蛇行して流れ下る中流部は、川辺にヨシ・ツルヨシ群落等の草本群落中心に、河崖にはアラカシメダケ、スギ・ヒノキの植林等の川辺見られます。河床岩盤の上玉石砂礫覆い、瀬や淵を好むオイカワアユ等が生息し、轟の瀬周辺は、サギ類やカモ類の休息採餌場所として鳥類集合場所となっています。

川内市中心市街地貫流する下流部は、河辺にヨシ・ツルヨシ群落オギ群落等の草本群落分布する他、河口部には、トベラマサキ群落スダジイ等がみられ、コクテンギ美し紅葉をみせます。河口部の干潟感潮区間には、シギ・チドリ類やカモ類等の水鳥多く汽水域には、ボラコノシロマハゼ等が生息しています。
4.川内川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
昭和46年06梅雨前線川内市
えびの市
全半壊家屋  74
床上浸水 2168 戸
床下浸水 1321 戸
昭和46年08台風19号川内市
えびの市
全半壊家屋  35
床上浸水 804
床下浸水 2428 戸
昭和47年06梅雨前線流域全体全半壊家屋 157
床上床下浸水
4951戸
昭和47年07月梅雨前線宮之城町
鶴田町
全半壊家屋 335
床上浸水 695
床下浸水 1399戸
昭和51年07月台風9号川内市
宮之城町
全半壊家屋  9戸
床上浸水 320
床下浸水 958
昭和54年06梅雨前線川内市
宮之城町
全半壊家屋  13
床上浸水 209
床下浸水 539
昭和57年07月梅雨前線川内市
宮之城町
床上浸水 105
床下浸水 197
昭和62年07月梅雨前線宮之城町全半壊家屋  17
床上浸水   7戸
床下浸水 101
平成元年07月台風11号流域全体全半壊家屋  45
床上浸水 171
床下浸水 702
平成05
0801
豪雨上流域他全半壊家屋  13
床上浸水 170
床下浸水 423
平成05
0806
豪雨川内市全半壊家屋  9戸
床上浸水 102
床下浸水 410
平成09年09月台風19号上流域他床上浸水 264
床下浸水 223
平成15年07月梅雨前線宮之城町
吉松町
床下浸水 20


(注:この情報2008年2月現在のものです)

川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 青森県

水系 川内川水系

等級 2級


川内川

読み方:カワチガワ(kawachigawa)

所在 熊本県

水系 津奈木川水系


川内川

読み方:カワチガワ(kawachigawa)

所在 宮崎県

水系 耳川水系

等級 2級


川内川

読み方:コウチガワ(kouchigawa)

所在 長崎県

水系 彼杵川水系

等級 2級


川内川

読み方:センダイガワ(sendaigawa)

所在 宮崎県

水系 川内川水系

等級 1級


川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 福島県

水系 木戸川水系

等級 2級


川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 静岡県

水系 天竜川水系

等級 1級


川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 愛媛県

水系 渡川水系

等級 1級


川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 熊本県

水系 球磨川水系

等級 1級


川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 大分県

水系 大野川水系

等級 1級


川内川

読み方:カワウチガワ(kawauchigawa)

所在 鹿児島県

水系 川内川水系

等級 2級


川内川

読み方:カワチガワ(kawachigawa)

所在 長崎県

水系 川棚川水系

等級 2級


川内川

読み方:カワチガワ(kawachigawa)

所在 長崎県

水系 川内川水系

等級 2級


川内川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/20 02:25 UTC 版)

川内川(せんだいがわ)は、熊本県最南部、宮崎県南西部および鹿児島県北西部を流れ東シナ海に注ぐ川内川水系の本流で、一級河川である。




[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.379 角川書店
  2. ^ 川内川 - 国土交通省 2012年1月21日閲覧。
  3. ^ 「長崎堤防」土木遺産に 薩摩川内市 - 南日本新聞 2012年1月21日閲覧。
  4. ^ 土木学会 平成23年度選奨土木遺産 長崎堤防 - 土木学会 2012年1月21日閲覧。
  5. ^ 鶴田ダム管理所~事業概要~ - 国土交通省九州地方整備局鶴田ダム管理所 2012年1月21日閲覧。
  6. ^ 【川内川】における水害の記憶 - 国土交通省九州地方整備局河川部 2012年1月21日閲覧。
  7. ^ 川内川等河川の外水氾らんによる家屋の浸水被害を解消します (PDF) 国土交通省 2009年3月22日閲覧。
  8. ^ 2006年7月豪雨による九州南部の被害等について(速報) - 社団法人土木学会 2012年5月13日閲覧。
  9. ^ 8月8日 久住橋開通式 - 薩摩川内市 2012年5月13日閲覧。
  10. ^ 南九州西回り自動車道 川内隈之城道路(薩摩川内水引~薩摩川内高江)開通のお知らせ - 国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所 2013年2月12日閲覧。


「川内川」の続きの解説一覧





川内川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

川内川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「川内川」の関連用語

川内川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

球磨川

吉野川

重信川

姫川

常呂川

那賀川

大分川

那珂川





川内川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川内川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS