石原信雄 石原信雄の概要

石原信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 21:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

経歴・人物

自治省官僚時代に自治医科大学1972年創立)の開学に関わった[1]。東京都知事選挙落選後は、大宮操車場跡地ほか(現・さいたま新都心)への10省庁18機関の移転にも関わった[2]。また、埼玉県さいたま市の合併政令指定都市移行にも関わり、平成の大合併では講演会や顧問などの形で様々な市町村合併にも関わった。

その他役職

  • 財団法人日本レクリエーション協会副会長
  • 財団法人日本法制学会会長
  • 特定非営利活動法人国土空間データ基盤推進協議会会長
  • 財団法人SBI子ども希望財団理事
  • 財団法人社会経済生産性本部理事
  • 特定非営利活動法人防災情報機構最高顧問
  • 特定非営利活動法人日本防災士機構最高顧問
  • 社団法人日本躾の会名誉会長
  • 財団法人アジア福祉教育財団理事
  • 財団法人水府明徳会評議員
  • 地方自治経営学会顧問
  • 社団法人日本広報協会会長
  • 社団法人海外広報協会理事
  • 東京銀杏会会長
  • 財団法人関信越音楽協会理事長
  • クライシスマネジメント協議会会長

著書

  • 『まあ、いろいろありまして』(日本法制学会、1995年)
  • 『官邸2688日―政策決定の舞台裏』(日本放送出版協会、1995年)
  • 『首相官邸の決断―内閣官房副長官 石原信雄の2600日』(中央公論社、1997年)
  • 『官かくあるべし―7人の首相に仕えて』(小学館、1998年)
  • 『21世紀の地方自治を語る―分権型社会を担う人々へ』(ぎょうせい、2000年)
  • 『権限の大移動―官僚から政治家へ、中央から地方へ』(かんき出版、2001年)
  • 『市町村合併成功の秘訣―地方分権の更なる前進のために』(日本法制学会、2002年)
  • 『石原信雄回顧談―官僚の矜持と苦節』(石原信雄回顧談編纂委員会編集、ぎょうせい、2018年)





「石原信雄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石原信雄」の関連用語

石原信雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石原信雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石原信雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS