境界のRINNE 境界のRINNEの概要

境界のRINNE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 00:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
境界のRINNE
ジャンル 少年漫画ファンタジーハートフルコメディ
バトルオカルトラブコメディ
漫画
作者 高橋留美子
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発表号 2009年21・22合併号 - 2018年3・4合併号
発表期間 2009年4月22日[1] - 2017年12月13日
巻数 全40巻
アニメ
原作 高橋留美子
監督 菅原静貴(第1話 - 第50話)
石踊宏(第51話以降)
シリーズ構成 横手美智子
キャラクターデザイン たむらかずひこ
音楽 本間昭光
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
製作 NHK小学館集英社プロダクション
放送局 NHK Eテレ
放送期間 第1シリーズ:2015年4月4日 - 9月19日[2]
第2シリーズ:2016年4月9日 - 9月24日[3]
第3シリーズ:2017年4月8日[4] - 9月23日
話数 第1シリーズ:全25話
第2シリーズ:全25話
第3シリーズ:全25話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

概要

前作『犬夜叉』がハードかつシリアスな内容だったため、「次回作は気軽に楽しめるように」という思いから[6]、本作では和服姿の主人公と制服姿のヒロイン、およびバトル要素を残しつつ、『うる星やつら』や『らんま1/2』のような従来のコメディ要素が色濃く描かれている[6]

『週刊少年サンデー』での定期連載作品としては高橋にとって4作目にあたり、また他誌での連載の『めぞん一刻』(『ビッグコミックスピリッツ』)『1ポンドの福音』(『週刊ヤングサンデー』)も合わせれば6作目の定期連載である。不定期連載も含めれば、『週刊少年サンデー』では『人魚シリーズ』も合わせて5作目、他誌の『ダストスパート!!』も合わせると高橋の中では8作目の連載作品となる。

2015年春よりテレビアニメ第1シリーズが放送開始し[2]、2016年春より第2シリーズ[3]を放送、2017年春から秋、第3シリーズまで放送された[4]

あらすじ

女子高校生・真宮 桜は、幼いころに神隠しに遭い、あの世でもこの世でもない境界・輪廻の輪の近くに連れて行かれた過去をもつ。「親切な謎のオバさん」に助けられるも、それ以来、何故か「霊が見える」ようになってしまった。成長するにつれ、「大きくなれば治る」と信じていたものの一向に治る気配はなく、生きた人間と霊魂の区別がつかないほどはっきり見える桜は、その能力を友人たちにも隠し続ける日々を過ごしていた。

高校に進学した桜は、5月に入っても登校しない隣席のクラスメート・六道 りんねのことを気にかけていた。ある日、桜は教室で悪霊化したチワワと戦う「羽織姿の少年」を見てしまうが、少年やチワワは桜だけにしか見えていなかった。着れば霊体化して一般人には姿が見えなくなる黄泉の羽織を纏った姿を桜に見られた少年は驚き、どういうことかと問いただす。その少年こそ、六道りんね本人だった。

りんねは現世に彷徨う霊魂たちを導き輪廻の輪に乗せる「死神のような仕事」を人知れず行っていたが、祖父の死後赤貧に喘ぎ、「高校の制服すら買えずに一張羅は中学指定のジャージ」で「死神道具の購入資金に充てる小銭にさえ事欠き」、「老朽化により使われなくなったが『霊障』が原因で取り壊しが見送られている高校のクラブ棟にこっそり住み着いている」有様だった。なりゆきでりんねに力、もとい小銭を貸して仕事に協力することになった桜は、りんねと共に訪れた霊道の果てにある輪廻の輪が存在する世界を見て、かつてここに来たことがあると思い出す。

やがて桜は、かつて自分を助けてくれた「親切なオバさん」・魂子と再会を果たす。魂子はりんねの祖母で死神であり、桜は自身の記憶を喪っていた理由、そして霊が見えるようになった経緯を明らかにされる。さらに、りんねが死神のような仕事をしなければならないのは、「魂を導くべき人間の男性に一目惚れした魂子が『ありとあらゆるコネと手段』を用いて彼に50年の寿命を与えて貰い、夫婦生活を送って子や孫を得た代償として、孫子の代まで死神のノルマを果たすと契約した」ことによるものだと判明する。りんねは死神と人間による混血であり、力が正統な死神には劣るため、強力な悪霊相手では道具に頼らなければならないのだった。図らずも様々な疑問が一気に解消した桜は、以来、りんねの仕事と生活をなにかと助けることになる。

りんねは仕事と生活の両立のため、「学校の使われなくなった百葉箱に『お供え』と『お賽銭』を入れて『依頼』をすると依頼内容が成就する」という伝説を自ら流し、借金返済に勤しむ。やがて、りんねのもとには魂子からリストラされた使い魔の黒猫・六文が、「エサ代自分持ち」という劣悪な雇用条件ながら契約して仕事をサポートするようになる。そして、りんねを借金地獄と極貧生活に突き落とした張本人であり、実の父親で堕魔死神のボスでもある鯖人らと激しいバトルを繰り広げていく。

小学校時代から桜に思いを寄せる祓い屋の十文字、鯖人に恨みを持つ死神・、記死神・架印、堕魔死神・れんげ、子供の頃からりんねを逆恨みする悪魔・魔狭人や死神・沫悟、そして彼らの契約黒猫らが巻き起こす幾多の事件や騒動を解決したり、この世に未練を残す幽霊たちを協力して輪廻の輪へと送り成仏させたりするにつれ、二人は次第に強い信頼と絆で結ばれていき、いつしか互いに惹かれ合うようになる。

りんねと桜は順調に浄霊に励む中、長年行方不明とされてきたりんねの母であり伝説の死神・六道乙女の行方を遂に突きとめる。乙女は、不慮の事故で輪廻の輪へと転生し、現世で幽霊が見える小学1年生の女児・として生まれ変わっていた。苺の事件を通じて、失踪した経緯や理由が判明し、生まれ変わった今でもりんねの母親であることを苺自身から告げられ、りんねはようやく母親と再会を果たすことができた。

ある日、りんねは桜への日頃の感謝の気持ちを込めてあの世の日帰りツアー旅行に誘う。予想外のツアー内容に落ち込むりんねは、三途の川で一緒に拾った境界石を加工し、お揃いのブレスレットとして桜にプレゼントする。ツアー内容を申し訳なく思うりんねだったが、桜に「今日の旅行はりんねと一緒じゃないと行けない楽しいこと」であると感謝の気持ちを告げられ、喜んでもらうことに成功した。その日の夜、二人はお揃いのプレゼントを腕に着けて、今日一日の二人で過ごした楽しい出来事と幸せを噛みしめていた。そして、桜はりんねとのいつもの日常がずっと続くと信じて疑わなかった。

昇給を考え、りんねは最難関クラスである浄霊検定を受験する。試験には見事合格して昇給するも、その時の騒動で身に着けていた桜とペアで作った境界石のブレスレットをなくしてしまう。そして、度重なる紆余曲折とトラブルに見舞われ、りんねと桜、両者の境界石は粉々に壊れてしまった。りんねは仕事の忙しさにより桜との会えない・話ができない日々が続く中で、桜は幾多のすれ違いを通してりんねへの恋心を自覚する。

その直後、桜は境界石と三途の川の水の力によって境界に行ったため、桜の危機を察知したりんねは桜を救うために命懸けで輪廻の輪へと向かうも、桜の姿はなかった。りんねが動揺する一方で、桜は間一髪のところで転生されておらず、自分の名を呼びながら必死に探し続けるりんねの元へと駆ける。りんねは輪廻の輪へ向かうステップからりんねの元へと飛び降りた桜を受けとめて強く抱きしめ、安心した桜はそれに応えるようにりんねの背中に腕を回した。無事に再会を果たした二人は、互いに強く抱きしめ合い、ようやく思いを通じ合わせることができた。

こうしてすべての事件が解決し、再びいつもの平穏な日常が戻ってきたが、りんねと桜はこれまで以上に二人きりで一緒に過ごすことが多くなった。りんねは桜への借金を完済、最難関の浄霊検定に合格したため、昇給して以前よりも生活が安定するようになる。桜はりんねと1日デートを何度も重ねる日々を過ごしており、母親に温かく見送られて今日もりんねの元へと向かう。ふと、桜が空を見上げれば、そこには鮮やかに死神のカマを振るいながら大物悪霊を浄霊するりんねの姿があった。晴れて恋人同士となったりんねと桜は、微笑みながら見つめ合い、今日も仲睦まじいデートを始める。二人の幸せな日常は、これからもずっと続いていくのであった。




注釈

  1. ^ ただし連載が進むにつれて戦闘力が高くなっており、純粋な死神よりも優れて描かれるようになっている。
  2. ^ りんね曰く、「塾みたいなもの」(18巻第7話「思い出発掘」)。
  3. ^ アニメでは、特に桜が作った玉子焼きを好物としている。
  4. ^ 霊魂絡みの依頼には一応対応しているが、それ以外の内容ならばスルーしている。また、わざと噂を広めるため黄泉の羽織を着た状態で人目を気にせず中身を回収しており、事情を知らない桜以外の人たちからは怪異現象だと思われている。
  5. ^ 覗きやら盗みに利用することはないが、依頼のない普段の生活から霊道を頻繁に利用している。
  6. ^ 500円のもので高級品と言ったり、50万で遊んで暮らせる等
  7. ^ 桜に惚れた幽霊が桜に告白した際には、彼氏のフリをするため一度だけ「桜」と呼んでいる(7巻第3話「涅槃屋へようこそ!」)。
  8. ^ 桜の着替えシーンをうっかり覗いてしまった時は、赤面する慌て振りをみせた(11巻第3話「りんねはどこに?」)。
  9. ^ 作中ではポニーテールなど、服装に合わせて髪型を変えることもある。
  10. ^ アニメの文字放送では、彼女の台詞は黄色(主人公色)で表現されている。
  11. ^ スカート丈こそ異なるが、『めぞん一刻』のヒロイン・音無響子の高校時代の制服と瓜二つである。制服のデザインは作者・高橋留美子の出身高校・新潟県立新潟中央高等学校がモデルとなっている。
  12. ^ 高校の体育祭では、クラスのリレー代表選手の一人に選ばれている(17巻第6話「魔の4コース」)。
    また、周囲が息切れする急な登り坂でも、平然と走っている(14巻第1話「腰砕け坂の怪」)。
  13. ^ 悪事を働こうとする翔真を阻止しようと、思わず振り投げた悪魔道具切りバサミで翔真を吹っ飛ばしている(8巻第5話「監督責任」)。
  14. ^ 初対面の鯖人からは「可愛いお嬢さん」(4巻第3話「堕魔死神カンパニー」)、
    十文字が落とした定期入れの写真に写る小学校時代の桜を見た六文からも「可愛い女の子」(3巻第1話「転校生」)と評されている。
  15. ^ 柔道部員の霊からの告白を断った後、「かわいそうだったかな。」と呟いたりするなど、自分が振った相手のことを気遣うこともあった(7巻第3話「涅槃屋へようこそ!」)。
  16. ^ が好意のあるなしについてはコメントしていない。
  17. ^ テレビアニメ版 第2シリーズでも杏珠役で出演。
  18. ^ アニメ版でも原作に即して書き文字で表現されている。
  19. ^ 第10話以降この名義に変更された。以前は旧芸名「雪野五月」名義。
  20. ^ 聖書を携帯しており、所持品に十字をあしらったデザインのものが多い。
  21. ^ アニメ16話では校門に「豊神杉小学校」と書いてある。
  22. ^ 六文にスクランブルエッグと間違えられた。しかも殻が入っている。
  23. ^ このウインナーは家の蔵にあった札付きの箱を使ったせいで悪霊化した。
  24. ^ 幼少期は六文同様の姿をしていた。
  25. ^ 理由としては、桜が騙されない性格なのはもちろん、りんねや魂子から鯖人へ制裁が入るため。ただし、一度だけ桜本人の意思でお金を貸してもらったことがあり、のちに全額返金した(13巻第1話「お金♡貸して?」)。
  26. ^ 人間の命である「命の火」という魂が別に存在するため。
  27. ^ 原作の台詞やアニメのクレジットでは読み易さを考慮してか「だまし神」とひらがなを使用して表記する。「堕魔死神カンパニー」は会社名なので漢字表記する。
  28. ^ りんねの両親役には山口勝平林原めぐみを起用し、祖母役はゆきのさつき、桜の母親役は平野文など、いずれも過去の高橋作品における主役級のキャストが起用されている。
  29. ^ 1話から登場するりんね、桜、魂子を除けば、六文→3話、十文字→4話、魔狭人→7話、鯖人→10話[56]、鳳→12話、架印→18話の順。

出典

  1. ^ a b 高橋留美子:新連載「境界のRINNE」 幽霊が見える女子高生、少年サンデーで”. コミックナタリー (2009年4月15日). 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c 境界のRINNE”. NHKアニメワールド. 2015年1月23日閲覧。
  3. ^ a b “境界のRINNE:第2シリーズが4月9日より放送開始”. コミックナタリー. (2016年1月20日). http://natalie.mu/comic/news/173176 2016年1月20日閲覧。 
  4. ^ a b “「境界のRINNE」公式サイト”. NHK. (2017年2月15日). http://anime-rinne.com/ 2017年2月16日閲覧。 
  5. ^ RIN-NE”. VIZ Media. 2020年9月12日閲覧。
  6. ^ a b 週刊少年サンデーS』2017年5月号(高橋留美子単行本累計発行部数全世界2億冊突破記念「高橋留美子番 my P-1 歴代担当が選ぶ私の1ページ」、72頁)
  7. ^ a b c “「境界のRINNE」放送直前!高橋留美子新作4コマも読める「るーみっく新聞」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年2月25日). http://natalie.mu/comic/news/139404 2015年3月3日閲覧。 
  8. ^ マンガ質問状:「境界のRINNE」 主人公りんねは連載開始2週間前に“誕生””. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2011年10月31日). 2018年1月5日閲覧。
  9. ^ 「境界のRINNE」りんね役は石川界人、桜は井上麻里奈、山口勝平も出演”. コミックナタリー (2015年1月23日). 2018年1月5日閲覧。
  10. ^ a b アニメ第2シリーズDVD下巻特典ブックレット・身長対比表より。
  11. ^ 13巻第10話「白紙絵馬」
  12. ^ 14巻第7話「れんげの正体」
  13. ^ マンガ質問状:「境界のRINNE」 主人公りんねは連載開始2週間前に“誕生””. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2011年10月31日). 2018年1月5日閲覧。
  14. ^ 『週刊少年サンデーS2017年5月号』(高橋留美子単行本累計発行部数全世界2億冊突破記念「高橋留美子番 my P-1 歴代担当が選ぶ私の1ページ」、72頁)
  15. ^ 高橋留美子画業35周年インタビュー”. コミックナタリー. 2018年4月9日閲覧。
  16. ^ アニメ第2シリーズDVD上巻特典ブックレット・インタビュー
  17. ^ a b ダ・ヴィンチ2013年12月号 高橋留美子×あだち充対談
  18. ^ a b http://comics.shogakukan.co.jp/news/5097
  19. ^ NHKキャラ☆コンシェル 境界のRINNE 真宮桜”. NHKエンタープライズ. 2018年4月8日閲覧。
  20. ^ “「るーみっくわーるど35~SHOW TIME&ALL STAR~高橋留美子画業35周年記念インタビュー」”. natile news. (2013年12月20日). https://natile.mu/comic/pp/rumic35/page/3 2018年1月7日閲覧。 
  21. ^ “B!KUMA【ビークマ】真宮桜の三つ編みおさげがかわいい!クールだけど天然の隠れ巨乳ちゃん【境界のRINNE】”. anipla news. (2015年4月20日). https://bkuma.hatena.ne.jp/entry/anipla.net/curations/1061 2018年1月7日閲覧。 
  22. ^ “【アニメ漫画キャラの魅力】るーみっくわーるどが生み出した新感覚Newヒロイン「真宮桜」の魅力【境界のRINNE】”. excite.news. (2015年12月30日). https://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20151230/Charapedia_20151230_0002.html 2018年1月7日閲覧。 
  23. ^ アニメ第2シリーズDVD上巻特典ブックレット・インタビュー
  24. ^ アニメ第3シリーズ番外編第22回
  25. ^ 境界のRINNE番外編05
  26. ^ “高橋留美子先生に聞いてみた!(前編)”. NHK subculture. (2017年8月12日). https://www6.nhk.or.jp/anime/special/special.html?i=4557 2017年8月12日閲覧。 
  27. ^ 11巻第1話-3話
    アニメ第25話(第1シリーズ最終回)
  28. ^ 週刊少年サンデーS』2017年5月号(高橋留美子単行本累計発行部数全世界2億冊突破記念「高橋留美子番 my P-1 歴代担当が選ぶ私の1ページ」74頁)
  29. ^ “一番くじ るーみっくわーるど~35th Anniversary~「高橋留美子作品の名シーンを発表!あなたの思い出のシーンは?」”. 藤本エリ (getnews). (2013年4月26日). http://getnews.jp/archives/330095 2018年1月7日閲覧。 
  30. ^ 週刊少年サンデー』2017年18号(2017年3月29日発売)、巻頭インタビュー。
  31. ^ a b “境界のRINNE : 声優に石川界人、井上麻里奈 高橋作品“常連”の山口勝平も”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年1月23日). http://mantan-web.jp/2015/01/23/20150122dog00m200077000c.html 2015年3月3日閲覧。 
  32. ^ a b c “「境界のRINNE」第3シリーズ初回放送日&キービジュアル&新キャストの発表!”. アニメワールド 注目!情報 (日本放送協会). http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4404 2017年2月15日閲覧。 
  33. ^ “「境界のRINNE」ラムの声優・平野文が、ヒロイン・真宮桜の母役で出演”. yahoo news. (2015年7月27日). オリジナルの2015年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150930132315/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000011-mantan-ent 2015年7月27日閲覧。 
  34. ^ a b c d e 「境界のRINNE」キャスト発表第2弾!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年3月3日). 2015年3月3日閲覧。
  35. ^ アニメ版第12話「死神 鳳」答案用紙より。
  36. ^ a b 「境界のRINNE」キャスト発表第3弾!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年6月16日). 2015年6月16日閲覧。
  37. ^ a b c d 「境界のRINNE」新キャスト発表!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  38. ^ 「境界のRINNE」新キャストの発表です!!”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年7月27日). 2015年8月2日閲覧。
  39. ^ 「境界のRINNE」沫悟役は村田太志さん!”. アニメワールド 注目!情報. 日本放送協会 (2016年7月19日). 2016年7月22日閲覧。
  40. ^ 「境界のRINNE」杏珠役は釘宮理恵さん!”. アニメワールド 注目!情報. 日本放送協会 (2016年9月6日). 2016年9月6日閲覧。
  41. ^ “高橋留美子氏の『境界のRINNE』アニメ化、来春Eテレで放送”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2044949/full/ 2014年12月11日閲覧。 
  42. ^ Eテレアニメ 秋からの再放送”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年9月16日). 2015年9月23日閲覧。
  43. ^ nhk_rinneのツイート(637546047422660608)
  44. ^ TVアニメ『境界のRINNE』第3シリーズがEテレにて2017年春放送決定!! 高橋留美子先生からコメントも到着”. アニメイトタイムズ (2016年9月26日). 2016年11月21日閲覧。
  45. ^ a b 「境界のRINNE」劇中音楽 (BGM)の話”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2015年8月14日). 2015年8月16日閲覧。
  46. ^ nhk_rinneのツイート(583285729234554881)
  47. ^ KEY TALK アニメソングに抜擢!「桜花爛漫」の魅力” (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  48. ^ nhk_rinneのツイート(604565655375876098)
  49. ^ nhk_rinneのツイート(632469779933040640)
  50. ^ nhk_rinneのツイート(645159106869792768)
  51. ^ nhk_rinneのツイート(645145715774099456)
  52. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新OPテーマ曲を発表!”. 注目!情報 NHKアニメワールド (2017年2月28日). 2017年3月8日閲覧。
  53. ^ 夜の本気ダンス、ニューシングルはアニメ「境界のRINNE」OP曲”. 音楽ナタリー (2017年3月3日). 2017年3月4日閲覧。
  54. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新OPテーマ曲を発表!”. NHKアニメワールド. 2017年6月5日閲覧。
  55. ^ 高橋留美子「境界のRINNE」の原画イラスト、くるりの新譜ジャケットに”. コミックナタリー (2015年8月27日). 2015年8月28日閲覧。
  56. ^ nhk_rinneのツイート(607108118632239104)
  57. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新EDテーマ曲を発表!”. 注目!情報 NHKアニメワールド (2017年3月7日). 2017年3月8日閲覧。
  58. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新EDテーマ曲を発表!”. 注目!情報 NHKアニメワールド (2017年6月13日). 2017年3月8日閲覧。
  59. ^ 2015年4月4日(土)午後5時30分~放送開始予定!”. TVアニメ「境界のRINNE」公式サイト. 2015年1月22日閲覧。
  60. ^ 「境界のRINNE」webラジオ”. 響 -Hibiki Radio Station-. 2015年3月9日閲覧。
  61. ^ 高橋留美子作品×[クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ]”. コロプラ. 2015年9月23日閲覧。
  62. ^ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズに、りんねと桜が登場!”. websunday. 2015年9月23日閲覧。


「境界のRINNE」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「境界のRINNE」の関連用語

境界のRINNEのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



境界のRINNEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの境界のRINNE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS