N高とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > N高の意味・解説 

N高等学校

情報と社会のほかの用語一覧
教育:  MOOC革命  メディアリテラシー  モバイルラーニング  N高等学校  Quipper  SCORM  SNS東京ルール

N高等学校

(N高 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/17 06:00 UTC 版)

N高等学校(エヌこうとうがっこう)は、日本私立通信制高等学校である。略称N高(エヌこう)。


注釈

  1. ^ 都道府県各地においては方角を示す「北」「南」「東」「西」が多い。その他、地名由来の校名としては三重県の「」、広島県の「」など、実例多数。
  2. ^ 週5日のみ。
  3. ^ 6か月定期券額が基準となっている。

出典

  1. ^ 参考資料 広域通信制高校一覧(平成29年4月現在)”. 広域通信制高等学校の質の確保・向上に関する調査研究協力者会議(第5回). 文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課教育制度改革室. 2020年2月29日閲覧。
  2. ^ N高等学校・S高等学校 (通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2023年6月4日閲覧。
  3. ^ 通信制高校から通信制大学へ~時代の要請に応える大学通信教育の役割~”. 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB. 2023年2月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 崎谷美穂『ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命』KADOKAWA、2017年。ISBN 978-4041054765 
  5. ^ よくある質問 | N高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. 学校法人角川ドワンゴ学園. 2016年8月1日閲覧。
  6. ^ a b “角川ドワンゴ学園、つくば市に「S高等学校」設立”. ITmedia NEWS (IT Media). (2020年10月16日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2010/16/news058.html 2020年10月20日閲覧。 
  7. ^ “KADOKAWA・DWANGO教育事業発表会”. ニコニコインフォ (ドワンゴ). (2015年7月8日). https://blog.nicovideo.jp/niconews/ni054400.html 2015年10月14日閲覧。 
  8. ^ KADOKAWA・DWANGO 教育事業開始 デジタルネイティブ時代の「ネットの高校」設立準備 〜ネットの双方向学習や、著名人による課外授業を展開〜”. KADOKAWA・DWANGO (2015年7月9日). 2015年10月14日閲覧。
  9. ^ “カドカワ「ネットの高校」発表会”. ニコニコインフォ (ドワンゴ). (2015年10月2日). オリジナルの2015年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151014125649/http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni056282.html 2015年10月14日閲覧。 
  10. ^ カドカワが創る“ネットの高校” 「N高等学校」2016年4月開校予定”. カドカワ株式会社 (2015年10月14日). 2015年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月14日閲覧。
  11. ^ “ネットで授業 カドカワが高校を開設へ”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2015年10月14日). https://news.ntv.co.jp/category/economy/312174 2015年10月14日閲覧。 
  12. ^ N高等学校 提携通学コース新設のご案内”. N高等学校. 2018年5月12日閲覧。
  13. ^ http://nnn.ed.jp/news/index.html%3Fp=349.html
  14. ^ 通学コースのキャンパスがオープンしました
  15. ^ N高、難関大受験に特化した「英進館クラス」を開講--2018年に福岡キャンパスで”. CNET Japan (2017年11月1日). 2020年10月13日閲覧。
  16. ^ N高、長崎県五島市と地域間交流事業で提携 全国の学生に向けた「離島教育プログラム」の企画開発を開始”. アットプレス. 2020年10月13日閲覧。
  17. ^ ネットの高校「N高」、学生ベンチャー育成する「N高起業部」設立”. ITmedia NEWS. 2020年10月13日閲覧。
  18. ^ N高、NPO法人ReBitとLGBT支援で業務提携”. アットプレス. 2020年10月13日閲覧。
  19. ^ N高と麻生塾が業務提携、IT・ゲーム・CG分野に特化した専門教育を行う「ASO高等部」を設立”. EdTechZine(エドテックジン). 2020年10月13日閲覧。
  20. ^ a b 学校法人角川ドワンゴ学園の2021年度会社概要”. マイナビ. 2020年10月13日閲覧。
  21. ^ ドワンゴ新社長・夏野剛が明かす“N高のミライ” 小中学生向けプログラミング塾「Nepps」の狙いとは (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン(2019年03月02日)
  22. ^ “踊る学長”TETSUYAも誕生!“EXILE×高校”夢のコラボにファン沸騰「すごすぎる」「転校したい!」 (1/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン”. ザテレビジョン. 2020年10月13日閲覧。
  23. ^ 実践的な金融教育「N高投資部」設立 特別顧問に村上世彰氏が就任~リアルな株式投資に挑戦し、実社会で活きる金融を学ぶ~”. アットプレス. 2020年10月13日閲覧。
  24. ^ 高原直泰が代表の沖縄SV、N高と業務提携 ユース選手たちを「人間として成長させていく」”. ORICON NEWS. 2020年10月13日閲覧。
  25. ^ N高式プログラミング教室、対象を小1~高3に拡大、名称を「N Code Labo」に”. EdTechZine(エドテックジン). 2020年10月13日閲覧。
  26. ^ 編集部. “中務裕太が特別顧問に就任、初の運動系ネット部活・N高ダンス部を設立”. MusicVoice. 2020年10月13日閲覧。
  27. ^ N高に政治部 初回は麻生副総理が登壇、特別講師に国際政治学者の三浦瑠麗氏”. ITmedia NEWS. 2020年10月13日閲覧。
  28. ^ 距離に捉われずネットに集い、仲間とともに学ぶコミュニティ 「オンライン通学コース」を新設”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2020年10月15日). 2023年6月7日閲覧。
  29. ^ ワタナベエンタ、21年4月オンライン学校開校 コロナ禍“逆手”に全国の才能発掘”. SANSPO.COM(サンスポ) (2020年11月25日). 2021年1月8日閲覧。
  30. ^ N高・S高通学コース、2021年4月に梅田に新キャンパスを開校 | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校(設置認可申請中). 2021年3月11日閲覧。
  31. ^ N高・ S高、VR技術を活用した「普通科プレミアム」がスタート”. ict-enews.net. 2021年8月19日閲覧。
  32. ^ N/S高、VRによる学びを「普通科」に名称変更 〜複数メンター制の導入も〜現在は名称を変更し「旧普通科プレミアム」を「普通科」とし、「旧普通科スタンダード」を「普通科ベーシック」としている
  33. ^ N高・S高、アバターとバーチャル空間を活用した面接トレーニングプログラムを開始”. こどもとIT (2022年2月2日). 2022年10月3日閲覧。
  34. ^ 2022年4月に14キャンパスを新たに開校~N高等学校・S高等学校”. 教育家庭新聞ニュース. 教育家庭新聞社. 2023年1月4日閲覧。
  35. ^ 角川ドワンゴ学園、オンライン健康相談サービス「Welcome to talk」と提携”. こどもとIT (2022年6月21日). 2022年10月3日閲覧。
  36. ^ 角川ドワンゴ学園、個別指導の学習塾「N塾」を開始”. こどもとIT. 株式会社インプレス (2022年6月27日). 2023年10月8日閲覧。
  37. ^ 角川ドワンゴ学園 寄付募集を開始 〜意欲的な生徒の活動を応援するためにご支援ください〜 | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2022年10月3日閲覧。
  38. ^ Meta、次世代XRクリエイター向け教育プログラムを日本で開始 角川ドワンゴ学園とも連携”. MarkeZine. 2022年10月3日閲覧。
  39. ^ 株式会社インプレス (2022年10月12日). “N高・S高で生徒約2万人の代表となる「生徒会」設立、活動費1000万円を用意”. こどもとIT. 2023年1月4日閲覧。
  40. ^ ワールドアベニューと学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校の業務提携締結のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2023年1月4日閲覧。
  41. ^ N高・S高通学コース、川越、高崎、岡山など10キャンパスを2023年4月に開校”. こどもとIT. 株式会社インプレス (2022年10月3日). 2023年1月4日閲覧。
  42. ^ 角川ドワンゴ学園N高等学校・S高等学校、「個別指導コース」を2024年4月に新設”. EdTechZine (2023年11月2日). 2023年11月3日閲覧。
  43. ^ a b c 本校・キャンパス | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2023年6月4日閲覧。
  44. ^ “彩橋小中学校が開校しました”. 広報うるま 2012年5月1日号 (うるま市役所): p. 13. (2012年5月1日). http://www.city.uruma.lg.jp/tiiki/41/46 2015年10月14日閲覧。 
  45. ^ 本校・スクーリング会場紹介”. カドカワ株式会社 (2015年10月14日). 2015年10月14日閲覧。
  46. ^ a b ニコ動ニコ生の技術をフル活用、N高の授業とは?”. ITpro (2017年5月18日). 2017年5月22日閲覧。
  47. ^ 高校卒業資格取得のためのネット学習 | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2023年2月26日閲覧。
  48. ^ Advanced Program | N高等学校(通信制高校 広域・単位制)
  49. ^ 特定商取引法に基づく表示
  50. ^ 「N予備校」一般向けにも提供開始、大学受験とプログラミングがネットで学べる
  51. ^ N高等学校・S高等学校 募集要項”. 学校法人角川ドワンゴ学園. pp. 14-15 (2023年6月). 2024年2月24日閲覧。
  52. ^ 通学(学割)定期券は購入できますか?”. よくある質問. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制). 2024年2月24日閲覧。
  53. ^ カドカワ、ネットの高校「N高等学校」を2016年4月開校”. ITpro (2015年10月14日). 2017年5月22日閲覧。
  54. ^ 担任サポート - N高等学校
  55. ^ 部活 - N高等学校
  56. ^ N/S高 初代生徒会長にインタビュー「生徒数2万6000人、日本最大規模の生徒会をどう率いたか?」”. 教育図書. 2024年2月15日閲覧。
  57. ^ N/S高、2万人の高校の代表となる「生徒会」を設立 10月より会長、各高総代表などの役員選挙を開始 本当に生徒が決められる生徒会を目指す”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2022年10月11日). 2024年2月15日閲覧。
  58. ^ 日本最大の通信制高校がめざす生徒会とは:N/S高等学校インタビュー前編”. 生徒会.jp | 生徒会のポータルサイト (2023年3月23日). 2024年2月15日閲覧。
  59. ^ 国内最大運営規模のN/S高生徒会 第2期が発足 総投票数26,000票の選挙で全国各地の役員20名が決定”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2023年11月6日). 2024年2月15日閲覧。
  60. ^ 「起業するための部活、「N高起業部」設立”. 株式会社角川アスキー総合研究所. 2018年5月12日閲覧。
  61. ^ N高起業部・第一期生から、第1号起業チーム「株式会社Easy Go」がサービスローンチ”. N高等学校. 2020年10月13日閲覧。
  62. ^ 飛び出せ起業家、N高の部活2期生が始動”. 日本経済新聞 (2019年2月15日). 2020年10月13日閲覧。
  63. ^ 起業部法人登記第2号誕生 ベンチャースポーツ支援事業「株式会社SUPOTA」〜ベンチャースポーツでスポーツを日常に〜”. N高等学校. 2020年10月13日閲覧。
  64. ^ ベンチャースポーツを支援するN高の「SUPOTA」が法人登記”. ASCII.jp. 2020年10月13日閲覧。
  65. ^ 起業部法人登記第3号誕生ファッションブランド「株式会社HAYATO KURATA」~紫外線を気にせずおしゃれができるUVカットの洋服を提供~”. N高等学校. 2020年10月13日閲覧。
  66. ^ 起業部法人登記第4号誕生 コミュニティサイト運営事業「FreFre株式会社」 ~翻訳付きSNS『FreFre』で外国人と助け合う~ | N高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校. 2020年10月13日閲覧。
  67. ^ 起業部法人登記第5号誕生公的制度の推薦サービス事業「株式会社 Civichat」~質問に答えるだけで自分にあった制度がわかる『Civichat』~ | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校(設置認可申請中). 2021年1月8日閲覧。
  68. ^ 起業部法人登記第6号誕生中高生向けのキャリア教育支援事業「株式会社 Unpacked」高校生が高校生に未知なる発見や学びを提供 | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2021年8月19日閲覧。
  69. ^ N高起業部 法人登記第7号目 家族向けスケジュール共有アプリ開発運営会社 「株式会社Reizoko」~家庭内のすれ違いを解決し、日本中の家族を幸せに~ | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2021年8月19日閲覧。
  70. ^ 起業部法人登記第8社目 ドローンに触れて、学んで、活用までできる 「株式会社OZORA」 ~ドローンで人々の暮らしを豊かに~”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制). 2023年1月4日閲覧。
  71. ^ 起業部・法人登記第9号目 お茶を通じた優しさの循環を目指す 「株式会社CHAIZ」”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2023年4月24日). 2024年3月23日閲覧。
  72. ^ 「株式会社AirFilmsJAPAN」設立 起業部・法人登記11社目 ドローンを活用して日常にワクワクを〜ドローンでの空撮ギフトを提供〜”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2023年10月24日). 2024年3月23日閲覧。
  73. ^ 「株式会社COLORE」設立 起業部・法人登記12社目 〜リップを塗るようにネイルをしよう〜 オリジナルネイル商品を販売開始”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2024年3月4日). 2024年3月23日閲覧。
  74. ^ N高投資部、村上世彰特別顧問による第2期生への初回講義を一般公開で生配信”. EdTechZine(エドテックジン). 2020年10月13日閲覧。
  75. ^ N高等学校eスポーツ部とLEVEL∞がスポンサー契約、コラボゲーミングPCも登場”. ASCII.jp. 2020年10月13日閲覧。
  76. ^ ダンス部 | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2021年8月30日閲覧。
  77. ^ 前参議院議員 大門実紀史氏と考える『政治の役割』 N/S高 政治部4期生 初回講義 7月5日(水)13時30分から生配信”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2023年6月28日). 2024年2月15日閲覧。
  78. ^ N高に政治部 初回は麻生副総理が登壇、特別講師に国際政治学者の三浦瑠麗氏”. ITmedia NEWS. 2021年5月24日閲覧。
  79. ^ N高等学校・S高等学校 政治部の特別講義に 安倍晋三 前総理大臣が登壇 7月15日(木)14時00分から生配信”. N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制) (2021年7月15日). 2024年2月15日閲覧。
  80. ^ 「N高政治部」志位委員長の特別講義|エントリー│日本共産党中央委員会”. 日本共産党. 2021年5月24日閲覧。
  81. ^ “「最初の年から東大生を出したい」――“N高等学校”2016年4月開校に向けて始動、川上量生氏らが意気込みを熱弁”. ファミ通.com (カドカワ株式会社). (2015年10月14日). http://www.famitsu.com/news/201510/14090743.html 2015年10月14日閲覧。 
  82. ^ 制服紹介
  83. ^ 「週刊文春」編集部. “浪人を進学に 生徒数日本一「N高等学校」が進学率を“粉飾”していた 【内部資料入手】”. 文春オンライン. 2021年5月5日閲覧。
  84. ^ 当学園の進学率、および就職率に関する ご説明につきまして | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制)”. N高等学校・S高等学校. 2021年5月5日閲覧。
  85. ^ 通信制「N高校」に是正勧告 残業代、支払い不適切―労基署”. 時事通信 (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。
  86. ^ N高「過重労働」、教員組合と真っ向対立の泥沼実態 | ゲーム・エンタメ”. 東洋経済オンライン (2021年6月18日). 2021年11月19日閲覧。
  87. ^ 激変する時代が生んだ通信制高校 教育革命の全貌 - テレビ東京 2023年11月16日
  88. ^ a b KenKen、30歳で高校生になる 来春入学「高校生クイズに出たい」”. オリコン. 2015年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月25日閲覧。
  89. ^ ネット通信制「N高」、ホロレンズ装着でネット入学式
  90. ^ N高から初の東大・京大合格者が誕生 ドワンゴ夏野社長は「進学校のよう」と手応え”. ITmedia NEWS. 2020年3月30日閲覧。
  91. ^ “eスポーツの“翼くん”―わずか3年で大舞台への切符をつかむまで”. 読売新聞. (2018年7月24日). https://www.yomiuri.co.jp/topics/20180723-OYT8T50090/ 2019年7月25日閲覧。 
  92. ^ a b c “学び方自在、起業も カドカワの通信制「N高」の実力”. NIKKEI STYLE. (2018年7月22日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32772330Z00C18A7000000?channel=DF070420172345&page=3 2019年7月25日閲覧。 
  93. ^ a b c 在校生の皆さんからのメッセージ”. N高等学校. 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月25日閲覧。
  94. ^ みちょぱ(池田美優) [@michopaaaaa] (2016年4月30日). "実は4月からN高校に 転入する事になりました🏃💞". X(旧Twitter)より2019年7月25日閲覧
  95. ^ 『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2022 NEXT GENERATION』受賞者紹介” (2022年4月25日). 2022年7月28日閲覧。
  96. ^ a b c d “早慶に計10人合格、不登校経験者が前向きに――設立3年「N高」の実力 (1/3)”. ITmedia NEWS. (2019年3月28日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/28/news056.html 2019年7月25日閲覧。 
  97. ^ a b 史上2人目のグランドスラム達成の背景に「N高」あり…女流囲碁棋士・上野愛咲美21歳「私が成長できた秘密」 (2/3)”. プレジデントオンライン (2023年4月23日). 2023年5月6日閲覧。
  98. ^ 令和四年度 N中等部・N/S高「メタバース入学式」Zホールディングス川邊社長祝辞や音楽家SASUKEさん 校歌斉唱LIVEで6,000名以上の新入生を歓迎』(HTML)(プレスリリース)学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校、2022年4月18日https://nnn.ed.jp/news/blog/archives/14822/2023年10月25日閲覧 
  99. ^ 大島綾華さんが5月から女流棋士2級に』(プレスリリース)日本将棋連盟、2021年4月30日https://www.shogi.or.jp/news/2021/04/52_3.html2021年5月4日閲覧 
  100. ^ “JKゲーマー大友美有はモデルと二刀流「どちらも頑張ります」”. スポーツ報知. (2020年10月12日). https://hochi.news/articles/20201011-OHT1T50281.html 2021年9月9日閲覧。 
  101. ^ “N高で選手権連覇 プロゲーマー大友美有さんが語るeスポーツの魅力”. 毎日新聞. (2021年7月23日). https://mainichi.jp/articles/20210721/k00/00m/050/032000c 2021年9月9日閲覧。 
  102. ^ a b “(4ページ目)話題の「N高」入学式に行ってみた! “現役アイドルも入学”カドカワの学校・N高の顔は虹のコンキスタドールになる!?”. おたぽる. (2016年4月7日). https://otapol.com/2016/04/post-6303_4.html 2019年7月25日閲覧。 
  103. ^ 垣内選手「目標達成できた」”. 読売新聞オンライン (2023年12月28日). 2024年3月6日閲覧。
  104. ^ 女流棋士WJKS(加藤結李愛) (2021年3月31日). “ツイート”. Twitter. 2021年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月26日閲覧。
  105. ^ “3回転半の紀平梨花「N高」進学 関大拠点に北京へ”. 日刊スポーツ. (2018年4月1日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201804010000245.html 2019年7月25日閲覧。 
  106. ^ ネオ・モダン (2022年10月8日). “鈴木彩艶(ザイオン)の高校や国籍、出身はどこ?代表歴がすごい!”. ネオ・モダン. 2023年10月17日閲覧。
  107. ^ フィギュア紀平が学ぶN高 “頭脳スポーツ”で活躍する生徒も”. Sponichi Annex (2018年11月11日). 2023年5月6日閲覧。
  108. ^ Inc, Natasha. “SASUKE、在学中のN高をイメージした新曲配信リリース(動画あり / コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2023年8月25日閲覧。
  109. ^ N高・広瀬優一さん、初のタイトルを獲得 「第43期新人王戦」”. N高等学校 (2018年10月22日). 2019年7月25日閲覧。
  110. ^ N高・望月慎太郎さん、「全仏オープン・ジュニア」でベスト4”. N高等学校 (2019年6月17日). 2019年7月25日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「N高」の関連用語

N高のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



N高のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリN高等学校の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのN高等学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS