環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約 改正

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 00:28 UTC 版)

改正

条約の改正は1984年と1992年に過去2度検討されたが、2013年11月現在改正はなされていない[11]。国連欧州連合本部(ジュネーヴ)の記録によると、2002年までに次回の再検討会議を招集しない場合について、1992年の再検討会議で行われた合意に基づき、国連事務総長は、2013年3月20日付けで各締約国に書簡を送付。書簡では、条約の規定(第7条3項)により、三分の一あるいは10か国が招集に応じた場合は、第2回再検討会議を開催する旨を通知し、条約の締約国に対し、2013年5月1日までに回答することを求めた [12]

沿革

  • 1974年7月 - 米ソ共同声明において初めて取り上げられる
  • 1975年8月 - 米ソ両国が同一内容の条約案を国連軍縮委員会に提出する
  • 1976年9月 - 国連軍縮委員会が条約案テキストを作成し国連総会に送付する
  • 1976年12月 - 国連総会決議31/72により条約案が採択される
  • 1977年5月 - 条約案が署名のため開放される
  • 1978年10月 - 条約が発効する
  • 1982年6月 - 日本が加入する
  • 1984年9月 - 第1回再検討会議が開催される
  • 1992年9月 - 第2回再検討会議が開催される
  • 2013年3月 - 国連事務総長より第3回再検討会議の招集に関する意見を求める書簡が送付される

参考文献

関連項目


  1. ^ わが外交の近況・上巻1977年版(第21号) (htm)”. 外務省 (1977年9月1日). 2013年11月14日閲覧。
  2. ^ 大辞林 第三版 (htm)”. kotobank. 2013年11月14日閲覧。
  3. ^ Wikisource|en:Environmental Modification Convention - 同第1条1項 "Each State Party to this Convention undertakes not to engage in military or any other hostile use of environmental modification techniques having widespread, long-lasting or severe effects as the means of destruction, damage or injury to any other State Party."
  4. ^ 同第2条 "As used in Article I, the term "environmental modification techniques" refers to any technique for changing — through the deliberate manipulation of natural processes — the dynamics, composition or structure of the Earth, including its biota, lithosphere, hydrosphere and atmosphere, or of outer space."
  5. ^ 同第3条1項 "The provisions of this Convention shall not hinder the use of environmental modification techniques for peaceful purposes and shall be without prejudice to the generally recognized principles and applicable rules of international law concerning such use."
  6. ^ 同第4条 "Each State Party to this Convention undertakes to take any measures it considers necessary in accordance with its constitutional processes to prohibit and prevent any activity in violation of the provisions of the Convention anywhere under its jurisdiction or control."
  7. ^ 同第5条3項 " Any State Party to this Convention which has reason to believe that any other State Party is acting in breach of obligations deriving from the provisions of the Convention may lodge a complaint with the Security Council of the United Nations."
  8. ^ 同項 "Such a complaint should include all relevant information as well as all possible evidence supporting its validity."
  9. ^ STATUS AS AT : 13-11-2013 05:07:44 EDT, CHAPTER XXVI DISARMAMENT, Convention on the prohibition of military or any other hostile use of environmental modification techniques (htm)”. United Nations Treaty Collection (1976年12月10日). 2013年11月14日閲覧。
  10. ^ わが外交の近況・上巻1977年版(第21号) (htm)”. 外務省 (1977年9月1日). 2013年11月14日閲覧。
  11. ^ Convention on the Prohibition of Military or Any Other Hostile Use of Environmental Modification Techniques (ENMOD) (html)”. The United Nations Office at Geneva (UNOG). 2013年11月18日閲覧。
  12. ^ “13/099”. United Nations. (2013-03-20). ODA/32-2013/ENMOD 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の関連用語

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS