1984年2月1日国鉄ダイヤ改正とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1984年2月1日国鉄ダイヤ改正の意味・解説 

1984年2月1日国鉄ダイヤ改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 07:29 UTC 版)

1984年2月1日国鉄ダイヤ改正(せんきゅうひゃくはちじゅうよねんにがつついたちこくてつダイヤかいせい)では、日本国有鉄道(国鉄)が1984年(昭和59年)2月1日に実施したダイヤ改正について記す。昭和59年2月改正なので「59・2」(ごうきゅうに)とも呼ばれた。


  1. ^ 岡本充生「“59・2”ダイヤ改正と貨物輸送」『鉄道ジャーナル』1984年2月号 p50
  2. ^ ただし、この時点では一部操車場施設が後述する輸送基地等として利用されており、施設自体の全廃は1986年まで要している。
  3. ^ 輸送のネックであった碓氷峠を擁する信越本線安中駅 - 小諸駅間など、本線でも貨物列車が廃止となる区間が存在した。
  4. ^ 岡本充生「“59・2”ダイヤ改正と貨物輸送」『鉄道ジャーナル』1984年2月号 p50-53
  5. ^ 紀勢本線の夜行普通客車列車(改正前の「はやたま」)は寝台車廃止と12系化に合わせて、1972年(昭和47年)3月まで運行されていた南海サハ4801形客車による南海本線直通列車の流れを汲み、上り列車のみ連結されていた和歌山市駅発の編成を廃止した。


「1984年2月1日国鉄ダイヤ改正」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1984年2月1日国鉄ダイヤ改正のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1984年2月1日国鉄ダイヤ改正のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1984年2月1日国鉄ダイヤ改正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS