頬白とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 頬白の意味・解説 

ほお じろ ほほ- [0]頰白

スズメ目ホオジロ科全長17センチメートル背面赤褐色暗色縦斑があり、腹面一様に褐色。眉線・頰(ほお)・喉は白色で、眼の後方は黒い。留鳥であるが春の繁殖期鳴き声特徴があり、「一筆啓上仕候(つかまつりそうろう)」と聞こえる声で長くさえずる[季] 春。

ほほ じろ [0]頰白

ほおじろ頰白

頬白

読み方:ホオジロ(hoojiro)

燕雀目スズメ類の小鳥


頬白

読み方:ホオジロ(hoojiro)

ホオジロ科

学名 Emberiza cioides


頬白

読み方:ホオジロ(hoojiro)

体の大体は茶色で、顔が黒く、目の上下に二条白斑が目だって見えるところからホオジロ呼ばれる

季節 春、秋

分類 動物


ホオジロ

(頬白 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/05 06:08 UTC 版)

ホオジロ(頬白、Emberiza cioides)は、スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。東アジアに広く分布し、顔の模様とさえずりが特徴的な小鳥である。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2. Emberiza cioides (Meadow Bunting)” (英語). IUCN. 2014年4月23日閲覧。
  2. ^ Emberiza cioides Brandt, 1843” (英語). ITIS. 2013年3月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e ひと目でわかる野鳥 (2010)、208頁
  4. ^ a b 野山の鳥 (2000)、116-117頁
  5. ^ a b 庭で楽しむ野鳥の本 (2007)、46-47頁
  6. ^ IOC World Bird List 3.3 (Buntings to Bush Tanagers)” (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2013年3月17日閲覧。
  7. ^ Meadow Bunting (Emberiza cioides) Brandt, JF, 1843” (英語). バードライフ・インターナショナル. 2013年3月17日閲覧。
  8. ^ シャルル・リュシアン・ボナパルト or en:José Bonaparte
  9. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 111 (2011年). 2013年3月17日閲覧。
  10. ^ 埼玉県レッドデータブック2008動物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 105 (2008年). 2013年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月17日閲覧。
  11. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ホオジロ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2014年4月23日閲覧。


「ホオジロ」の続きの解説一覧



頬白と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頬白」の関連用語

頬白のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



頬白のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホオジロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS