Risk Analysisとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > Risk Analysisの意味・解説 

リスク・アナリシス


リスク分析

読み方りすくぶんせき
【英】: risk analysis
同義語: 危険分析  リスク・アナリシス  

一つ事業計画について、その事業予想どおり収益を挙げ得ない事態になる可能性とその程度をあらかじめ検討して投資意志決定資することをリスク(危険)分析という。
石油開発事業リスクとしては、(1) 生産物価格予想外変化市況による予期せぬ販売量の低下、(2) 事業地のある国(ホスト国)の政治的社会的・経済環境激変による事業遂行障害、というような外生的要因もあるが、事業計画自体内在する諸要素不確定性起因して、(3) 可採埋蔵量一生産量減少、(4) 開発所要資金計画上の増大、(5) 操業コスト増大、といったリスクつきまとう。さらに探鉱事業となるとこれらに加えて、(6) 商業油田発見されない確率大きく、また油田発見されるとしても、その埋蔵量規模不確定性リスク大きい。
石油探鉱開発事業について 1960 年代70 年代発展してきたリスク分析の手法は、上記の (1)、(2) の外生的要因を除き、事業計画内在する不確定要素起因するリスクに関するのである
一般に投資事業着手するにあたっては、収益性に関係する諸要素の値をそれぞれ予想し、それを組み立て事業予想収益試算するフィージビリティ・スタディ結果判断基準とされるが、これに対して計算式中の各要素の値を変化させて、これに対応して収益がどう変化するかを試算する感度分析広義のリスク分析の一方法とみることができる。しかし狭義のリスク分析は、各要素変動それぞれ確率付与して、事業収益リスク確率を含むものとして推計する手法指している。石油探鉱のリスク分析は必然的に発見予想される油田開発収益性試算を含んでいるので、石油探鉱開発事業のリスク分析の手法は、探鉱から一貫する例について説明されてきた。試掘不成功に終わる確率が非常に高い石油探鉱事業企業経営観点からみる場合に、最大関心事である複数試掘ないし複数探鉱事業続行による最終的成功――企業生き残り――の問題について、最初に定量的考え方として提唱されたのは、賭博者{とばくしゃ破産法則呼ばれる確率論と、リスク・ファクター考慮に入れたリスク事業費用成果評価法とである。前者は、成功確率が p(小数)なる試行例え試掘)を繰り返す場合に得られる成功確率二項分布をするので、1/p 回の試掘を行えば 1 回は必ず当たるとはいえず、一定上の生き残り確率確保するためには一定数以上の試掘を行う必要があることを定量的示したものである後者は、探鉱成功した場合予想収益がRであってもそのような成功確率が p(リスク・ファクターは 1/p )であるならば R をリスク・ファクターで除した pR をもってリスク考慮後の期待収益とすべきで、常に pR探鉱投資額Eよりも大き事業選択するのが生き残り基本戦略であるとする。
上記成功する確率が p 、不成功確率が(1-p)とした単純なシステムであったが、実際には、成功程度にいろいろのケース考えられ、それぞれ生起する確率 pA 、pB 、……pM(pA+pB+……+pM=1)が考えられる。この場合それぞれのケース収益値 RA 、RB 、……RMそれぞれの生起確率を乗じた加重平均値(pARA+pBRB+……+pMRMEV )を、最もあり得べき収益として、特に期待値(額)という。
探鉱事業場合は、探鉱投資 E を行って不成功に終わる確率を p0 とし、これもひとつケースとみれば(p0+pA+pB+……pM=1 )、-p0E+pARA+pBRB+……+pMRMEV>0 が投資正当化する基準となる。石油探鉱開発事業場合収益試算関わる変数多様である。油価一定見て初日産量生産推移パターン埋蔵量油層生産指数ガス油比油層流体物性坑井間隔生産制御坑底圧降下)などによって変わるし、埋蔵量生産指数は、油層広がり層厚孔隙率浸透率などによって変わるからである。
そして、これらすべての変数の値はある幅の中で不確定であるから予想される値の組合せの数は幾らでも多くなり得る。手計算では限度があるが、コンピューター利用すれば多数ケース計算をするのは容易になるとともに、各変数値生起確率に従って起こり得る変数値組合せケース発生という確率事象シミュレートする手法開発された。乱数利用してこのようなシミュレーションを行う手法モンテカルロ・シミュレーションというが、最近石油探鉱開発事業のリスク分析においてはの手法が広く用いられるようになっている。この場合、各変数値確率分布の形は必ずしも分からないことが多いが、その場合上限値下限値、最頻値推定して描かれる三角形分布をもって近似的に代用するなどの工夫なされる

危険分析


リスクアナリシス

【英】: Risk Analysis

リスク分析

食品中に含まれるハザード摂取することによって人の健康に悪影響を及ぼす 可能性がある場合に、その発生防止し、またはそのリスク低減するための考 え方です。
リスク管理リスク評価及びリスクコミュニケーション3つの要素からなって おり、これらが相互に作用し合うことによって、より良い成果が得られます。
参考)リスク分析3要素わが国における食品安全行政場合




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Risk Analysisに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Risk Analysis」の関連用語

Risk Analysisのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダイバーター

クルッキド・ホール

コア掘り

非爆薬震源

プロジェクト・ファイナンス

埋蔵量評価

浮遊式生産システム

コーニング





Risk Analysisのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2016 Food Safety Commission. All Right Reserved.

©2016 Weblio RSS