周波数特性とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > 周波数特性の意味・解説 

しゅう はすう とくせい しう- [6] 【周波数特性】

電気回路機械振動系にある一定の周波数入力加えたとき,系に生ず振動振幅位相のこと。また,それらを用いて表現した系の特性をいう。

周波数特性

スピーカー(またはアンプ)を通過した周波数レベルのことで、たとえば20〜20,000Hz+OdB、OdBと表示される。もちろん、その周波数帯域内ではフラット(平坦)な特性である方が音質的には望ましい状態を示す。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 佐久間輝夫)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


周波数特性

入力信号レベルが一定で、周波数を変化させた時の出力レベル特性。20Hz〜20kHzなどと範囲を決めて、その間の偏差をdBで表示する。±0dBならフラットだ。アンプの場合、出力の増加にともなって偏差は大きくなりやすい。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 高津修)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


周波数特性

英語 frequency characteristic

電気回路における入力出力電流電圧機械構造物室内空間などにおける振動変位速度加速度音圧応力、ひずみなどの量が周波数に対してもっている特性、およびこれらの量を周波数ごとに表示したもの

参照 周波数分析

周波数特性(操縦安定性)

英語 frequency response characteristics

クルマ周波数応答を、正弦波入力の各周波数変数として表したもの通常ハンドル角入力対すヨーレート横加速度ロール角横滑り角操舵力などの伝達関数ボード線図上に示す。操縦安定性では、一般に3Hz程度までを対象とし、データ信頼性確認のためにコヒーレンス関数併記するとともある。クルマ動的運動特性をかなり広範囲表現するため、広く活用されている。乗用車のヨーレートゲインの一般的な特徴は、低周波数域では、ほぼ一定から漸増して1~1.5Hzでピーク達し以後急速に減衰する。位相遅れは漸増するが、1Hz前から急増する。代表値は切りのよい0.1、1Hz、ゲインピーク点のほか、フィーリングに合うとして0.6Hzの値などが用いられる。

周波数特性(操縦安定性)

参照 周波数応答
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

周波数特性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/14 15:34 UTC 版)

周波数特性(しゅうはすうとくせい)とは、周波数と何らかの物理量との関係を表したものである。英語で"frequency response"となることからf特f特性と呼ばれることもある。


  1. ^ トランジスタ技術 2004年9月号 p109


「周波数特性」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

周波数特性に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「周波数特性」の関連用語

周波数特性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セイバー

マーク・アレン

不等ピッチコイルスプリング

アンチロールバー

マークⅡ

ラウム

フューエル系統

ステージア





周波数特性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2017 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの周波数特性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS