あいづとは? わかりやすく解説

あいづ〔あひづ〕【会津】


あいづ

単語 発音 意味、用例 関連語
あいづ あいづ 代名】 あれ、あの人 [辞書記載]
あいづら

»仙台弁の発音についてはこちら

合津

読み方
合津あいづ

あいづ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 23:59 UTC 版)

あいづは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が郡山駅 - 会津若松駅間を磐越西線経由で運行する快速列車である。


注釈

  1. ^ このほか、JR東日本管内に乗り入れる定期快速列車では、しなの鉄道「しなのサンライズ号」「しなのサンセット号」軽井沢リゾート号」に指定席が連結される。
  2. ^ 当時会津若松駅 - 会津川口駅間は会津線の一部。1971年の会津若松駅 - 小出駅間全通時に只見線となる。
  3. ^ ダイヤ改正に先立ち9月17日から実施。
  4. ^ 磐越西線各駅の有効長の関係から9両に抑えられ、かつ食堂車を連結するため上野側の先頭車をクロ481形とした。
  5. ^ 「ひばり」も同様に図面が製作されたのみだったが、後年にイベントでその図面から製作したマークが取り付けられたことがあった
  6. ^ つばさ」「やまばと」で秋田から上野に到着した編成を間合い運用で充当。
  7. ^ 1編成のみのため検査などの際は、他編成により全車普通車自由席として運転。
  8. ^ かつて東北新幹線の郡山到着時に使用されていた「会津磐梯山」の通称:ふるさとチャイムの曲とはアレンジも演奏方法も全く異なる。
  9. ^ この間の12月8日ダイヤ改正では特急「ひたち」がE653系電車「フレッシュひたち」に置換えられたため、代走編成は「ひたち」塗装の485系として最後まで運用された編成となった。
  10. ^ 列車名は「ビバあいづ」ではあるが、ヘッドマークは上野駅発着の「あいづ」のものを使用した。
  11. ^ 繁忙期には4 - 6号車に拡大。
  12. ^ ただし、運休日もある。
  13. ^ 新宿発着となった経緯として、2004年には快速「フェアーウェイ」が黒磯駅以北に延長運転されたことが背景にある。

出典

  1. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について 東日本旅客鉄道仙台支社 p.4
  2. ^ 磐越西線指定席着席サービス導入に伴うセレモニー等実施のお知らせ
  3. ^ 『JTB時刻表』. 日本交通公社. (1992年3月). p. 562,566,572,578,612,613 
  4. ^ a b c “愛称名はビバあいづ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1993年10月19日) 
  5. ^ 「鉄道記録帳2002年12月」『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年3月1日、 24頁。
  6. ^ 「鉄道記録帳2003年10月」『RAIL FAN』第51巻第1号、鉄道友の会、2004年1月1日、 18頁。
  7. ^ 「鉄道記録帳」『RAIL FAN』第52巻第1号、鉄道友の会、2005年1月号、 22頁。
  8. ^ 485系「あかべぇ」編成が国鉄特急色に”. 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2011年6月3日). 2012年1月13日閲覧。
  9. ^ 快速“あいづライナー”,485系国鉄色編成で運転開始”. 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2011年6月5日). 2012年1月13日閲覧。
  10. ^ 福島への応援と復興の祈りを込めて!ラッピング車両快速「あいづライナー」(485系)の運行について (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2012年2月17日
  11. ^ 2015年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2014年12月19日
  12. ^ 快速あいづ 指定席サービス開始”. 東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社. 2020年6月2日閲覧。
  13. ^ 夏の増発列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2009年5月15日
  14. ^ 夏の増発列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2010年5月14日
  15. ^ 青鉛筆『朝日新聞』1976年(昭和51年)1月25日朝刊、13版、19面





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

あいづのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あいづのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2022 konnok All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあいづ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS