企業スポーツとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 企業スポーツの意味・解説 

実業団

(企業スポーツ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/13 10:23 UTC 版)

実業団(じつぎょうだん、英語:works team)とは、企業組合の従業員で構成されるスポーツチームである。学校のクラブ活動とともに昭和期の日本のアマチュアスポーツを牽引したチーム形態である。


備考

  1. ^ 『企業スポーツの現状と展望』(笹川スポーツ財団 2016)pp.172
  2. ^ 渡辺保『現代スポーツ産業論』同友館、2004年。ISBN 978-4496038266
  3. ^ 小椋博『スポーツ集団と選手づくりの社会学』同和書院、1988年。ISBN 978-4810550061
  4. ^ 『企業スポーツの現状と展望』pp.174
  5. ^ 玉木正之『スポーツ解体新書』日本放送出版協会、2003年。ISBN 978-4140807491
  6. ^ 「無職ランナー」藤原新でわかった実業団の弊害(1)拠点は1泊3食6000円”. アサヒ芸能 (2012年3月13日). 2012年5月28日閲覧。
  7. ^ フェンシング銀の太田 1日8時間練習でニートなのか - J-CASTニュース
  8. ^ 毎日新聞2000年12月7日付
  9. ^ 福田拓哉「企業スポーツにおける運営論理の変化に関する史的考察:日本的経営・アマチュアリズム・マスメディアの発達を分析視座として」(立命館経営学、第49巻第1号 2010)
  10. ^ mercari ATHLETES(メルカリアスリーツ)
  11. ^ [1]
  12. ^ フェンシング三宅諒がアルバイト決意 五輪メダリストが配達員になる -スポニチ
  13. ^ 実業団チーム【コトブキヤ陸上部】を設立
  1. ^ ヨーロッパにおけるサッカークラブで企業の実業団が母体となった事例には、アーセナルFCの他にも、バイエル・レバークーゼンドイツバイエルのチームとして設立)、FCソショーフランスプジョーの企業チームが母体)、PSVアイントホーフェン(オランダフィリップスのスポーツクラブの一つ)などの例がある。
  2. ^ 厳密には、東京オリンピックの女子バレーボール日本代表チームにはニチボー貝塚からの10名の他、他社の実業団のメンバーが2名加わっている。なお、1962年の世界選手権の日本代表はニチボー貝塚からの10名以外はその後ニチボー貝塚に入社することになる高校生2名だった。詳細は東洋の魔女の項を参照。


「実業団」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「企業スポーツ」の関連用語

企業スポーツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



企業スポーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実業団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS