千葉県立房総のむらとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 美術館 > 千葉県の博物館 > 千葉県立房総のむらの意味・解説 

千葉県立房総のむら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/22 22:49 UTC 版)

千葉県立房総のむら(ちばけんりつぼうそうのむら)は、千葉県立の体験型博物館である[1][2]印旛郡栄町成田市に跨る所に位置する。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c “千葉「房総のむら」 昔の暮らし体験博物館”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 9. (1990年6月8日) 
  2. ^ a b “県立で初の体験博物館 「房総のむら」オープン 栄町”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 4-5. (1986年10月28日) 
  3. ^ a b “房総のむら 最高の人出 今月本格オープン 栄町”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1986年11月8日) 
  4. ^ “ミュージアムの冒険2 江戸時代の町や農村 体験中心の千葉県立房総のむら”. 読売新聞 (読売新聞社): pp. 夕刊 6-7. (1992年4月10日) 
  5. ^ “レジャールポ 県立「房総のむら」を訪ねて 明治の町並み、肌で体験”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (1990年7月5日) 
  6. ^ “伝統の技にかっさい 「県立房総のむら」盛況 武術からかじ屋まで”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1992年10月11日) 
  7. ^ “のぞいてみよう昔の生活 全施設で実演、製作体験 栄町の房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1990年6月6日) 
  8. ^ “ドンド焼きで今年の健康祈願 松飾りなど持ち寄って 栄町・房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1990年1月17日) 
  9. ^ “伝統の行事「ドンド焼き」 無病息災 炎に祈る 栄町・房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 18. (1993年1月18日) 
  10. ^ “どんど焼きで無病息災祈る 栄・房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2007年1月21日) 
  11. ^ “きょうからひな祭り 栄町の房総のむら 農家でもちつきも”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1990年2月24日) 
  12. ^ “江戸の掘割お目見え 栄町の房総のむら きょうまで秋のまつり”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2007年11月4日) 
  13. ^ “マコモで七夕馬作り 伝統行事を体験 きょうから栄の「房総のむら」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1996年8月20日) 
  14. ^ “狂言や大道芸披露 15、16日に房総のむらで 栄町”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1996年6月15日) 
  15. ^ “きょうから房総のまつり展 受け継がれる郷土芸能を再現 県立房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1992年10月18日) 
  16. ^ “栄町・房総のむら博物館 要望にこたえ食体験 試行スタート、好評”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1988年11月7日) 
  17. ^ “古代米料理に挑戦 栄町 房総のむら 土器でスープ作りも”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2007年9月25日) 
  18. ^ “かまどでご飯炊き 栄町 房総のむらで宿泊体験”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年8月29日) 
  19. ^ “炭火と格闘、うなぎかば焼き 「房総のむら」で小学生ら挑戦 栄”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2008年7月25日) 
  20. ^ “水ようかん作りに挑戦 栄・房総のむら 老舗店主が親子ら指導”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2007年7月15日) 
  21. ^ “江戸時代に鉄板の屋根? 博物館に無粋な法の網 栄町・「房総のむら」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1988年7月23日) 
  22. ^ “鉄板から茅葺き屋根に 江戸時代風景再現進む 房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2008年9月11日) 
  23. ^ a b 「歴史と自然への招待 『房総風土記の丘』がオープン」、『ニューライフちば』第157号、千葉県広報協会、1976年7月、 4-11頁。
  24. ^ a b “県内唯一の考古専門館 栄町の県立房総風土記の丘 入館者200万人突破 千葉日報”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1994年4月9日) 
  25. ^ a b “栄町の房総風土記の丘 炉を実験操業 “なぞの技術”来月初公開”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1991年9月28日) 
  26. ^ a b “古代と同じ方法で鉄づくり公開実験 27日、県立房総風土記の丘”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 24. (1991年10月15日) 
  27. ^ “復元古墳が完成し公開 県立房総風土記の丘”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (1992年4月2日) 
  28. ^ “うちの逸品 全国でも珍しい 復元古墳 県立房総風土記の丘 墳丘に武人や動物”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 23. (1992年1月26日) 
  29. ^ “県立房総のむら 盛大に開館式典 知事ら250人出席”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1986年10月29日) 
  30. ^ “きょうから「房総のむら」第二期公開 佐倉藩の中級武士武家屋敷を再現”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1987年10月1日) 
  31. ^ “県立博物館房総のむら 栄町 商家4棟が完成”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1988年1月30日) 
  32. ^ “栄町・房総のむら 新たに商家4棟が完成 きょう、第3期公開 開館一年半”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1988年4月19日) 
  33. ^ “30万人突破 県立房総のむら入館者 人気の商家群 秋、さらに6棟公開”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1988年7月14日) 
  34. ^ “江戸の風俗体験 商家6棟完成 きょうから第4期公開 栄町の県立房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (1988年10月1日) 
  35. ^ “復元される「鍾馗幟」 船橋の「つるや伊藤」が制作 房総のむらの行事に使用”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1989年2月20日) 
  36. ^ “人 鍾馗幟 明治十年代のもの 船橋の染物店忠実に復元 「房総のむら」に展示”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 25. (1989年2月21日) 
  37. ^ “明治のポストを復元 当時の姿そのままに 栄町・房総のむら”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1989年11月27日) 
  38. ^ “房総のむら 入館者100万人突破 開館6年目人気施設に 今春にも全面オープン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1992年1月29日) 
  39. ^ “下総、安房の農家オープン 「房総のむら」全施設完成 14日、実演と体験”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1992年6月13日) 
  40. ^ “入館者200万人達成 オープン以来10年目で 房総のむら 栄町”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (1996年2月20日) 
  41. ^ “入館者400万人突破 栄町 体験博物館・房総のむら 19年目で大台達成”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2005年3月23日) 
  42. ^ “弥生時代の竪穴住居が完成 栄町の房総のむら 古墳時代に続き2棟目”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年3月14日) 
  43. ^ “房総のむら入館500万人 酒々井町の加藤さん 開館から6930日で達成”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2009年5月10日) 
  44. ^ “房総のむら 600万人到達 栄 石野さん一家に記念品”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 8. (2013年3月24日) 


「千葉県立房総のむら」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「千葉県立房総のむら」の関連用語

千葉県立房総のむらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マルキ

FOMA P706ie

アミメニシキヘビ

コンテリエ

豚骨醤油

デオ700系

名塩紙

500形





千葉県立房総のむらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉県立房総のむら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS