CSデジタル放送とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > CSデジタル放送の意味・解説 

CSデジタル放送 communication satellite broadcasting

業務用通信目的とした通信衛星(CS)を使う放送サービス多くチャンネルでの放送が可能。1989年番組供給する「委託放送事業者」とCSを持つ「受託放送事業者」に分け制度生まれCS放送が始まった。当初アナログ方式始まりPCM音声放送サービススタートしたが、デジタル放送はすべてデジタル放送方式開発多チャンネル化が可能になり、今ではCS放送はすべてデジタル放送に。96年にパーフェクTV60チャンネル放送開始他社参入もあったが、結局受託放送事業者としてはスカイパーフェクト・コミュニケーションズだけが残っている。使用しているCS東経124度、128度、110度の3基。放送事業者は約100社を数え登録者数は2005年7月末で約392万人放送有料放送主流だが、一部広告を入れる番組もある。

CSデジタル放送

通信衛星CS)を用いた、デジタル方式による放送サービス1996年10月パーフェクTV!日本初デジタル放送サービスとしてCSデジタル放送を開始その後パーフェクTV!前身とする「スカイパーフェクTV!」(通称 スカパー)が、2つの通信衛星使用して、160ch規模多チャンネル放送サービスを提供している。2002年春からは、それに加えてN-SAT-110東経110度CS)によるCSデジタル放送が、放送開始した。

CSデジタル放送 (Communication satellite Brordcasting)

CSデジタル放送は通信衛星(Communication Satellite)を用いるもの。ジャンルごとの専門チャンネルがたくさん集まった有料放送となっている。今までCS静止衛星軌道上の位置(東経124度と128度)がBS(東経110度)と異なっており、偏波異なり専用アンテナ専用チューナーを必要とする。最近開始された110度CSデジタル放送静止衛星軌道上の位置偏波BSとほぼ同じであるため、BS・CS共用アンテナ新し共用受信機を使えば両方放送を楽しむことが可能となった。

日本における衛星放送

(CSデジタル放送 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 20:07 UTC 版)

日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本衛星放送について解説する。




[ヘルプ]
  1. ^ 参考:NHK受信料の窓口インターネット営業センター
  2. ^ 平成21年総務省令第7号による放送法施行規則改正
  3. ^ 平成22年法律第65号による放送法改正の施行および平成23年総務省令第62号による放送法施行規則改正
  4. ^ 総務省「BSアナログ放送の終了に係るQ&A (ver1.5) 」
  5. ^ 平成22年法律第65号による放送法改正附則第8条第6号
  6. ^ 東経110度CSの「N-SAT-110」の打ち上げにあたっては既に東経113度で同じ周波数帯を用いるCSを運用していた韓国との調整が行われ、N-SAT-110の出力制限(114.5Wおよび104.7W)が行われている。そのためBSと比べスロットあたりの情報量が少なくなっている(およそ2/3)。
  7. ^ 初期のキッズステーションのように、チャンネルによっては業務用通信の空き時間を使ったものもあった。このようなチャンネルは「通信対応チューナー」と称される、通信用チャンネルも受信できるチューナーでないと受信できなかった。
  8. ^ メーカーによってはパラボラを共用しコンバータおよび取り付けアームを2組用意したBS/CS共用アンテナというものを販売していた(ソニー SAN-60M1・三菱電機 UA-60Wなど)。
  9. ^ 参考:衛星デジタル放送 情報ページ
  10. ^ a b アナログテレビ放送の番組終了のお知らせ - NHK 2011年7月24日
  11. ^ アナログWOWOWの放送終了について (7/25) - WOWOW 2011年7月25日
  12. ^ 本放送開始から約半年間(試験放送・サービス放送から約1年間)はSt.GIGAとともにBS-3chで放送。
  13. ^ 放送開始から約7年間はBS-15chで放送。
  14. ^ 電気通信学会 知識の森 5群8編2章 変調方式と伝送
  15. ^ Bモードでは独立音声放送が不可能なため、WOWOWのBSアナログ放送時代に同じ周波数用域を使って独立音声放送を実施したセント・ギガは、WOWOWがBモードステレオを使っていた時間帯は実質放送休止となっていた。
  16. ^ 映像情報メディア学会編:2 放送方式、4章アナログ衛星放送、放送システム、映像情報メディア基幹技術シリーズ4、pp.92-95、コロナ社(2003)
  17. ^ 起伏の激しい山村や、高層ビルの林立する都市部など、地形の影響で電波を受信できない地域が一部ある。
  18. ^ BSデジタル放送開始 - NHKニュース(動画・静止画) NHKアーカイブス
  19. ^ マルチ編成放送については地上デジタル放送では2007年現在、NHKを除いた民放各局はBSデジタルと同様な規制を受けているが2011年12月1日以降は地上波デジタル放送でもこれと同様に民放各局でマルチ編成放送が可能になる予定。
  20. ^ ただし実際にはBS141と143は定時番組で同内容、142がスポーツ中継という体裁を取っており、巨人戦の平日ナイターが延長した場合を中心に適用している。
  21. ^ 「電波監理審議会意見の聴取(第404回)意見書(平成17年6月17日開催)」放送普及基本計画の一部変更案について (国立国会図書館アーカイブ)
  22. ^ テレビ放送・BSラジオ放送は、それぞれ地上デジタルテレビ・地上FMラジオとの完全サイマル放送(BSラジオ独自の放送を行う事業者が復活するわけではない)。
  23. ^ ハイビジョン放送は標準画質放送の3倍の帯域を要すため既存の2波がハイビジョン化することは標準画質4チャンネル分の増加に相当するので、これまでよりも標準画質1チャンネル分増えることになる。編成も見直され、衛星放送独自番組が大幅に増えている。
  24. ^ a b 受信機のリモコン操作でのチャンネル番号(リモコンキーIDにより決定される)ではなく、その放送が使用している周波数帯域に放送法上で定義されている番号。
  25. ^ 放送開始当初のスロット数について、出典 八木伸行 他『データ放送技術入門』オーム社、2005年、4頁 ISBN 4274500489
    NHKのスロット数について、出典 日本放送協会の委託国内放送業務の廃止の認可及び日本放送協会の委託国内放送業務の認定 - 総務省報道資料
  26. ^ メディアサーブが放送終了後、スロット数が2に増設された。
  27. ^ 委託放送事業者は、2000年12月1日 - 2001年11月28日と2010年12月1日以降はウェザーニューズ、2001年11月29日 - 2010年11月30日はダブリュエックス二十四
  28. ^ a b 4K・8Kの推進に関する現状について 平成27年3月17日 (PDF)
  29. ^ 2017年6月時点で、データ放送による本格的サービスを行っている在京キー局系事業者はBSジャパンのみ。
  30. ^ NHKが6月末現在のデジタル放送の普及状況(速報値)を発表”. 社団法人デジタル放送推進協会 (2011年7月7日). 2011年7月7日閲覧。
  31. ^ これを記念して郷ひろみを起用したCMが2007年秋に流された。
  32. ^ 放送衛星業務用の周波数を使用する受託国内放送を行う放送衛星局の免許申請受付結果 (PDF)
  33. ^ 衛星の電波ではなく、ブースターや分配器などから漏れるBS-IF信号と携帯電話の電波との干渉が問題であった。
  34. ^ 放送法関係審査基準の一部を改正する訓令案に係る意見募集 - 2010年4月28日 総務省
  35. ^ BSデジタル追加チャンネルの放送によるモバイルデータ通信(ULTRA SPEED等)への影響について - 2012年2月11日 ソフトバンクモバイル
  36. ^ 機種によってはBS-17ch以上だけでなくBS-5ch、BS-7ch、BS-11chが受信できないため地デジ難視対策衛星放送に限らず2011年10月以降に放送開始したBSデジタル放送の新規チャンネルも受信できない機種がある。
  37. ^ 放送大学 BS移行へ…受講の機会拡大
  38. ^ WOWOW、デジタル化後に2チャンネル追加狙う
  39. ^ 平成23年以降の新たなBSデジタル放送に係る委託放送業務の認定に関する基本的方針(案)に対する意見募集
  40. ^ NIKKEI NET IT+PLUS「スカパーJSAT、BS参入を検討」
  41. ^ NIKKEI NET IT+PLUS「米ニューズなど、BS参入を計画」
  42. ^ 新たなBSデジタル放送等に係る委託放送業務認定申請受付結果
  43. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定
  44. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定申請受付結果
  45. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定
  46. ^ 衛星によるセーフティネットに関する検討結果について (PDF)
  47. ^ 平成21年5月情報通信審議会第6次中間答申「地上デジタル放送の利活用の在り方と普及に向けて行政の果たすべき役割」 (PDF)
  48. ^ 総務省|地デジ難視対策衛星放送等の終了
  49. ^ 2008年9月26日、放送衛星システムから受託国内放送を行う放送衛星局の免許を総務省に申請。同年11月12日に予備免許が交付された。また2009年2月10日、デジタル放送推進協会からBSデジタル放送に係る委託放送業務の認定を総務省に申請。同年3月11日に委託放送事業者として認定。
  50. ^ 日本放送協会 平成22年度収支予算、事業計画及び資金計画 別表第2 契約種別
  51. ^ この場合、ホワイトリストに指定された地区ではNHKの地上デジタル放送が良好に受信できても地デジ難視対策衛星放送によるNHKの放送も視聴できる可能性がある。
  52. ^ 総務省・地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)
  53. ^ Dpa、衛星セーフティーネットの受け付け業務やCAS管理業務などをWOWOWに委託 ITPro 2009年11月2日
  54. ^ TXN系の番組を購入している独立UHF局も同様である。この為、BSジャパンでしか視聴できない番組が生じている地域もある。
  55. ^ 衛星によるセーフティネットに関する追加検討結果について (PDF)
  56. ^ なお、小笠原諸島・大東諸島ともホワイトリストに指定されていたが両地域とも海底光ケーブルによる配信が行なわれ、前者はケーブルテレビによる再送信。後者は中継局設置により解消されたため、一定期間経過後ホワイトリストから外される。
  57. ^ クロスネット局がある地域では、番組供給系列に加盟している系列のみでの放送となる。福井放送はNNSのみ、テレビ宮崎はFNSのみそれぞれ加盟している。テレビ大分はFNS・NNS両方とも加盟している。
  58. ^ [1]
  59. ^ 「暫定的難視聴対策事業」の運用の基本的考え (PDF)
  60. ^ “被災地での「地デジ難視対策衛星放送」の一時利用を開始” (PDF) (プレスリリース), 社団法人デジタル放送推進協会, (2011年4月7日), http://www.dpa.or.jp/wp/wp-content/uploads/eisei_1104071.pdf 2011年4月7日閲覧。 
  61. ^ “地デジ難視対策衛星放送の「一時利用」の受付開始” (HTML) (プレスリリース), 総務省・社団法人デジタル放送推進協会, (2011年5月31日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu10_01000012.html 2011年6月1日閲覧。 
  62. ^ “地上放送のデジタル化と電波利用の新たな展開” (HTML) (プレスリリース), 総務省四国総合通信局, (2011年11月15日), http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/2011press/201111/20111115.html 2011年11月24日閲覧。 
  63. ^ 旧阪急電鉄(現・阪急阪神ホールディングス)の持株会社化に伴う変更。
  64. ^ 衛星放送の現状(平成23年度第4四半期版) - 総務省 情報流通行政局 衛星・地域放送課
  65. ^ スーパーハイビジョンに関する検討結果について(総務省)
  66. ^ アナログ放送で使用していたBS5ch、7ch、11chは新たに使用されるBS19ch、21ch、23chとともに2011年9月上旬頃から試験電波の発射を行なっている。ただし3桁チャンネル番号や放送局名無しの状態で「試験電波発射中」と白文字で書かれたカラーバーの映像が出ているため、3桁チャンネル番号や放送局名が付いた状態になるまでは一部機種の受信設定メニューのトランスポンダ(物理チャンネル)選択でしか見ることができない。
  67. ^ a b スカパーJSAT、B-SATと衛星を共同打ち上げ
  68. ^ 地上波の関西地区では全国ネットの巨人戦を阪神戦に差し替え中継する例が多い。
  69. ^ BS日テレ公式Twitterも「ただ残念ながら雨・雪には弱いです・・・」と認めている程。
  70. ^ ゴールデンの週平均接触率15・3%=8月度「BSパワー調査」結果まとまる - 連合通信.com、2010年9月27日
  71. ^ BS参入、買い物番組の総量規制へ 大量放送に苦情(アサヒドットコム 2008年7月16日)
  72. ^ 機械式ペイテレビ接触率調査 - 衛星テレビ広告協議会
  73. ^ 「日本BS放送株式会社 2016年8月期 第2四半期 決算説明会 - 日本BS放送株式会社・2016年4月22日
  74. ^ BSデジタル10年<スポンサー編> 広告媒体の価値が増大 - 読売新聞、2010年8月11日
  75. ^ 多チャンネル放送の現状と課題 2014-2015 - 衛星放送協会・2015年11月11日 (PDF)
  76. ^ BS報道番組:「じっくり」売りに 大物キャスターも登場 - 毎日新聞・2014年4月28日
  77. ^ 「日本人とテレビ 2015」調査 結果の概要について - NHK放送文化研究所・世論調査部・2015年7月7日 (PDF)
  78. ^ 「テレビ番組の視聴実態」に関する調査 - 野村総合研究所・2015年7月7日
  79. ^ 「2015年 日本の広告費 - 電通・2016年2月23日
  80. ^ 2006年に15インチ型の対応モデルがパナソニックシャープなどから発売されたがワイド画面ではないうえ、実売価格は6万円程と高価だった。
  81. ^ NNS佐賀県宮崎県沖縄県JNN秋田県福井県徳島県・佐賀県、FNS青森県山梨県山口県・徳島県、ANNの7県、TXNの34府県。
  82. ^ ただし、NHKの海外向け国際放送(NHKワールドTV、NHKワールド・プレミアム)では同一法人であっても、一部のスポーツニュースの映像素材やオリンピック期間中などでは他国の事情や放送権・肖像権の都合による制限がある。
  83. ^ CS放送においては、日本テレビ系の「日テレG+」と「日テレNEWS24」、テレビ朝日系の「テレ朝チャンネル1・2」、TBS系の「TBSニュースバード」と「TBSチャンネル1・2」、フジテレビ系の「フジテレビONE&TWO&NEXT」は「地上波と同一法人」で運営を行っているためあまり問題視されることはないが、それでも著作権・番組出演者の肖像権による制限がある。
  84. ^ 2011年3月31日までは番組全体。翌日(4月1日)から枠拡大に伴い2部制に移行したため、従前の放送時間帯相当の第1部のみの放送に変更された。
  85. ^ ニュース・スポタメによっては権利上の問題から静止画などに差し替えられる(かぶせ放送)が、それが連続して長時間(おおむね5分以上)にわたる場合には別内容のものを当該差し替え対象時間帯に放送することもある。BS日テレではこの番組を日テレNEWS24 (CS) の再送信ネットで放送しているため。
  86. ^ 但し『なないろ日和!』は10:01 - 10:57の時間帯のみ、『ウイニング競馬』は15:00 - 16:00の時間帯のみの放送となる。
  87. ^ BSデジタルの「マス排」撤廃をどう考えるか
  88. ^ 総務省、NHKの受信料制度に関する研究会を立ち上げ、6月1日に初回会合
  89. ^ NHKの衛星受信料「免除も」・総務省研究会で意見相次ぐ
  90. ^ 総務省のNHK受信料研究会が第3回会合、衛星受信料体系の問題点を提起
  91. ^ その例として番組案内など5-10分程度のミニ番組WOWOWスターchBSは不定期に、スカパー!スカパー!e2も毎月第1日曜日(「スカパー!・スカパー!e2大開放デー」)を中心に行うノンスクランブル放送。
  92. ^ BSアナログ放送時代の古いBSアンテナ(BS-1ch~15ch)は確実にCS放送の高周波数トランスポンダには対応していない。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

CSデジタル放送に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「CSデジタル放送」の関連用語

CSデジタル放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

がけ

Microsoft LifeCam Studio

エゾシカ

特急スーパーマリン1

アイシスドライブ

顰

ニューホック

黒岳水源の森





CSデジタル放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ビデオリサーチビデオリサーチ
Copyright (C) 1997-2017 Video Research Ltd. All Rights Reserved.
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本における衛星放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS