cDNAとは? わかりやすく解説

シー‐ディー‐エヌ‐エー【cDNA】

読み方:しーでぃーえぬえー

complementary DNA相補的DNAmRNA伝令RNA)を逆転写酵素読んで作ったコピー特定の組織からcDNAを抽出し大腸菌保持させたものをcDNAライブラリーという。


ジクロラン

分子式C6H4Cl2N2O2
その他の名称ボトラン、ジクロラン、ジトラニル、CNA、CDNA、DCNA、AL-50、Botran、U-2069、Allisan、Dicloran、Ditranil、Dichloran、2,6-Dichloro-4-nitroaniline、アリサン、Pichloran【amine fungicide】、Resisan、RD-6584、Botran-75W、レシサン、ボルトラン、ジクロラン【アミン殺虫剤】、ボトラン75W、Bortran、バトラン、ボトラン75B、Batran、Botran 75B
体系名:2,6-ジクロロ-4-ニトロベンゼンアミン、2,6-ジクロロ-4-ニトロアニリン


cDNAクローン

同義/類義語:cDNA, cDNAクローニング, cDNAライブラリー
英訳・(英)同義/類義語:cDNA clone, cDNA

まず、細胞発現しているmRNA精製し、これを鋳型オリゴdTなどの適当なオリゴヌクレオチドプライマーとして逆転写酵素DNA (1st strand cDNA)を合成させる。さらに、RNA部分RNaseH除去したのちに、適当なプライマーを使うか最初に合成したDNA鎖の末端部分折り返し利用し除去したmRNA相当する側のDNA鎖を合成させて二本鎖のcDNAを得る。このcDNA分子適当なベクター組み込んで宿主細胞内で増殖させたもの。この一連の過程cDNAクローニングとよび、できたクローンセットcDNAライブラリとよぶ。

相補的DNA

英訳・(英)同義/類義語:cDNA, complementary DNA

一般には、ある一本鎖核酸に対して、AとT、GとCが対応し2本構造をとるDNA。または、mRNA鋳型として逆転写酵素で合成したDNA.

相補的DNA

(cDNA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 09:14 UTC 版)

相補的DNA(そうほてきDNA、complementary DNA)は、mRNA から逆転写酵素を用いた逆転写反応によって合成された二本鎖 DNA。一般には「相補的」を意味する英語、complementary の頭文字をとって、cDNA と省略される。遺伝子の上でタンパク質に翻訳される領域の配列が開始コドンから終止コドンまで一続きに含まれているため、タンパク質の一次構造(アミノ酸配列)を解明する出発点として、また人工的にタンパク質を発現させる目的でも単離される。






「相補的DNA」の続きの解説一覧

「cDNA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

cDNAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



cDNAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相補的DNA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS