Web Application Firewallとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Web Application Firewallの意味・解説 

WAF

フルスペル:Web Application Firewall
読み方ワフ
別名:Webアプリケーションファイヤーウォール

WAFとは、外部ネットワークからの不正アクセスを防ぐためのソフトウェア(あるいはハードウェア)であるファイアーウォール中でもWebアプリケーションやり取り把握管理することによって不正侵入防御することのできるファイアウォールのことである。

WAFの特徴としては、従来ファイヤーウォールがネットワークレベルで管理していたことに対して、WAFはアプリケーションレベル管理を行う、といった点を挙げることができる。WAFでは、プログラムに渡される入力内容などを直接検査することによって、不正と見なされたアクセス要求遮断するという仕組み採用されている。クライアント操作するWebブラウザWebサーバ仲介するかたちで存在し、ブラウザとの直接的やり取りをWAFが受け持つ。そのことによってSQLインジェクションクロスサイトスクリプティング強制ブラウジングといった要求に対して、「攻撃」と見なして拒絶することができる。

WAF以前従来ファイヤーウォールでは、おおむねルータ外部ネットワークとの間に設置され、通信プロトコルレベル通信可不可判断する仕組み採用されている。例えば「特定のIPアドレス以外は通信遮断する」という設定外部接続拒否されるとか、あるいはポート番号ごとに、WWW向けて80ポート転送制御メールであれば25ポート制御する、といった設定がとられてきた。ただし、こういったタイプ設定方法では、どのようなWebアプリケーション(インターネットサービス)が存在しているかを感知することもできなければ通信そのもの通常のアクセスと同様である不正アクセス遮断しきれないという問題があった。すなわち、Webアプリケーション脆弱性を狙った攻撃に対して従来型のファイヤーウォールは満足なセキュリティ効果発揮することができなかったといえる

WAFを導入することによって、Webアプリケーションへのセキュリティ対策軽減され、Webアプリケーション開発にかかるコスト削減を図ることができるとされる


参照リンク
WAF製品「TrafficShield」 ‐F5 Networks Japan

Web Application Firewall

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/06 07:57 UTC 版)

Web Application Firewall(略称:WAF、ワフ)とは、ウェブアプリケーション脆弱性を悪用した攻撃からウェブアプリケーションを保護するセキュリティ対策の一つ[1]。本頁では以下「WAF」と記述する。






「Web Application Firewall」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Web Application Firewall」の関連用語

Web Application Firewallのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH-01E Vivienne Westwood

Galaxy Active neo

eneloop

AQUOS PAD SH-08E

Athlon

Microsoft Office 2013

ワイヤレスチャージャー 03

GALAXY S





Web Application Firewallのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWAFの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWeb Application Firewall (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS